b1a4へのイセヨンのセクハラ騒動に隠れる男性嫌悪思想の不都合な真実

番組の公式サイトに、韓国の芸人が男性アイドルグループb1a4のメンバーの下半身を触った動画が含まれていたとして、イセヨンは番組を降りることになり、謝罪文もインスタグラムに発表しました。しかし、騒動はまだ鎮火していないように思えます。






この問題、相手がb1a4だったから大きくなったのでしょうか。実際のところそうではないように思います。どういうことなのか、韓国の反応を含めて、見ていきましょう。

まずは、男性側から。
「もしこれが、男が女の胸を触ったとしたら、大問題になるだろうな。」「男性の性がギャグにされてしまっている。」「立派なセクハラだし、訴えていいレベル。」「謝罪文も本当に悪いことをしたという誠意が感じられない」というもの。

彼女、今回が初めてではなくINFINITEやほかのアイドルにも触ったことがありますから、今回のことを特別問題だとは思ってなかったと思います。

次に、ファン側の意見。自分たちの好きなアイドルのことを触られれば、それは気分はよくないですよね。


ここで気になるのが、なんで、彼女は番組を降りる所まで行ったのかということなのです。

#얼핏s라인 #자세히보면 #소문자b라인

이세영(@leeseyoung19890428)님이 게시한 사진님,

今回番組を降りることになったイセヨン。顔は…美人ではないんですが、スタイルは抜群なんですよね。

実は彼女以外にも男性アイドルや俳優にキスをしたり、体を触ったりすることで、問題になった芸人がいます。

イグクジュという女性芸人なんですが、たくさんの男性芸能人に強制キスしたり、おしりを触ったりと、やりたいほうだいでした。韓国語で「キムジョングク、イグクジュ、キス」で検索すれば、彼女がどんな手法で男性芸能人とキスをしているのかわかります。そして、気分が悪い、嫌いと言うアンチが増えましたが、でも今現在、彼女はいろいろな番組に出演しています。彼女はインスタグラムに男性芸能人へのセクハラのことだと思われることへ謝罪文を載せました。どの行動かとは直接言っていませんが「自分の行動によって気分を悪くした人には申し訳ありませんでした。笑いのために行動が行き過ぎていました。これからはより慎重に行動していくようにします。」と残してからは、番組に出演してもセクハラ的なことで笑いをとることはなくなりました。






では、なぜ、イセヨンは番組を降りることになったのか、です。彼女には、メガリアなどの女性の権利を訴える人々の論理が当てはまらなかったから、です。

イグクジュがセクハラ的なことをしても、「私がブサイクで太ってるからって嫌がるんでしょ!外見至上主義ひどい!」といって、責められないようにしていました。男性側が彼女を責めても、外見至上主義を盾に攻撃をかわされるだけです。よって、いくらイグクジュがセクハラをしたとしても、「それは笑いである」という枠から抜け出ることは、男性芸能人や番組制作者の立場としても余計な批判を浴びることになるので、何も言えませんでした。男性嫌悪感を持つメガリア、ウォマドにわざわざ怒られに行くよりは、黙って笑いにしているほうが安全だったのです。しかし、イセヨンの場合、有名でもないし、スタイルもいいこともあって、女性側ファンからも「私たちのアイドルになんてことをするんだ!」といわれるし、男性の目からも笑いであると認める必要が無かったのです。結局味方が少なかった、ということです。

b1a4本人たちがこの騒動から抜け落ちているのは、映像を見てもわかる通り彼たちがあの行動に対してどうこう立場表明できないということだと思います。「自分たちは一生懸命この先も頑張る」それしか言えないのです。触られて嫌でした、などとは本人たちは言えない。

イグクジュは男性アイドルや俳優が好きな女性からはかなり嫌われていましたが、方針を変えました。自分のコンプレックスがあっても堂々とすることという方向に変えたことで一旦アンチは落ち着きました。怒る先を失った女性の矛先が向かったのが今回のイセヨンでした。

男性側の意見は、イセヨンに対してもイグクジュに対しても全く変わらないのですが、今回は番組制作側が男性の意見を受け入れて、番組降板を決定しても男性嫌悪派の女性からは批判が来にくい人でした。

ウォマド、メガリアなどの男性嫌悪思想を持つ人々は、今回のことには何も言えないでしょう。女性に触ってもらってうれしいはずだ!などとでもいうのでしょうか…

私としては、弁明をきちんとしろ!謝罪文に誠意が感じられないなどと言うのが韓国らしいなとは思います。悪いことをした、その一つで魔女狩りするのはいつものことだなぁ、と感じはしました。日本のファンからすれば、b1a4の関連検索語がセクハラになるのは嫌だ!というのはもっともだと思います。

彼女の謝罪の方法はまずく、より責められる余地を作ったでしょう。番組もそこまで面白いわけでもないようですし、このまま番組廃止にまで行くかもしれないな、とは思っています。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です