次期大統領選に出馬する許京寧(ホギョンヨン)のデモ参加者への言葉

この名前を見てピンと来る人がどれだけいるのかはわからないのですが書かずにはいられませんでした。何だこの人、変人どころか、韓国が誇る知識人じゃないか。

これが韓国が誇る知識人の姿だ!

20161109-2


 

世界統一をとなえるこのおじさん、いつからだっけ?大統領選挙に出て、変人おじさんとして歌手デビューしたりして、ネットで愛されている(?)インターネット大統領です。

で、私もこのおじさんをちょっとぶっ飛んだやばい人だと思っていましたが、彼がyoutubeで2016年の政治の事態について話していたのを聞いてみると、かなりの知識人であり、また考えも変などころが納得する点が多いのです。韓国人の中でこういう話をできる人がいるんだなと驚きました。

20161109-1

 

大統領候補というには何となくふざけてんのか?と感じられるのですが、この人の言ってることは間違ってないどころか、デモに参加している人にはかなり耳が痛いことを鋭く指摘しています。

使用している言葉がかなり難しいです。漢字もスルスルかけるし、英語も使うし、聞き取りはメモを取りながらでした。このおじさんの話をメモってる私も私だけど、言ってることは間違ってない。


 

彼の立場は明確です。「中道」。右派でも左派でもない。空からの視点で語ります。韓国の右派も左派も問題点がある。街に出てデモをして下野を要求することは決して韓国を良い方向に変えるものではない、と言います。

今の光化門の状況は「폐형폐성(吠形吠声)」であると言います。意味は「一匹の犬が吠え始めると、周りにいる犬も吠え始める」ということ。はじめの犬はJTBCだったが、それに同調して、大統領をこき下ろしている状態だといいます。

しかし、今の状況は、左派政党が政治的能力があって大統領をおろそうというのではありません。対案がないにもかかわらず、引きずり下ろすことでは何も解決していないのです。チェスンシルを悪く言う人たちは考えてみなさい。彼女のように大統領に近いところにいれば人というものはそれを利用したくなるものなのです。もし自分が大統領の近くにいられるならばチェスンシルよりもずっと自分の利益を考えるであろうに、他人にだけ悪いことだと指摘するのは筋ではないのである、と。

彼は、朴槿恵大統領はお金に欲がある人間ではないと言います。それこそ朴正煕大統領がそうであったように、彼は民衆に利益をふりまくことはあっても、自分の懐にお金を貯めこむような人ではなかったといいます。また、その娘でもある朴槿恵大統領もまた、自分のお金を蓄えるよりも、民衆にお金を使うことを考えた人だというのです。

彼女は大統領府の中で育ち、父親を見て育ってきた。そのような背景を勘案せずに、彼女がエセ宗教を信じている無能者だというのはあまりにも彼女を認めてあげる余裕がない状況なのではないのかというのです。

韓国国民が選挙の時に重要視する「誠実な態度」で言えば、朴槿恵は満点である、と。そもそも国民が朴槿恵を選んだ理由は、彼女が政治的に有能だったからではなく、彼女の父親のイメージを信じて選出したのではないか、と。

そもそも大統領(君主)の周りには小人が集まるものである。論語の「君子懐徳 小人懐土」を引き出し、大統領が徳を持っていても、その周りには財物に目がくらんでいる小人たちが集まるものである。そういうものなのだといいます。



 

今回のことは確かに捜査を受けなくてはいけないであろうが、それは大統領の任期が終わった後からでもよい。今、下野や弾劾を行うことは国の政治に大きな混乱を起こすだけである。あと一年の任期の大統領を選出したところで、その人がやることは、自分のこれからの地位を確保することへの下準備だけだ、と。今の大統領を引きずり降ろして次になろうとするやつらはそれこそ国を売り飛ばす売国奴である。そこに騙されてはいけないのだ、と強く言います。

 

本当はこのあと、朴正煕元大統領と朴槿恵大統領の風水地理学について話していたのですが、韓国の地理には詳しくないので、今後調べながらまた書いてみようかなと思います。

30分ほどの講義内容をまとめただけなのですが、それでも耳が痛い部分が多いはずです。でも、これ聞く耳もたずでしょうね。だって民主主義の勝利だと沸き立っている人々に冷や水をかけることですから。

でも日本人に言われるよりは韓国人に言われたほうがグサッと来るはずでしょ?この人が次期大統領ならそもそも自分の利益を最大化するような政治家ではないと思うんですがね。彼は、大統領という地位でないと韓国を正しい道に導くのが難しいということもわかっているから大統領に固執するのだろうとも感じます。頭良すぎてぶっとんでいるけれども、耳を傾ける価値はある話だろうと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です