怪しいパートナー 33.34話 あらすじ

 

ヒョンスがボンヒの訪問中に目覚めましたが、「私のことを知っているんですか?」と(お決まりの)記憶喪失です。

 






 

 

 

話を聞いてジウクも駆けつけますが、検察に連れていかれ、検査を受けることになり、当日中に話すをすることはできないといわれ、病院を後にする二人。送っていくというジウクにバスで行くというボンヒ。

 

 

 

記憶喪失のことが気になるボンヒはナ検事のところにいます。生活費1万円を渡しますが。もらうほうが腹立たしい金額ではあります。

 

ジウクは検事に復職しようと考えているようです。ヒョンスを捕まえたいのにできることがない、公権力がいい、と。ビョン代表はジウクが検察官だったことが気に入らなかったと話します。「犯罪者を捕まえると言って働いて、不眠になって。何よりもお前の父親のようになるかと思って嫌だった。でも、お前がやりたいんだったら仕方ないよな。」ジウクは「地検長が選んでくれますかね?受けてみるだけ受けてみようとは思いますが。」

 

パン捜査官に両親の火災の事件について詳しく知りたいと頼むジウクです。捜査官は、当時の捜査に携わった人を探してみると言います。

 

ジウクは病院を訪れユジョンと検査の結果について聞きますが、脳に異常はなかったといいます。ヒョンスは一時的ではあれ本当に記憶喪失なのか、ふりをしているのか…5分だけ会ってもいいとジウクは直接ヒョンスと話をします。何も覚えていないというヒョンス。ジウクは「記憶喪失かどうかは半々だけれども、性格がそのままだということは確かだ」とユジョンに話します。

 

前回証人になった子供は事務所に毎日遊びに来ているようです。おばさんの家にいては悪夢を見るから怖い、ジウクのように、と。証人になった子どももジウクが悪い夢を見ていることを知っているようです。ビョン代表は「ジウクの子どもの時のようだ。子どもだったら飲み物こぼしたりもするものなのに、一人で何でもできる。子どもらしい可愛さが無いのもそっくりだ」と。ボンヒには「休んでないで早く仕事に戻れ」とも。

 

ジウクが戻り、ボンヒと話します。「私生活のほうの休暇はもっとやるから、仕事のほうの休暇はここまでにしろ。長くなると戻るのも大変になるから。」結局会議に参加するボンヒ。

 

 

ユジョンはヒョンスの起訴を急ぎたいですが上司は世間の視線がよくないから許可が出ません。ユジョンが庭で一人で昼食をとっているのをみたウニョクは声をかけます。ウニョクの事件に証拠を流してから検察でのけ者にされているのか?と聞きますが、もとからそうだったと答えるユジョンです。「英語論文整理手伝うから食べるなら食べることに集中しろ」とやさしさを見せるウニョク。「100ページ以上あるわよ。」なんて二人の仲は友達としてであれ雪解けを見せています。

 

結局復職したボンヒ。遅い時間まで残業しているボンヒに、用事のついでに(ナ検察官の家まで)送るとジウクに言われ、マンション前でナ検事と会います。そこにユジョンとウニョクも。ウニョクになぜかよく思われようとするナ検事。「別れたんじゃなかったの?」とナ検事から聞かれ、「二人一緒に暮らしてたんじゃなかったの?」とユジョンから聞かれ、答えられないジウクとボンヒ。

 

ジウクとウニョクは2人で飲みに来ます。酒を飲みかわす二人ですがジウクはもちろん不機嫌です。「ウン弁護士とどうしてこうなったんだ?別れるなよ」「図々しく話すな。ボンヒとは別れていない」といい、お前に話せば少しはすっきりするかな、と、こうなった理由を話すジウク。ウニョクは話を聞きショックな様子です。「結局、おまえに話しても何よよくならない」と席を立つジウク。別れ際に「お前とユジョンのことは気にしてない。」と言い捨てていきます。

 

 

ユジョンはヒョンスに「あなたは殺人事件の容疑者だ」と話します。話を聞いたヒョンスからは「そうだったなら罪を償わなければならないと考えます。」というなんとも拍子抜けな答えが帰ってきました。

 

ジウクはヒョンスの記憶を戻して見せる、といってヒョンスの病院へ。ヒョンスは「殺したとするならそれなりの理由があったんではないですか?」とジウクに言います。コ鑑識官や殺人の写真を見せるジウクですが、反応は….あまりよくありません。

 

ボンヒとウニョクはヒョンスやコ検察官の学校周辺から捜査をしています。ヒョンスが守りたかった女性の母親と思われる飲食店に…

 

 

 

ジウクは卒業アルバムや写真を病室において、ユジョンからの電話を取ります。ヒョンスの令状が取れたと聞き、ジウクは病室に戻りますが、ヒョンスはアルバムを見て好きだった女性については記憶を取り戻したようです。が、記憶を取り戻したことには気づかず、病院をでるジウクです。

 

駐車場に戻り、ボンヒからヒョンスがなぜ殺人をしたのかが分かったと電話で聞き、破れた卒業アルバムを見て、ヒョンスが記憶を取り戻したことに気づくジウクですが…


 





 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です