旭日旗に対する韓国の過剰な拒否反応

http://www.huffingtonpost.kr/2016/01/23/story_n_9062726.html?1453609003모델 김상우, 메종 키츠네 욱일기 화보 사과하다

モデルキムサンウ「メゾンキツネ」の旭日旗ブランドスナップに関して謝罪

韓国系イギリス人のモデルキムサンウが旭日旗もモチーフにした写真に関してインスタグラムを通じて謝罪した。

モデル事務所エスチームに所属するキムサンウはフランスのブランドである「メゾンキツネ」がジブリの「風立ちぬ」をモチーフにして発表された2016年の秋冬コレクションにおけるルックブックに参加した。そこにおいて旭日旗が象徴的に使用され論争になっている。

このルックブックがネット利用者の間で話題になり問題視され、キムサンウはしばらくの間インスタグラムを非公開にした。そして、23日に謝罪文をインスタグラムをとおいて発表した。

—–キムサンウです。まず今回の件で多くのかたを失望させてしまったことをお詫び申し上げます。ブランドの広告に関するコンセプトを国家別のコンセプトであると言うことまでだけわかっていました。自分自身何も分からず写真を撮り、みなさんのコメントを読みやっとそのとき、問題の深刻さを理解しました。自分が無知だったとは言え間違ったことですのでもう一度謝罪いたします。詳しく理解していなかったことを後悔しており、自分の無知に関して反省しております。皆さんが怒りを表し、自分に失望しながらも自分に説明してくださったように自分もこの機会により勉強し、一生懸命常識を持ったキムサンウになれるよう努力いたします。申し訳ありませんでした。—–

また「メゾンキツネ」側もハフィントンポストに公式謝罪文を送付した。

—-今回のことに関して私たちに教えてくださった皆さんに感謝の言葉を申し上げます。また2016秋冬ルックブックに公開された写真に関して謝罪申し上げます。指摘を受けました写真はメゾンキツネでは使用いたしません。糸とは異なり文化的なtigaitoこれによるイメージの違いを理解していなかったフランスクリエイティブチームの間違いによって多くのかたが受けた不快感ち心の傷に対して今一度謝罪いたします。—-

メゾンキツネは2002年にダフトパンクのマネージャーと建築家のクロキマサヤが中心となっているフランスのブランドである。世界にショップが展開されている有名ブランドでありさくねんには韓国をモチーフにしたカプセルコレクションK.I.Mを発表していた。

引用終わり

旭日旗に対して単なる太陽のモチーフとして利用されることも多々あり軍国主義の象徴としてのみ利用されるものではない。その文脈を読み取って批判するべきは批判するのがよいと述べるブログ記事もあるが、ほとんどは「何で被害者の俺らがあいつらのこと理解してやらねばならんのだ!太陽ピカピカのマークが気持ち悪いもんはわるいんだよ!」という反応である。

ましてや今回は、韓国人いわく「日本軍国主義ニダ!ムキー!」の服を韓国系モデルが着るというありがちなやつだ。西側の人にはわからんよね。私はわからんもん、西側のゴタゴタ。

個人的には服がカッコいいとは思わないので日本イメージの服として使わないということであればまぁ良かった、と思うが。だって胸のところに大きい赤丸の服なんてきないでしょ?フランス人はフランスの国旗のデザインの服着るのがクールなのかしら。半纏のツギハギをジャケットっぽく着てるのとかわかんない。もちろん、別に日本人に着てもらおうとおもってるんじゃないだろうけど。

こうやって日本悪い、軍国主義、右翼、戦争やろうとしてるって拡散されてるんだな。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です