IUに告訴されたBJって誰?彼の発言の内容は?韓国のインターネット番組の実態

正直個人的にはIUのファンでもなければ、いいイメージももってはいないのですが、IUという有名人(の事務所)が一人のyoutuberを相手に訴えを起こしたということで、影響力があるだろうな、ということで解説しようと思います。






韓国の個人インターネット放送の歴史は日本に比べたらけっこう古いもので、アフリカTVは、視聴者が放送する人に送金するシステムも初期からあり、「インターネット放送は金になる」というのはここ数年の話ではありません。

アフリカTVは韓国語が主で韓国に限定された媒体ですし、アフリカTV運営側に手数料として持ってかれる部分も多いので全盛は過ぎたのかなと言う印象があります。また、女性が過激な放送をすることで男性視聴者を稼ごうとするのも多くなり、規制が強くなって放送主がほかに行ってしまっています。(中国式アフリカTVなども登場していました。)生放送もいいけど、動画を作ってyoutubeにあげるといういわゆるyoutuberも多くなってきているようです。今回問題になった彼の場合、生放送はアフリカTVでやってその放送の一部をyoutubeにあげ、収入を得ていたようです。

で、今回IUが訴えた彼(プウォ푸워)は過激で、ちょっといかれているコンセプトで視聴者を喜ばせていたタイプです。youtubeの番組登録者数は19万人います。youtubeに動画を上げ始めてからは1年半程度の模様ですのでアフリカではもっと前から活動していたのでしょう。


IUの事務所が彼の発言に関して告訴するというニュースを聞いて弁明のyoutube動画を上げています。

まとめると

「事務所が訴えると聞いたとき実感がわきませんでした。自分のような一BJのことを気にするなんてこともないと思ったのです。ただ(視聴者の自分が飼っている犬がいいか?IUがいいかという質問に対して)決して気分の良い回答ではなかったので本人の耳に入らなければいいなと思っていました。自分はもともと理想のタイプがIUだし、ファンなので自分の発言をIU本人が聞いて気分を害したら悲しいです。自分が犯したことに関して罪を償うつもりです。」

と話しています。

どんな内容が問題だったかというのは、
視聴者の自分が飼っている犬がいいか?IUがいいかという質問に対して、

「IUがいいに決まっているだろう。犬は自分にしてくれないけど、IUはしてくれるだろう?人生なんてセックスなんだから。男だったらわかってくれるだろう?」

また、IUに訴えられたらどうするか?という質問に対しても、

「それは光栄なことだね。彼女に会えるじゃないか。法廷で戦うこともできるし、ファンだって言えばちょっとは許してくれる部分もあるだろう?告訴したら彼女のイメージが悪くなるだけだ。」

ということで彼の悪びれない発言がネット掲示板で広がって事務所側も目にすることに至ったわけだそうです。彼自身も言っている通り、この発言は行き過ぎているでしょう。ニュースへのコメントには「悪いことしたんだから罪つぐなってあたりまえだろ!」というものが多いですね。一般人に対する度が過ぎた悪口でも書かれた本人が手続きを取れば、しっかり訴えられ、処罰されるのが韓国の現状です。芸能人に対するものも事務所がしっかりしていれば、小さなものでも訴えられ、罰金などの罰を受けるのは至極当然なことです。少女時代のテヨンはSNSのコメントに対して法的に対処すると言いますがまったく嘘ではないのです。





視聴者からの反応がすぐ収入に反映されるのが韓国のインターネット放送なので過激さを売りにしていくのは問題であるのでしょう。今回の彼は過去にも不謹慎ととられる行動が多かったようで、今回のことでネットからいなくなればいいというコメントもあります。しかし、そういうのを求めているものまた視聴者ではないのでしょうか。「きれいなもの」を求めるテレビが過去に比べれば落ち目になり「不謹慎さ」を売りにする一部のネット放送に関心が集まり話題になっているのを見ると、彼一人を悪者にして彼がいなくなればいいというもの雑な論理であるようにも感じます。(今回のIUへの発言を擁護するものではありません。)

「インターネット放送が与える影響を考えて放送しろ」と言うコメントも見受けられますが、単に証拠が残っているから、祭り上げやすいというだけのような気もします。

また、これだけネットコミュニティーで騒がれれば、事務所側が何もしないでいるもの「IUを守らない事務所」と言われてしまうわけで、告訴という動きになったようですが、IUファンでもない私からすれば、来週CD発売でいい話題づくりができてよかったですねとだけ感じました。記事出せというのも、また事務所の仕事ですからね。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です