SJシウォンやチャンミンが入っている警察広報団、義務警察って何?

簡単に言えば、軍隊の代わりに警察官になることで国の義務を果たすということです。最近では社会と断絶されてしまう軍入隊よりも社会と距離が近く、望んだ警察で勤務できるとあって、義務警察の人気が高いです。また、資格試験の勉強のための外出が認められたり、大規模な集会なども義務警察が前方に置かれることはあまりなくなってきているということもあり、なおさら人気が集まってきています。軍隊内での銃乱射事件や暴力事件などが報道されるのもあって、義務警察の人気が高まりすぎて、最近では抽選で選ばれるようになりました。(参考)この義務警察の中に、警察広報団というのがあり、警察広報団は義務警察の選抜とはまた別に若干名募集されています。で、この警察広報団が、芸能兵士制度がなくなり、あらたな芸能人の軍入隊からの抜け道になっているのではないのか?と韓国では認識されているように感じます。

 



 

義務警察は現役判定を受けていくので、ノンサンの4週間の新兵訓練には行きます。その後それぞれの警察署に配属されるわけですが、この警察広報団というのが、どのような実態なのかがよくわからず、毎日出勤しているのかどうかも怪しいというのです。どうやら、多少の融通がきくのではないか…と。国のお勤め中なので、国からしてみればわずかな給料でアイドルや芸能人にいろいろなところに出てもらえるわけですから、願ったりかなったりなわけです。やっぱりポスターとかに出てくれたら、かっこいいですよね。

今回は、「政府3.0国民体験の広場」に出席した警察庁広報団ということで、お仕事に出たわけですが、韓国ネイバーの写真へのコメントは、なぜか男性が多いのです…

20160620_1125243_99_20160620144205

「軍広報団が無くなったから警察広報団に行っただけで、軍広報団もいろいろやらかしてたからなくなったのに、これじゃ結局同じだろ!!!」という文句です。韓国ネイバーはコメントした年齢層もわかるのですが20代の男性が多く、つまりシウォンと同世代で軍隊に行ってきたと思われる人の書き込みなわけです。

制服が特別仕様だ、とか、芸能人だからっていいね、とか。公益のユチョンよりはましだ、とか。何事もなくお勤めおえてくれとかが多いですね。で、なぜか多いのが、髪の毛に整髪料をつけているというもの。今日は舞台ということで特別なんじゃないかと思われるのですが、軍の部隊や警察内では使用できないもののようです。それを知っているため、男性たちはそれをやたらに書き込んでいます。やっぱり自分たちが経験してきたことを書きたいんですね。
で、シウォンにかんしては……文句は言っても男から見てもかっこいいようですwwwwwやっぱかっこいいよね。うんうん。

で、新兵訓練に行ってきた人たちというのは、年一呼ばれる予備軍には一緒に出るらしいのですが、そこで軍隊に長くいなかった人を見つけてこっそり邪魔者扱いするという連帯感が現れるわけです。シウォンと関係ないじゃん!と思いながらも書かずにはいられないのでしょうね。自分たちは軍隊に行ったんだぞ!という。

女性ファンが多いはずのシウォンの写真に男性が集まるというのは、やはりそれだけ国のお勤めに対しての関心が男性は高いということなのです。ユチョンの件にしても、男性たちはやはり不満を持たざるを得ないんですね。シウォンはそれにしてもかっこいいので文句つけるところがなくて整髪料ぐらいなもんですが、それくらい何事もなくしっかりと義務を終えるというのが芸能人には求められているんだなと感じた写真でした。

彼ら警察広報団は、コンサートをしたり小学校などにいじめはだめだという指導をしたり、交通指導をしたりけっこう身近なところでも会えるようです。身近なところであえて警察の仕事を身近に感じたり、生活指導をしてくれるのは子供たちにとっても嬉しい記憶じゃないかなと思いますが……同性同世代からすればなんだか楽そうに見えてきて、事務所というバックもあって、シウォンについていえば家も金持ちだし、むかつくんだろうなというのも理解できます。

シウォンやチャンミンには自由になれる時間にもしっかりと自分を律していただきたいなと思います。時期が時期だけにさすがに事務所からも言われてると思いますがね……



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です