LUNA 루나 Free Somebody F(x)ルナソロデビュー曲

なんだかんだとこのブログでもSM扱ってるな。エンバとかルナとか非主流ばかりだけど。この曲はいいですね。なんだかんだとSMの曲好きじゃんと思いつつ、韓国では光速でランキング外に落ちました。スウェーデン系の作曲ですが私はめちゃくちゃ好きなんですけど、韓国では受けませんね。なんでだろ。しかしビルボードのワールドアルバムチャートでは3位にランクイン。(出典

海外受けするんだな。でもエンバにしろルナにしろこれでいいと思うんです。韓国の大衆にうけるのは別に他の人にやってもらえばいいし。かっこよくてルナの歌唱力を十分に発揮できて、ミュージックビデオもいろいろな世界観を見せてくれるf(x)はやっぱりいてほしいんですよね。それがSMのやり方だと言われればそれまでなんですけど。

衣装もダンスもそこまでこびてなくてかっこいいラインを守ってるし、なにしろ歌がうまいから、何度聞いてもいいです。


ルナの歌唱力は覆面歌王で証明されているので、SMもソロはうまくいくと思っていたのかもしれませんが、韓国国内でいまいちだった模様。

 

間に出てくるイラストはキムヨンオイラストレーターが書いたもの。

インタビューがありますね。絵はすごいけど、話している姿は普通。

世界を旅行して絵をかいてるんですが日本の作品もブログにはありますね。携帯番号とか普通に書いてあるし。代官山や吉祥寺が町としては素朴さがあってよかったということ。一番影響を受けているのは、インドのようです。

フェイスブックにはルナmvの作業中の写真もありますね。人を雇ってやっているんだなぁ。

こういうイラストレーターをsmもよく見つけてくる。才能はいろいろなところにあってもこういう商業的なものとつなげてお金を生み出すのはsmは本当にうまい。

誰かに受けるなら全部やってみるっていうのは大きい会社にしかできないことだから、smSTATIONにしても、一曲一曲は大きい売り上げにならなかったとしても、それでも狭いところに売っていかなければ生き残れないということもわかっているんだなぁと。

ルナからそれてしまった。ミュージックビデオの世界観もしっかりしていて、想像から現実に移るのもしっかり描かれてるし、想像の中のイラストも意味がしっかりあるから見ていて一つの作品としてすっと収まる。ルナがイラストになったのもかわいい。

音楽としては最近のsmの流れで作曲は外国人におまかせのよう。このスウェーデンのAnton Malmberg Haard Af Segerstadという人はAOAのアルバムにも参加してるから、これからK-POP職人として活躍するのかなと思う。でも、今回のルナが高速ランク外だったからどうかなぁ。

今回ルナは一人で活動するにあたって髪型からスタイルまでかなり力を入れて管理していると言います。

この歌い方なんかはボアっぽい力強さがあってすごく好き。健康的なセクシーさがすごくかっこいいけど、多くの人にはやっぱりもっとエロくて腰フリフリしてくれるほうがいいんだろうなぁ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です