武藤元在韓大使のファクター暴力!「韓国人に生まれなくて良かった」本の韓国の反応は?

韓国左派の反応はだらだら見ていても中身が無いので、韓国の「残っている良心」であるイルベの意見でも見てみようと思います。






元在韓大使の武藤さんが韓国に関する本を出されたようですね。テレビでもかなり積極的に発言されている武藤氏ですが、確かにテレビ向きに韓国を残念に語ってくれるので、テレビ側も使い勝手がいいのでしょうね。そうとはいえ、見え隠れする韓国への愛(笑)。そうそう、韓国と言う国は嫌い嫌いと言っても愛さずにはいられない国なのよ。日本で出版された本とはいえ、韓国での反応も相変わらず熱いものとなっています。

本については、私は見ていないので内容についてのことは書けませんが、韓国人がこの内容についてどう反応しているのか見てみようと思います。まずは聯合ニュースに対してのネイバーへのコメントですが、反応の内容は薄いですね。「チョッパリ」「島国のサル」「お前みたいなやつが韓国人に生まれなくてよかった」などの通常営業。題名への脊髄反応で怒りをバクハツさせている模様です。また「日本は民主主義が何かわかっていない。国会議員を世襲で選ぶような国だ」という、韓国こそが進んだ民主主義を表す国という意見も見られますね。

武藤氏がこの題名にしようと強く推したかどうかは分かりませんが、そういうところを指摘するための本の題名でもあるのでしょうね。すべてを含めてこの一言「韓国人にうまれなくてよかった」はーよかった。


イルベ達はやっぱり少し違っています。内容に関してはコチラに武藤氏が寄稿していたものと同様の内容を誰かが韓国語訳したものに対してコメントをしていますが「なぜ韓国の現実を指摘したことが嫌韓本になるのか」と、ネイバーへのコメントとはやっぱり水準が違います。「韓国が好きで良い方向に向かってほしいという思いから忠告しているような文章だ」と、一旦落ち着いて、内容を見て判断しようという姿勢があります。確かに韓国人の耳には痛い指摘が多いわけですが、それでも「(武藤氏の)指摘は間違っていない」といえる考え方は落ち着いているように見えます。

イルベが親日サイトなどと言われていますが、リアリストなんだと感じられます。「ファクターだから受け入れていくべきだ」という姿勢は日本人だろうがだれだろうが持つべきだと感じられるのです。韓国語ではやっている「ファクター暴力」という言葉が表す通り、現実と言うのは確かに暴力性があります。自分の足りない部分、悪い部分を指摘されると言うのは辛いものですが、だからこそしっかりと見つめるべきものだとも思うのです。

「武藤氏がここまで書くことでむしろ冷酷な親韓派であると日本国内で評価されているのはアイロニーである」という意見もイルベにはありますが、韓国に関して知ろう、分析しようとしているだけで親韓派になってしまうのはたしかに面白い現象だと思います。『だまされないための「韓国」』という書籍で話題の浅羽新潟県立大教授と木村神戸大教授が韓国の肩を持つケシカラン人物だとツイッターではことあるごとに書かれていますが、「知る」ことと「味方」になることは全く次元が違うということが伝わりにくい人々がいることと、日韓関係で問題が起こるとココの区分ができず、知ってる=自分の敵、あっち側の人間だ、と理解が狭まってしまい対話にならない流れがよくありますね。





武藤氏の本は韓国人にとっては腹立たしい部分があるというのは理解できます。誰でも自分のことや自分の国のことを悪く言われたくないでしょう。ろうそく集会などに見られる韓国の左派の動きが武藤氏にとって「みていてどうにかならないものか」と感じるものであるのも(私との責任の大きさには天と地の差があるとはいえ)うなずけます。ただ、この「どうにかならないものか」と心配している感情を取り除かれ、批判部分だけを取り出されることで韓国では嫌韓の人としてなぜか評価を受けるし、日本ではその愛情を冷酷なまでの韓国批判とうけとられてしまうのはどっちからも結局理解されないものなのだろうかと思ってしまう韓国反応まとめでした。






怪しいパートナー 第11.12話 あらすじ

辞典では始まりの意味をこう表す。「物事や行動の初めの段階。また、ある感情の始まり。」…始まりというものはいつも期待が高まるものである…また、始まりというのはうまくいかないこともある…しかし、すべての始まりは進むものとは限らない。始まってすぐ止まってしまうものもある。進んでしまうのが怖いからだ。(ジウク)






続きを読む 怪しいパートナー 第11.12話 あらすじ

SISTARの解散…韓国アイドルにとってのデビュー後7年間とは?

