「太陽の末裔」は若者の愛国心と国家観の確立に教育的効果あり

 一番言ってはいけない大統領が…

大統領の朴槿恵氏が太陽の末裔についてコメント。
「ドラマなどのコンテンツが単純な文化に収まらず経済的な価値を生み出し、特に観光分野へ効果がある。」
「しかし、ぼったくりなどの観光客からの苦情も多いのでこれらを改善し韓国が代表的なサービス業として発展できるようにし、目先の利益にとらわれず金の卵を産むアヒルを殺すようなことをしてはいけない。」
「太陽の末裔が観光産業の活性化と愛国心や国家観の確立に寄与することを期待

一番言ってはいけない人が言ってるなという感想。こういうことを別にしてドラマはドラマとして見ていきましょうという話をしていたのに。反対勢力に足を引っ張られて思った政治もできずかわいそうだと思っていたが、こんなこと言っちゃうのはかなり残念。

フェイスブックのコメントには、
「セウォル号災害救助の時に最も国民を助けなかった人が何を言うのか。」「最も危険な論争。愛国心を政治が好き勝手に編集して利用するのは危険なことだ。自分の言葉に賛同しないものは愛国ではないというのは違うだろう。」「愛国心とか言う長官たちは軍隊に行ってきたか?」「国家とは国民の安全を最優先にしなければならないというユシジン大尉の名台詞は聞こえなかったみたいだ。

トップ画像は太陽の末裔第10話から

にしても、私にはこのドラマ何が面白いのかはわからん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です