ピ(Rain)の新曲「最高のプレゼント」が微妙にJYP師匠の「昼の別れ」に似ている

ピ(Rain)の新曲が三年ぶりに出ましたね。テレビ初放送の舞台は音楽番組ではなくJTBCの「知ってるお兄さん」を選ぶなど、プロモーション活動も特徴的です。今回は、ダンス曲ではなく、バラード曲。「最高のプレゼント」という曲名で、Rain自身も、「プロポーズソングだ。」と番組内で語っておりました。







「知ってるお兄さん」では、彼女であるキムテヒのことでかなり遊ばれておりました。カンホドンがいじるのはそれはいいとして、EXIDのハニも出ていて、彼女が出した問題、「過去、整形しようと思っていたが、母親のひとことでやめた。その一言は?」というクイズの答えが、「整形したってキムテヒにはなれないよ。」というもので、Rainが、「こっちからいじられるとは想像してなかった!」というのが一番のおもしろだったですね。

で、今回の新曲を番組で歌わせてもらったわけですが、あの番組はいわゆる音楽番組でもなけりゃ、SJヒチョルも言っていたけど「この番組に歌手が出て自分の曲をプロモーションしても、歌が売れる事より番組がおもしろくて、話題になるほうがいいと思っている。」と言った通り、おぜんだてしてくれるような番組ではありません。人のことをいじって笑いにする番組です。もちろんRainもわかってでたわけですけどね。そのおかげで話題になり、ネット記事にも取り上げられ、チャートでもランクインし、快調な滑り出しのようです。


曲とプロデュースは江南スタイルの世界のPSY、作詞はピ(Rain)自身が行ったということ。さすがワールドスター同士、onetheKのyoutubeチャンネルのコメント欄は、韓国語だけでなく、英語やそれ以外でも応援がよせられていますね。

Rainは兵役でやらかしているので韓国国内における男性ファンはほとんど望めませんから、ダンス曲にしなくてもバラードで行くほうがいいでしょうか。

onetheKの中のインタビューで、「Rainにとっての最高のプレゼントとは?」という質問に、「ファンの皆さんの熱い応援、支持」であるとこたえています。曲の歌詞の中では、「愛するきみ」ですけどね。

20170117-2

で、この曲なんですが、微妙に師匠であるJYPのあまり有名ではないバラード曲に似ているというコメントがあったので比べてみました。





パクリとまでは言えないだろうけど、何となくは確かに似ている。JYPのほうの曲のオフィシャルはなかったのですが、スケッチブックで歌っているのとほぼかわらないので、ピアノの音を使うというプロデュースもあってより似ているように聞こえるんだとは思います。

RainがJYPを巣立ってからは、ダンスのパフォーマンスも曲の一部だし、まさか師匠がパクリだ!というとも思えないし、それくらいいいメロディーなのだ、という感じで落としどころつけてもらっていいでしょうか。PSYも別に全部全部の曲を知っているわけでもないだろうですしね。にしても江南スタイルとは違う曲。PSYはバラードもかけるしなんでもできるひとだなあと思いました。

トップページと、記事内写真は、onetheKのインタビューから。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です