単なる契約の話だろ?と思ってしまうのは夢がないのでしょうか。






 

どのアイドルもそうですが、デビューが決定すると事務所と練習生契約を終え、専属契約を結ぶことになっています。2009年以降デビューをしたアイドルたちは、公正取引委員会の推奨する契約のフォーマットが7年となっているため、ほとんどが7年間の契約を結ぶことになっています。それよりも長いものは不適切であるとして推奨されていないため、第2世代以降のアイドルたちにとって8年目というのは今後を考える契機にならざるを得ません。

 

今回のSISTARの場合はそれぞれが行きたい道に行くために、グループ活動としては解散ということになったようですね。

 

5月末に新曲を出し、シスターとしての活動は終了となり、それぞれ個別に再契約を検討することになるようです。現時点では再契約に関しては伝えられていない模様です。


 

(再)契約は個人と会社とするものであり、そこには今までの活躍により契約金と言う形である意味評価が与えられるわけです。それは一種の冷酷さを伴ってチーム内の差が露われてしまうことになります。再契約に伴い、事務所との取り分契約の再調整なども行われるわけで、仲良しこよしでそのままチームで!と言うのも難しいものなのでしょう。そして7年ほど芸能界というところにいれば自分の道と言うのも見えてくるわけで「何でもやるアイドル」から歌手なら歌手、俳優なら俳優という道を究めていきたいと思うのも当然なわけです。

 

SISTARなどの第2世代のアイドルと第3世代と呼ばれるレッドベルベット、ヨジャチング、twiceなどのアイドルは市場を取り合う形になりました。SISTARは曲を出せばランキング1位を必ず取るとはいえ、勢いがある新しいアイドルたちに「アイドルとして」向かっていくことの難しさを実感しているともいえるでしょう。また再契約の際、他からのスカウトなどより良い条件が出されれば今の事務所にこだわる必要もないというビジネスの面も再契約の際のアイドルの心理に強く影響を与えているでしょう。

 

ただ、チームを離れ個人の名前で戦っていくというのもなかなか大変で、グループを離れてから気づくグループとしての人気や知名度に個人活動をしながら気づかされるというのもよくある話です。





 

ファンの立場からすればグループとしてもっと見たかったという気持ちもあるのでしょうが、本人たちにとってみれば韓国芸能界での自分の現住所と言うのを本人が一番わかっているわけで、グループが長く続くから仲良し、問題が無いというものでもないのでしょう。

 

特に7年という節目で事務所との再契約のために将来を考えるきっかげがある第2世代以降のアイドルたちにとっては、解散というのは選択肢の中にこれからもあり続けるでしょう。

 

第1世代アイドルが再び結成することが多いというのは「グループ」としての強さを誰よりもわかっているからなのだろうなと思います。今は違う道に進んでいる、進むことにした第2世代のアイドルたちも何年か後に、また一緒に活動して違う姿を見せてくれることがあるのでは?などと勝手に期待しています。それぞれの道を選び、アイドルの時とはまた違う輝きをもって再結成してくれたりしたらファンはそれはそれで喜ぶのではないかな?と思います。

 

コチラコチラの記事を参考に記事にしました。

 






 

 

 

 

男子プロデュース101出演キムサムエルはデビュー済み?元メンバーのワンはYGからソロデビュー予定

プレディスのニューイーストなどがデビュー経験者にもかかわらずプロデュース101に出ていて公平性の問題などから論争になりましたが、ほかにもデビュー経験者っているんですね。順位の高いキムサムエルもその一人です。






続きを読む 男子プロデュース101出演キムサムエルはデビュー済み?元メンバーのワンはYGからソロデビュー予定

怪しいパートナー あらすじ 第7.8話

真犯人と思われる人が、ボンヒの事務所に侵入し事件関連の書類などを物色しています。ボンヒはジウクに事務所まで送ってもらい意味不明な別れ告げますが、そういいながら犯人が現れたことに驚き結局ジウクに連絡してしまいます。






続きを読む 怪しいパートナー あらすじ 第7.8話

怪しいパートナー あらすじ 第6話 接近禁止命令

ボンヒは弁護士として仕事をはじめます。(どっちにしろ、ヒジュンの父が意地悪するでしょうから検察にはいることはできないでしょう)ヒジュンの彼女は検察官として。






続きを読む 怪しいパートナー あらすじ 第6話 接近禁止命令

怪しいパートナー あらすじ 第3,4話 悪縁の運命

日記にジウクのことを書くボンヒ。「性格は確かに、最悪。でも…かっこいい…ムフフ」

例の日のことが気になってしまうボンヒ。気分転換しようと戸を開け、そして…いろいろなことが重なり、殺人事件に巻き込まれてしまいます。 続きを読む 怪しいパートナー あらすじ 第3,4話 悪縁の運命

「怪しいパートナー」第1,2話 あらすじ 運命の出会い!?

司法修習生のウンボンヒは地下鉄の中で痴漢にあいます。しかし、犯人を勘違いしていることには気づかず、そのままおります。これが、運命の人との出会いでした。






続きを読む 「怪しいパートナー」第1,2話 あらすじ 運命の出会い!?