軍隊に行っている間、事務所と芸能人の関係とは?

軍隊に行っている間には所属が軍隊や公益や義務警察の場合、それぞれの所属になるため基本的に芸能事務所が関係できなくなるというのは何となく想像できますが、ユチョンの事件の際も事務所が対応していますよね?所属の芸能人が軍隊に行っている間の芸能事務所との関係について、どうなのかまとめられた記事がありましたので、紹介したいと思います。

 



 

오빠들이 군화를 신는 동안 일어나는 일들

 

      法的な契約はどうなる?

軍隊に行く日から、除隊まで契約は一時停止される。契約期間中に軍隊に行くことになった場合その期間の分だけ契約期間が延長される。

 

      軍隊にいる間に収益が発生したらその収益の割り振りは?

入隊前の仕事で発生した収益は、既存の契約の条件によって割り当てられる。DVDなどが入隊後に発売されたとしても入隊前の活動によるものであるならば当然受け取ることができる。著作権料、再放送権利料など。

ただし、CDの発売に関しては、入隊後その曲で活動できる部分が少なくなってしまい、収益への参与度合いが下がってしまう場合がある。その場合は参与度合いに従って収益を分配することになる。アイドルのグループ活動の際には問題になる可能性あり。

 

      何か問題や事件が発生したら?

軍隊に行っている間の出来事は、基本的に事務所には関係ないとは言っても、除隊後には一緒に仕事をしなくてはいけない以上、何かが起こった場合は何もしないわけにはいかない。芸能人について法的に責任を負わなくてはいけないわけではないが、その後の活動に影響を及ぼすために、事務所が力を貸すことは当然ある。もちろん、所属芸能人との家族意識もあるため、まもってあげなくてはという意識から事務所として動く場合もある。

 




 

      除隊後のしごとはいつから始まる?

除隊後すぐ仕事を始める芸能人が多いが、コンサートなど計画は入隊前から決まっている場合も多い。場所を借りるなどの準備があるため。また、除隊後の出演作品の話も入隊前から来ている場合もある。契約自体は撮る直前まで何が起こるかわからないためしなかったとしても、話自体は進んでいる場合もある。

 

      国防部と芸能事務所の関係は?

国防部は所属事務所に軍隊にいる間に関しては活動内容を知らせてはくれない。どんな問題が起こったとしても事務所側は本人からの連絡がない限り動くことが難しい。軍隊にいる間は軍隊に所属することになるので、芸能人として軍の広報活動をしたり、芸能人としての力を活用することになっても基本的には所属事務所への知らせはない。

しかし、入隊前のファンへの挨拶や、入隊に関する報道機関への対応に関しては国防部と事務所は事前に話をする部分である。部隊側でそのような行事を許さない場合もあるし、むしろやるならば場所と時間を決めて問題が起きないように行事を進行できるように準備をする場合もある。退役式に関しても同じで、やる場合は事務所と部隊で話し合いがもたれる。

 

      アイドルグループの場合、契約期間に違いが出るのでは?

アイドルの場合、軍隊に行くことに関しては、多くの時間を費やして話し合われるのだが、メンバー間で再契約の次期をばらばらにするようなことはあまりしない。アイドルグループの契約は普通7年プラスαなのだが最近では若いときにデビューするため契約期間の間に軍隊に行くことがなくなってきてはいる。

 

それぞれの質問に答えてくれた芸能事務所関係者は同一人物ではなく、いろいろな事務所に聞いたものをまとめた記事になっています。その点を参考にされてくださいね。

 

最後の質問に関しては、グループ内で軍隊に行かなくてもいいメンバーがいる場合にどうなるのか?などと思われますが、そこは結局事務所との話し合いになるようですね。しかし、それぞれのメンバーが軍隊にいってきたあとも一緒に活動をすることを約束していれば、それぞれが再契約をする際に次の契約時期を合わせたりしていくようですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です