韓国ドラマ ラジオロマンス 第11話 あらすじ

スホはドラマの制作発表後ラジオ局にいるグリムのもとを訪れ、ラジオはやめないことを報告します。自分の好きな人が自分を信じてくれないのは残念だ、といって。グリムは、スホがラジオをやめるのではと感じても、スホのもとに行けなかった、といいます。本当にそうだったら怖いから、と。






ドラマのほうは、スホのことで難色を示しますが、自分のおかげで注目度は上がった。ドラマをやめるなら契約書通りの違約金は払えるが、このドラマ自体がジスホの名前で投資を募っている部分もあるだろうから、自分が違約金を払ってやめたとしてもそれよりも大きな損失になるとも考えられる。それならば、私の要求にも応えられる計画書を見せてほしいと、そして、ドラマ制作を進めるのが得策ではないかと、ビジネス的に進めます。
社長にはこれからは自分のスケジュールは自分ですると伝えます。今まで何もしてこなかったからこうなったのだ、と。社長はグリムとの写真のことでグリムがどうなってもいいのかと脅しますが、スホは「好きな人ととられた写真なのになにが問題ですか。社長の心配事をまた私に押し付けるんですか?」と相変わらずのファクター暴力っぷりです。

ラジオ局長は(テレビも含めた局の)本部長にチームの解散が得策だ。JHのタレントなしでは局はやっていけない、と言われます。スホのラジオは(局長としては)しばらく解散という扱いになり、スホのラジオの時間はライチームが担当することに。JH所属のフリーアナウンサーが帯で入るようです


スホはグリムが電話を受け取らないので、イガンにグリムと一緒に家に来るように話します。ドラマの制作発表時にイガンがスホに向かって「お前」と呼んだことを謝らせますが、グリムに「電話を受け取らなかったらこうやってでも顔を見る機会をつくらなきゃいけなくなるから電話を取ってほしい」と頼みます。

スホのラジオが当分の間休みになるというラジオ局の決定が下ったと聞き、イガンとグリムは社長のところに。ラジオは金ないならないからと言ってやめさせるという社長。イガンは、「もし、スホさんがJHをやめてでもラジオをやると言えば私たちはDJを守ります。」「それが可能ならばいくらでもどうぞ。」と社長。

ラジオがしばらく中止になったとスホとイガンとグリムはお酒を飲みます。強がっていたグリムですがかなりの勢いで焼酎を開けます。イガンは酔いつぶれたグリムを「かわいいかわいい」というので気に食わないスホ。結局表でふたりは殴り合いのけんかに。母親は倒れた影響からしばらく仕事を休み兄弟のところへ行っているようです。酔いつぶれたグリムを家に連れてきたイガンとスホ。イガンは母親からグリムを頼まれたとグリムの家から出ようとしませんし、心配なスホもまた動きません。結局スホはイガンの部屋で寝ることに。「ラジオに合わせるためにドラマのミーティングも明日するのにドラマが始まる前にラジオもやれるんでしょうね。」「そのためにプロデューサーが最善を尽くしますよ」「そうすればグリムも泣かずに済むでしょ?彼女にはラジオしかないんだから。」

ヘリはヘリで、録音機を手に入れるため酔いつぶれてジュヌの家に入ることに成功します。ヘリのことを心配するジュヌを利用するとは…どうにもならない女ですな。その録音機をもって社長に会いに行きます。

スホはラジオがJHの圧力で無くなったことには完全には分かっていないようです。イガンも前夜の飲み会では「自分のせいだ。改編でなくなるのはいつものことだ。」という風に説明していました。それにはイガンがラジオ復活に向けて「たくらみ」があるようで。マネージャーは聞いているようですが、スホには話しません。





グリムとイガンはラジオ制作の仕事がないので二人で街に出ます。もちろんラジオ制作に関するネタ探しや、ラジオの台本作りについてイガンはグリムに語るわけですが…グリムはあくまでもイガンをラジオのプロデューサーとして尊敬し感謝しているかんじです。グリム曰く、ツンデレコンセプトで、私を元気づけてくれていると感謝を述べますが、イガンはそれ以上の感情はあるのでしょう。しかし、一線を超えないように、錯覚をさせないようにグリムにやさしさを施しているようです。

スホは二人が街に出ると聞きストーカーのごとく仕事の合間に電話をします。やっと出た電話に、「PDと何をしているんだ。お前は先に言えに帰れ。」と言われ、グリムは「人の話に干渉しないでよ。」と冷たく電話を切ります。

バスに乗るグリム。それを見送るイガン。バスに乗りながら母親に電話をするグリム。そしてはなすことはスホのこと。サガジさん(いけ好かない人というグリムのお母さんがスホにつけたあだ名。お母さんが言うと愛らしいけど。)とはどうなったの?ときかれ「よくわからないの。彼は私のことを好きだと言ってくれるけど、彼はたんなるスターじゃないから。」「それでも心が動くままにあなたも行動すればいいのよ。わかった私の娘?」

グリムは局で荷物を整理して、スホの車の中にあるプレゼントを一つ一つ開けます。すべてにメッセージが書いてあります。スホの気持ちがはじめは負担に思えていましたが、彼の真っすぐな気持ちに感動してしまいます。かなりの脂っこいコメントもグリムには愛らしく映るのです。

スホからの電話でホテルに来いと言われるグリム。ドラマの話で家には記者がいるからとホテル生活になったというスホ。ラジオの契約書「スホの言うことをグリムは絶対聞く」を持ち出され、仕方なくいくグリム。ミヌが酔いつぶれていてグリムにもたれかかっていたミヌの頭を離してくれたホテルへ。スホはグリムをつなぎとめるためにラジオのグリム契約書をすぐ持ち出しています。グリムが「ラジオもなくなってもう意味もない。」というと「こうでもしてでもお前と一緒にたかったんだ。この契約書のせいでお前に辛いおもいをさせたか?」と聞くスホ。「そうじゃないけど。」「それでもおれはこの契約書でお前とつながってられるんだと思ってうれしかったんだ。でも、今はもうなくてもいい。」破ってしまうスホ。「今夜は俺と一緒にいてほしい」というスホに…

ホテルの部屋の外ではホテルにきていたライとイガンの同期PDがグリムがホテルに来ているのに気づいているようですが….

また、イガンは、ジェイソンにスホとスホの友人の過去の事故のことについて聞いており、何かを企んでいるようです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です