韓国ドラマ ラジオロマンス 第8話 あらすじ

やっとグリムがスホが誰だったのか気づきます。グリムが素直になれないのも当然ですが、スホの真っすぐさが一層わかる放送でもありました。






「なんでスホさんが私のことを好きなんですか?彼女もここにいるのに。こういうのは困るんです」「いやだ。もう、ラジオがどんなものなのか俺の人生をどんなふうに変えてくれるのか真正面から向かおうと思っているんだ。お前が俺が誰なのかわかるときまで。あの時のようにしていたらまたお前を失いそうだ。あの日のように。」

結局テリのパーティー会場にはスホは現れず、熱愛報道についてもなにも質問されずお開きに。社長がテリとの熱愛報道を本当に出させるつもりはなかったんだと気づくテリはスホのマネージャーに当たります。マネージャーは社長にはかかわるなと警告していたようですが…

テリはスホに「(芸能界で忘れ去られていく)私がかわいそうじゃないの?」と聞きますが、「じゃ、お前にはおれが幸せそうに見えるのか?」

グリムが家に戻ると母親が倒れていました。救急車を呼びイガンPDにも電話をしますが出ません。動転しているところに家の前に来たスホから電話かかってきて、一緒に病院へ向かいます。疲れていることをグリムに話せていなかった母。スホは個室を準備します。自分に恩を着せるのかとグリムが聞くと「あなたも俺にそうしたでしょ?申し訳ないって思わせて、ラジオまでやるように仕向けたじゃないか。」テリの登場で遮られてしまったスホさんの話の続きは?とグリムは聞きますが「どうせそんな考えにならないでしょう。少しでも寝てください。」と休むことを促します。


社長が勝手に結んだ海外撮影のスケジュールが多いドラマの製作発表の記事が出ました。ラジオが終わり次第撮影に入る、と。イガンは話をつけに事務所へ。局の部屋に戻ってやっとグリムの母親が入院したことを知らされます。

母が入院する病院は母の目の手術をした病院。思い出がよみがえります。グリムは余命宣告を受けた少女と出会います。若い時のグリムは母親の入院中母親の目の見えない状況を理解するため目隠しをして病院の中を歩く練習をしていました。そして、その時であっていた少年が…

イガンは母親の病室を訪れ、そのあとにスホも来ます。スホのせいで人だかりになってしまったのでカフェで話をするPDとスホ。スホはグリムの台本でラジオをすると言い、放送を病院ですると口に出したのを、イガンはすぐに実行に移します。スホもスホで、自分で仕事の疲れで入院したことにして、「健康上の理由」で放送を病院でするための言い訳づくりにも協力します。

番組は余命宣告を受けている少女のラジオDJの夢をかなえるというコンセプトや入院中さみしくすごすお年寄りのはなしで進められることに。

母親がスホの病室に現れ、また警告します。「ジンテリとじぶんがかかわることになったら、彼女が不幸になるって言ってたでしょ。それなら、ソングリム作家は不幸になってもいいっていうの?」





グリムはジェイソンからスホが12年前にここに入院していたことを聞きます。ウジウという名前だったことも。

グリムは当時スホの顔を見たかったのですがスホが「このまま自分を覚えていてくれないか?」といって最後まで顔を見ることはできなかったようです。(子役として活躍していたスホは自分と気づかれたくなかったのでしょう。)スホは不眠のために入院していたようです。グリムは懐かしさとスターになったスホから受けた嫌味が受け入れられずにいます。いくら、過去好きでいてくれたとしても、また、今も好きだと言ってくれても、私もそうです!と素直に言える状況ではない、と冗談めかして言います。

テリが病室にやってきて、二人はクローゼットに隠れます。グリムに「テリのことを誤解するな」と言われ、「なんでそんなことを私に言うんですか?」と過去と今の現状に戸惑うグリム。

スホはどうしてもイガンのグリムに対する優しさが気になって仕方がありません。本人に「後輩は強く育てなければならないと言っていた人ですよね?ほかの人が見たらソン作家のことを好きなんだと誤解するでしょう。」というとイガンは、「あってるけど。彼女のこと好きです。」

——————————–

スホの名前のことですが、多分子供の時の名前がウジウだったわけではなく、スホという名前を使わずにグリムと交流していたという話だと思うのですが。多分スホがグリムに手紙を書きたいといって、友達のジウの名前を借りて書いたんではないのかなと思うのですが。スホが自分は卒業証書がないと言っていたのも、卒業できなかったジウにあげてしまったから、だということだと思うのでしょうがどうでしょう?テリが来たと言ってクローゼットに入る部分など、前後と合わない描写もあるので、このドラマの台本の信頼度はあまり高くないですね。前のシーンの音声が残ってしまう編集ミスもあったし。

なにはともあれ、スホの子どもっぽさとイガンの素直ではないがやっぱりグリムを心配する姿。みためにはスターのスホのほうがかっこいいでしょうが、スホはやっぱりどこか子どもっぽいようです。一方やることなすこと難題を与えるイガンのやりかたは腹だたしいのですが、グリムに対する愛情も感じられます。

グリムの母親が倒れたとき、真っ先にイガンに電話をしていましたしね。頼れる部分もあるのでしょう。

この先、スホも成熟した男性の姿を見せていけるのでしょうか。スホは感情をどこかにおいてきている設定なので、徐々に温かさも出てくるといいなと思います。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です