「ランニングマン」ソンジヒョとキムジョングクが降板、カンホドンが番組参加へ

追記:なんか結局ごたごたの後、カンホドンが入りたくないと言い、2月まで元の二人が参加して番組終了するらしいですね。結局終わった。それでいいんじゃない?という気がします。あまりのグダグダ加減に追記出すの忘れてて申し訳ありませんでした。

ただ、この降板が制作側からの一方的な通告であったということで、番組のファンから、非難が出ています。また次に入るのがカンホドンということで、それもまた、あまりよくない方向に話題を盛り上げてしまっています。





様々なニュース配信で、2人には2,3週間前に改編についての話が合って、その時にはなにもなかったのに突然12日の夜に、一方的に降板が知らされたと報道が出ています。それに対してまず、非難が出ていますが、一方的降板報告に関しては慎重にみているネット利用者もいます。

しかし、キムジョングクの関係者が、一方的な降板の報告があったと話しているという取材もあるので、やめるのは間違いないようです。

ソンジヒョの事務所は、「報道で降板を知ったが、その後番組制作側と話して、話し合いはついた。」という立場を表明し、一方的な降板要請については積極的にコメントは出していない状況だということです。

結局、二人が降板するというのは本当らしく、ゲリがいなくなった今、ソンジヒョは別にいいとしても、キムジョングクは体を使って番組で活躍している中心人物なだけに、制作側は間違っている、というコメントが多いですね。


過去7年もの間、番組で活躍してきた2人がこのような形で降板するというのは寂しいものですし、一方的な降板と出てしまうような方法で降板が告げられ、話題になってしまったのは残念ですね。

で、その次に入るというのがカンホドンで、税金問題でしばらく潜水していたのに、「知ってるお兄さん」で復活して、ランニングマンへ合流ということで、また一つ話題になっています。「知ってるお兄さん」で復活して人気を得ているといっても、あの番組で面白いのはスーパージュニアのヒチョルであって、カンホドンではないのですが…

何しろ、かれの大声で人を圧倒して脅すスタイルというのが、人気がないようで…改編でなんでカンホドンなんだ!新鮮でも何でもないという声も多いですね。また、ユジェソクとの絡みも期待よりは心配の声が大きいようにみうけられます。裏番組の「1泊2日」には視聴率は大きく離されていますし、改編を機に大きく変えようという思いは伝わってきますが…なにかとうるさいカンホドンを使っておいて恩を売っておくんじゃないの?という邪推もしたくなるほどの無理やりともとれる大手術です。





「無限挑戦」にしろ、「ランニングマン」にしろ、長く続いていても、人気の絶頂が続くわけではないのです。ムド(無限挑戦)のキムテホPDも毎回頭を悩ませていて、アイディア会議もタクシーの割増運賃が終わるくらいまで続くと言っていますから、すでに無理がきているんだと思うのです。

「ランニングマン」的な大手術が結局出血多量にならなければいいなと思うのですが。どうでしょうか。

トップ写真は、ランニングマン番組ホームページから。

 

 





koreal.netの他の記事

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です