韓国ドラマ ラジオロマンス 第15話 あらすじ

スホはグリムにジウのことを聞かれ、すべてを話します。歌のコンテストで優勝したらグリムに告白するという言葉に動揺し、ジウの呼びかけに答えられなかった事故の日。スホは自分のせいでジウが死んでしまったと言います。






事故以後、葬式にも出席せず眠り続けたというスホ。何日も眠り続けた後、不眠になったと言います。グリムには会いたくなかったが、顔を見たときから気になって、そのあと好きになっていったと。グリムは「スホさんは私の顔を見ながらジウさんのことを思い出していたんですね。」と。グリムは話を聞いた後もスホのことを愛していると言います。「ジスホはジスホだし、ウジウはジスホの一番の友達だたし、私は今あなたのことを愛しているし。」

スホの誕生日にはイベントをするようですが、父親の愛人(ジョンダスル)がイベントに向けてスホの家族の秘密や愛人であったことを全部ばらすと脅してきます。ダスルは仕事も全部取り上げられてしまいましたから失うものがなくなってしまい。むしろ怖いものがなくなりスホの母親にとっては結果的に恐ろしい存在になってしまいました。


スホの誕生日に日付が変更になり、グリムはスホの部屋でスホと過ごします。グリムの手を握りながら眠るスホ。グリムはスホのために誕生日のわかめのスープを作ります。スホはジウがグリムに宛てた渡せなかった手紙をやっと渡します。はじめのころは渡していましたが、いつからかスホもグリムへの気持ちがわいてきてからは渡せていなかった手紙たち。しかし、その手紙には、封筒の宛名こそグリムの名前がありますが、手紙にはスホの名前が。スホもグリムのことを好きなことをジウは気づいていました。手紙は、自分がいなくても、スホとグリムの幸せな関係を願っているという、内容。「ジウさんがあなたの誕生日に素敵なプレゼントをくれたんですね。」

スホの誕生日のイベントに行こうとしていたテリですが、ジュヌはお前が行くような場所じゃないから、と公園を歩きます。テリが倒れそうになったとの支えるジュヌ。テリは「マネージャーにならないなら私と付き合ってよ!」と「おじさん」にいいます。まぁ、この二人は何とか良い関係になりそうでよかったよかった。最後はテリかわいい感じで終わってよかったです。

結局自分の誕生日のイベントには参加しなかったスホ。ラジオの録音をしていると、イベントに参加しなかったことでむしろ記事が出てしまいます。あと、ジェイソンがスホの母親と関係があることもジュヌはスホに報告します。

ジェイソンは社長に納骨堂での出来事を話すと「私はスホを正気に戻してほしいといったの。あなたのやっていることは私の命令とは違うわ。今の状況を説明しなさい。スホが今何を考えているのかを!」と言われてしまいます。

スホは家でジェイソンを待ちます。スホのことを研究している書類を見るスホ。スホは「お前に見せなくちゃいけない反応がまだあるっているのか?お前の行動は治療じゃない。傷つくんだよ。お前が俺にまた新しい傷を作ったんだよ。俺が今怒っているのは何のせいだと思うんだ?ジウの次に友達だと思っていたお前が俺にこんなことをしたんだ。」ジェイソンに家を出るように言うスホ。





ダスルは結局家族の秘密と、スホの父親との不倫関係、そのことによって社長から脅迫を受けていたことを発表してしまい、多くの人々の目に留まることになってしまいました。グリムはスホを心配してスホに連絡を入れます。グリムは社長がスホのことを考えていること、スホも社長である自分の母親を想っているということを話します。

スホは記者会見を開きます。スホは自分の言葉で、今まで自分たちが幸せな家族のイメージで事業をしてきたこと、母親が本当の母親ではないことを話します。「幼かった頃はその事実がつらかったですが、今思えば自分という存在が家族にとって傷であったんだと思います。自分のことを守るための嘘であったと考えています。自分さえいなければすべてのウソは始まることもなかったと思います。それにもかかわらず、母は私をここまで育ててくれました。ここまでくるために最善を尽くしてくれたのが母です。自分には本当の母親の存在がどんなものか知らないのでよくわかりませんが、子どものすべての時間を一緒に過ごすのが母親というものであるならば、社長は私にとっての母親そのものです。」この期に及んでも自分の保身を考える父親と、スホの会見を見守る社長であり母親である2人の姿が対照的です。

テリはドラマの撮影でスホの悪口を聞きます。偽物の家族を演じていた、と。テリは自分のせいでスホがつらい思いをしていると、自分を責めますが、ジュヌは冷たく対応します。

スホは、記者会見の余波の収拾のためにラジオやドラマの責任者と話をします。スホは自分のせいでグリムも傷ついてしまうのではないかと考え、グリムに会いに行くことができません。しばらく落ち着くまで会わないでおこうと電話で言うスホですが…グリムはスホの気持ちが痛いほどわかります。スホの行きそう場所がそうないと知っているグリムは、城郭のソウルを見渡せる場所へ。「私があなたを抱きしめたとき何を決心したか知ってる?あなたが私を見るたびにジウのことを気にかけていたこと、あなたが多くのものを手放して私を抱きしめてくれたように、私もあなたがスターの時だけ抱きしめる人ではないのよ。あなたがどんなひとでもそばにいるから。」

16話で最終回になります。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です