韓国ドラマ ラジオロマンス 第12話 あらすじ

ホテルで一晩一緒に過ごしてほしいと言われおどおどしているグリム。化粧品を買いに行くと言って部屋からは出たのですが、ライたちがいることに気づき再びホテルの部屋へ。するとテリがホテルに向かっているという連絡がジュヌマネージャーから。録音機の内容を聞かせたくてホテルまで押し掛けるようです。






結局スホとグリムは部屋を出ますが、テリが現れます。テリを無視しようとスホがテリの手を握って歩こうとするとテリは(スホに対するイライラをなぜかグリムに向けて)グリムの頬を叩きます。さすがのグリムもテリのことを見下さずにはいられず「かわいそうな人ですね。またこんなことがあったら私我慢しませんから。」と。「我慢しなかったら何すんのよ。」とレコーダーの内容を一緒に聞こうとしますが、ジュヌが現れて、グリムに聞かせるのまでは阻止します。

車の中でテリと二人になってテリは記者に話そうと思うと脅しますが「お前がそうしてくれたらこっちがありがたい。」そういってジュヌにテリを任せグリムと去ります。ジュヌは「レコーダーのありかを知っても位置を変えなかったのはお前を信じていたからだよ。そんなどん底まではいかないと思って。」「私を試してたの?」「自分自身をだよ!お前はもう手に入れたいものは俺から手に入れただろ?だからおれにもう会いに来るなよ。もうお前からの電話には出ないから。」好意を寄せていたテリが結局スホを脅すような真似をしていてもなにもしてやれないジュヌ。そんな自分にもテリにも失望しているようです。

家までグリムを送るスホ。スホはテリに自分のせいで頬を叩かれたことを謝りますが、グリムはスホさんと付き合おうと思ったら障害がたくさんありますね、と冗談でスホの気持ちをなだめようとします。

局長に、芸能事務所の意向を聞き続けていたらやりたい放送をやれなくなっていくのは局長もよくわかっているはずだ、といって、JHに対してなにかたくらみがあるようなイガン。JHの所属タレントのうわさについて情報収集します。イガンとグリムはスホの母親のせいでラジオがつぶされた話はしないことにしようと二人で話します。イガンはラジオ局で大型事務所のしもべではないとJHのタレントは局に入るなと言って圧力をかけることにした様子。

スホは局長になぜラジオが放送できなくなったのか聞きます。スホは自分のせいでグリムがラジオをできなくなったと知り、なぜ言わなかったのかとグリムを聞きます。イガンは話さないでおこうと決めたのは自分だったと。これが自分の仲間を守る方法だと思ってのことだったと。


JH会社側ではイガンのことで頭が痛い様子。また、スホの父親の愛人がスホファミリーのことで記者会見を開くという情報が入り、それも社長が会見を中止にさせます。酔って家に帰ってくる父親。スホもラジオの話をするために両親の家に帰ってきています。愛人の会見のことで家族の雰囲気は最悪です。夫に「良心はないのか」と聞きますが夫は「俺がわかってないとでも思うか?いつもスホのせいですべてを失ったというがスホのおかげでどれだけ多くのものを手に入れられたと思っているんだ。それを失ってしまうかと思ってどれだけ怖がっているかというのもわかってないと思っているのか。」と酒を飲んだついでのファクター暴力です。スホは「この家を出なければならない時が来たようです。人々をだましてはいられません。父さんのことを捨てなければならないか、母さんが俺を捨てるか、です。」どうしようもない父親。

スホは再びラジオ局の局長のもとへ。局長に自分はラジオを続けたい、と。それに関して局長はどう考えているか、と。続けていきたいという局長に、母親のことは自分が説得すると言ってラジオを進行する方向に。

スホはジュヌの家へ。「大事なものをどうやって守ればいいのかわからなくて。守ろうとしてやってるのに事態は大きくなるばかりで。何をやれるのかよくわからないんだ。」「それがわかっていたら今俺がこうしているか?そういえばレコーダー。お前と俺で台本の練習してただろ?その途中に録音してたんだよ。それをテリも知って。」スホはやっと家に戻ります。スホのことを家の前で3時間待っていたグリム。いつもならスホがグリムに電話をかけまくっているところなのに。グリムはスホが電話したい気持ちや会いたい気持ちがあるだろうけどそういえないだろうと家の前で待っていた、と。スホは「自分のせいでお前の好きなものを失ってしまったら、俺のことを嫌いになってしまうかと思って怖かったんだ。」と。グリムは「スホさんのおかげで私はラジオのメイン放送作家になれたんですよ。ラジオの放送ができなくなったのもスホさんのせいではなくて社長のせいでしょ?スホさんはラジオを守ろうとしている人だってわかっていますよ。誤解なんてしてないですよ。」「手を出してくれるか。」そういって自分を抱きしめさせるスホ。「慰めてほしかったんですね。」スホ、再びグリムを守るどころかグリムに慰められるの巻。

スホはグリムと卵焼きと焦げたパンを食べて、グリムを家に送ります。家の前にイガンがいます。「作家は文章を書くのが仕事だろ。DJに付きまとって何をやっているんだ?」グリムは「DJだからじゃなくて…私、スホさんのことを好きなんです。」そういって家に入るグリム。

スホは母親とドラマのことでラジオと並行して撮影できるように再契約しなおしたと言い、JHもやめると言います。自分の印鑑も処分してくれ、と。最後の話し合いには、ラジオの件でラジオ局にかけた圧力をぜんぶなくしてから連絡してくれ、と通告します。





スホのラジオは朝の4時に進行させることに。スホはできないと一旦は言いますが…

スホが家に戻ると「ジスホは殺人者だ」というはがきが置かれています。(ジェイソンの仕業でしょう)友達のウジウの手紙を見るスホ。すべてグリムに向けて書かれている手紙たち…

ジェイソンは社長へ報告書を渡しています。12年前のこと。スホが自殺を試みていたこと。社長は仕事の疲労のせいだと言いますが…

スホがいつも見ている悪夢とは…ジウがグリムに届けてほしいと言っていた手紙…グリムの伝えられることがなくスホの机の中に積もるジウの手紙….「明日の決勝戦で勝ったら彼女にすべてのことを話すつもりだから。」といって最後だと渡された手紙。そして事故…

グリムは夜中の4時にデートがしたいと一緒にバスに乗ります。4時にも仕事する人、仕事が終わる人、眠りからさめてバスに乗る人。グリムは「4時に放送をすることに不安があるのは理解できます。」「お前にはわからないよ。4時にラジオを放送するってことが。」「分からないけれども、スホさんの声を信じて勇気を出してみたいんです。私も。」

4時の放送の第1回が無事終わりました。一緒に局を出ようとする二人ですが、イガンがそれを止めに入り…






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です