韓国ドラマ 愛の温度 13.14話 あらすじ

ジョンソンの家族の話が冒頭に入ります。






「男と女の関係なんてちょっとの間だけのものなの。それが簡単なことだと思ってるの?」ジョンソンから見て、ジョンソンの母親は愛されるために常に自分を誰かに合わせている人。

父親は自分の新しい家族が会いたがっているとジョンソンに話します。ジョンソンが店を出し立派になったからでしょう、年末に家族とジョンソンでレストランで集まろうと言います。ジョンソンから見て父親という人は、今の家族が大切で、ジョンソンの母のことは性格が合わなかったという理由で暴力を肯定するような人。

ジョンソンは父親や母親は安心できる居場所ではなかった、と独白します。心がざわついて、イライラして、それを他人に見せるのが嫌で自分の気持ちを押さえつけている。それが自分だ、と。(だからこそヒョンスにはぶれない人に見えるわけですが…ジョンソンの強さの裏には家族の愛情の欠乏が見え隠れするようです。)


ジョンソンはホンアの公募当選を祝う約束をしていましたがヒョンスのことが心配でホンアのと約束を断ります。ジョンソンは夕食を食べていないヒョンスのために空っぽの冷蔵庫の中のもので料理をしてくれます。そこに訪れるホンア。ジョンソンとヒョンスが特別な関係であることに気づいたホンアはヒョンスの家を出ます。「お似合いの二人ね」と捨て台詞を残して。ヒョンスはホンアのジョンソンへの気持ちに気づきジョンソンにホンアのことを聞きますがジョンソンは友達だと言います。来てくれてありがとうというヒョンスに何がありがたかったの?と聞くジョンソン。「…いいたくない。」というヒョンス。

ジョンウは現場に出てこない俳優の弱み(飲酒運転による事故)を握って現場に出ろと丁寧な言葉で脅迫します。ジョンソンとヒョンスのいる家の前で電話を掛けますが、「ドラマ撮影に行ったんですか。それはよかったです。ではおやすみなさい」と電話を切るヒョンス。家の前にいるのに顔を見たいと言わせる隙も与えないヒョンスです。

店の前でジョンソンの帰りを待っていたホンア。今日のことは約束ができたと謝ったし、気持ちについてもホンアに期待させるようなことは言っていない、と堂々としているジョンソンが気に食わないホンア。「優先順位でお前はヒョンスさんよりも大事じゃなかっただけだよ。」「お前の感情には俺は何の責任もないし、自分の気持ちは自分で処理しなきゃいけないんだよ。」と言われホンアは私のことを振ったことを後悔させてやる、と男にとって一番面倒くさいセリフをジョンソンに言います。

次の朝、ヒョンスのアシスタントをやめると言い事務所に来たホンア。2人でジョンソンのことについて話します。「ジョンソンさんがホンアのことを好きなんだったら二人はとってもお似合いだと思うわ。」ヒョンスはジョンソンのヒョンスへの思いを知らないのでこんなことを言います。「あいつがそういったの?私のことを振ったんだって?ジョンソンがヒョンス姉さんを好きだからって、私の気持ちは考えないの?男に気持ちが行ったら私たちの友情なんて大したもんじゃないっていうの?ヒョンス姉さんが全部勝ったのよ。でも、この先は違うから!」出ていくホンア。ジョンソンの気持ちをホンアを通して聞いたことと、ホンアのジョンソンへの気持ちも知り、複雑なヒョンス。

つぎの台本をメールで送ったにもかかわらず確認されていないことを気にするヒョンスにギョンイは美味しいものを食べに行こうと言いグッドスープへ。ジョンソンとの仲に感づいたギョンイは席を外し、ランチ後ジョンソンの部屋に行くヒョンス。ホンアのジョンソンへの気持ちを聞いた、と。堂々としているのがうらやましいというヒョンスに「自分が揺れてしまったら僕には頼れる人がいないんだ。揺れ動いてもいい人生じゃないってことなんだ。だからうらやましがることじゃないよ。」「ホンアと男性のことで仲が悪くなるのは何となく気まずいのよ。」「じゃあ、僕のことをあきらめればいいよ。それぐらいの気持ちなんだったら。僕は感情の起伏があるのが本当に嫌いなんだよ。人間なんて矛盾だらけだって気持ちがすぐ変わったり、愛よりも現実のほうが大事だと自分を愛してくれる男性を振ったりできるあなたの何を信じてもう一度始められるっていうの?」「ごめんなさい。」「怖いんです。一度断られたのに二回目がないとは言えないでしょ。」ヒョンスの言葉でヒョンスに気持ちを伝えるジョンソン。「現実はいつでも厳しいものだから。」「自分のことだけ考えてた。2人で愛は作るものなのに。私が軽率だった。もう一度考えてみる。」でもそういうヒョンスの目には揺れよりは、決心が見えます。





ホンアはジョンウに契約を迫りに行きます。ヒョンスとは公募当選後放送されたドラマの評判がよかったからこそ契約したのだ、とホンアに言いますが、聞く耳を持たないホンアにちょっと困惑気味のジョンウ。夜、ヒョンスを誘います。ジョンウに「私って軽い女でしょ?気持ちもすぐ変わるし。」「そいつがお前を見誤ってるんだよ。愛に関していえばお前は考え過ぎるんだよ。現実的でありながら愛については現実的でいられない。もう会うこともできない男にこだわってないで気持ちが動く通りにすればいいだろ?今なら俺がお前にとって現実的な存在だろう。」

ドラマのほうは続きを誰か違う人が3人で書いているようです。それでもドラマ制作者の名前はヒョンスの名前で出ますが。ヒョンスは独り立ちするために自分をだまして我慢してきましたが、自分の話を見てもらえないということに我慢できなくなり、自分から作家を降りるとテレビ局側に話してしまいます。ジョンウに「みんなは自分に我慢すれば全部解決するっていうんです。でも、我慢しながら自分の話を伝えたいという純粋な気持ちを失ってしまいました。今回の我慢は自分の望んでいる自分に戻ることができなくなりそうだったんです。私の判断はそんなに間違ったことだったんでしょうか。」涙を流すヒョンスの頬に触れるジョンウ。手を払おうとするヒョンスの手を握りしめます。

ジョンソンの店はテレビの放送のおかげで人気店になり予約が埋まりました。ジョンウはジョンソンにグッドスープでプロポーズをしたい、とジョンソンに話し、ジョンソンも協力を約束します。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です