ボギョムから見る韓国男女断絶の現住所

korealでも何度か扱ってきたボギョムですが、最近では、フェミニストのユンジソン大学教授から女性差別者として論文に掲載されてしまい、女性差別者として矢面に立たされています。この論文が発表された当初は事実とは異なることが論文に掲載されたとしてボギョムは被害者としての立場でしたが、ユンジソン教授がテレビニュースなどに出演し、ボギョムを女性差別者として印象付けさせ、ツイッターなどでボギョムへの攻撃を開始し、ボギョムは逆に加害者扱いを受けていました。それによってボギョムが精神的にかなり参っていたのをyoutubeチャンネルを通してみることができましたが、ついに、社会的に女性差別者としての烙印が押され、日常生活をするのも怖くなったと主張し、整形手術の末フェイスオフしたのです。

“ボギョムから見る韓国男女断絶の現住所” の続きを読む

2022年にデビュー7年を迎える韓国アイドル 再契約か解散か

さて、韓国アイドルファンの方々にとって、チームが存続するのか解散してしまうのかは大切な問題でしょう。アイドルたちにとっても、会社に残るかどうか、もっと扱いがいいところに移るのか悩みどころです。2015年にデビューをしたグループが来年あたりに契約の話が出てくるわけです。夢を見せるアイドル活動においてもっとも生々しい話になる存続問題ですが、2022年は誰なのか、見ていきましょう。

“2022年にデビュー7年を迎える韓国アイドル 再契約か解散か” の続きを読む

性転換手術を受けた元兵士の自殺…多様性が叫ばれる社会の中で現れるトランスジェンダーへの拒否的な視線の噴出

韓国では悲しい事件が報されました。

性別適合手術受け除隊させられた元兵士 遺体で見つかる=韓国

 ピョンさんは2019年の休暇中に性別適合手術を受けて復帰した後、服務を続けることを希望したにもかかわらず強制的に除隊させられた。昨年2月に除隊の取り消しを求めて人事訴請を起こしたが、陸軍は請求を棄却した。

 ピョンさんは昨年8月、陸軍参謀総長を相手取り除隊の取り消しを求める訴訟を大田地裁起こし、来月15日に第1回の口頭弁論が予定されていた。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/03/03/2021030380240.html

コメントを読んでみると、軍隊生活をしたことがある男性から見れば、誰もが嫌な思いをし、同質性が求められる軍隊という特殊な社会の中で、性転換手術をした人間がいるということに拒否感を持つ人は多くいるようでした。

“性転換手術を受けた元兵士の自殺…多様性が叫ばれる社会の中で現れるトランスジェンダーへの拒否的な視線の噴出” の続きを読む

韓国俳優チョン・イルが写真をたくさん撮る理由。短期記憶喪失と脳動脈瘤とうつ病

チョンイルで検索するとジョンイルのほうが先に出てきたりして、ちょっとかわいそうな俳優さんですね。丁一宇さんのほうです。

“韓国俳優チョン・イルが写真をたくさん撮る理由。短期記憶喪失と脳動脈瘤とうつ病” の続きを読む

[korealコラム]右派youtuberの没落と国民の力(旧未来統合党)の中道転換

9月の間、あまり、記事を更新できませんでした。その理由は右派youtubeに大きな動きが起きていたからでした。その様子を眺めながら本家政党側の中道転換と時期を同じくして変化が訪れ、自分の中で整理がつかない時間が流れていました。

“[korealコラム]右派youtuberの没落と国民の力(旧未来統合党)の中道転換” の続きを読む

BTS、兵役免除特例問題 何が問題なのか?

韓国の兵役問題は「2ねんもあえないのさみしーよぉ。軍隊に行かないで!」などとほかの国のファンが言うと、すごい目でにらまれる問題です。当のBTSのメンバーは時期が来れば軍隊に行くものだと考えているようですが、それでも何度も持ち上がる兵役特例の問題。そもそも何が問題なのでしょうか?

“BTS、兵役免除特例問題 何が問題なのか?” の続きを読む

イグン大尉部下の借金問題の顛末

イグン元大尉が韓国で大人気なのはkoreal.netでも扱いましたが、YouTuberの洗礼ともいえる個人的問題が勃発しました。

“イグン大尉部下の借金問題の顛末” の続きを読む

韓国ドラマ 秘密の森2 第16話最終回 あらすじ解説

結局シモクとサヒョンは、次長検事にテハの令状請求を持っていきます。(サヒョンも来てくれて優しい。)

“韓国ドラマ 秘密の森2 第16話最終回 あらすじ解説” の続きを読む

テレビ界もYouTube番組に進出!ピ(Rain)、g.o.dパクジュニョンチャンネルを制作するスタジオルルララはいったい何?インターネットバラエティー番組という新しいジャンルの誕生

男性アイドルは神秘性が大切と言ってプロデュースしたエムブラックに表に出ることを勧めなくて失敗したにもかかわらず、ピは2020年7月からyoutubeチャンネルをスタートさせました。神秘性とやらはどこかへ行き、ファンや視聴者との交流をはじめました。インターネットバラエティープログラムという新しい概念が韓国のyoutube界にはスタートしてきているようです。

“テレビ界もYouTube番組に進出!ピ(Rain)、g.o.dパクジュニョンチャンネルを制作するスタジオルルララはいったい何?インターネットバラエティー番組という新しいジャンルの誕生” の続きを読む