「ニュースから見る韓国」カテゴリーアーカイブ

先端技術で「妊婦に席を譲ってください」

画像には、「ピンクのライトが光ったら妊婦に席を譲ってください」とある。

韓国釜山市の妊婦向けの席を譲ろうキャンペーンの新しい試み。
日本にもある妊娠してますキーホルダーだけではなく、テクノロジーで席を譲ろうという動きです。
非接触型の通信技術を利用して、妊娠してますキーホルダーとともにビーコンも持ち歩くことで、それが読み取り機器に近づくとピンクのライトが点灯し、妊婦の存在を知らせるというものです。

핑크라이트_(8)

女性のカバンの大きいキーホルダーは日本でもよくみかける妊娠を知らせるもの。その下にあるものが非接触型のビーコン。

妊娠初期はおなかが出ていなくても体調の変化が大きく立って移動するときがつらいときもあります。

現在は500個を作って配布し釜山ーキメ間で試験的に運用してみることになっています。

———-記事内容ここまで———

韓国の優先席は日本よりも空いている可能性が高い。日本ではその席が必要な人が来たら譲るという認識だろうが、韓国は老人へ対する意識から、ほとんど座ってはいけない席と化している。ので、なおさら女性が座っているといろいろ思われる可能性が高い。また、ソウルではなくプサンから始まったというのもおもしろい。ソウルでは混みすぎて機能しないような気もする。反応感度を調整したり、鉄道利用者の反応をくみ取って、よりよい技術になることを祈るが、新しい技術を導入しては若干失敗気味なところがぼこぼこ出てくるのが韓国の公共クオリティなので、うまくいけばなぁと思う。

 

少女時代テヨンから学んだSMEの社内カップルの法則 ~早く認めて反発回避~

思えばかなう!?SMEの社内カップルの法則

EXOメンバーカイとf(x)のクリスタルの交際を認めた。SMエンターテイメントにとって2組目の公式社内カップルとなった。

このカップルは意外ではなかった。熱愛を認める前からもファンのうちでは認められていたからだ。ただ、お似合いだと思っていたカップルが現実に熱愛が発覚したならば驚くのも無理はない。雰囲気が似ていたということでカイスタルとも呼ばれていたし、シャイニーのメンバーテミンと3人で同級生同士で撮影した時も二人の息はぴったりだった。

ファンからの目撃談もあったし、カップル同士でおそろいのものを身につけることもあったし、二人はもともと仲が良いことで有名であった。

SMエンターテイメントにおける社内カップル1号はEXOのペッキョンと少女時代のテヨン。
彼らの場合、熱愛報道が出る前からファンの間では有名であったが、熱愛が発覚して、むしろひんしゅくを買った。

今回の二人の場合は、あまり反発は起きなかったようである。
むしろ少女時代テヨンの時のほうが、反発は大きかったようだ。違う違うといっておきながらやっぱりそうだったんじゃん!という反応が多かったことを受け、今回は報道されて、すぐ認めたようだ。
お幸せに!

SMステーション第7弾 F(x)エンバー ソロ Borders ~そのままの自分で~

壁を超えるときに窮地に追い込まれても決して怖がらないで。
まっずぐに立ち向かって自分の進む道のために戦かうんだ

F(x)のエンバが発表したソロ曲にはグループでは見せにくかった彼女自身の思いや考えがまっすぐに表れている。女性アイドルグループの中のトムボーイ的な立ち位置で男装女子という偏見も受けた。特に女性らしさということが強く要求される現代の韓国社会においては、「女性らしくない」ということそのことによって、いろいろなことを言われてきたのだろう。しかし、自分に対するどんな視線にも堂々として自分でいることを宣言した曲になっている。

ここにきてSMがSMステーションでどんなことをやろうとしているのかが見えてきたように思う。グループという枠の中では見せられないそれぞれの魅力を見せる場を作りたい。事務所という枠を超えたり、音楽のジャンルすらも超えクラシック的なものも発表している。

エンバーに関していえば、自分が受けてきた偏見に関して曲を出すことは初めてではない。2015年に発表しているソロアルバム曲beautifulで「とがった言葉が心深くに突き刺さる 世界は狭いけど私はほかものでない私自身になる 私が私でいられることが幸せ」だと歌う。

自分のことについてインスタグラムで語ったこともあった。英語を韓国語に訳したものをまた日本語にしているのでそこはご勘弁を。

I never want to be forceful but there comes a time where i need to put my foot down on something i strongly believe in. Due to recent events i want to address something: I've been a tomboy pretty much all my life and honestly, to put it short, it really sucks sometimes. Haters can and will hate, but insulting me in front my face is totally different thing. I personally believe girls and boys are not limited to one specific look. Beauty comes in all shapes and sizes. We are all different. If we all sang the same melody how can there be harmony? Dont judge someone just because they're different. Hopefully we can all grow to respect each other's differences. Im always trying to stay positive and happy. I love my life, my work, and the people who are constantly supporting me. I am always thankful because i know i cant be here on my own strength. With every mistake, i analyze my fault and then try to better myself. I know i can't be perfect but i will always try to be my best. In regards to that, i want thank everyone again for constantly encouraging me and believing in me. To put it simply, love and help one another. And for people who are struggling, always be yourself. Being true and real to who you are is the biggest thing you can do for yourself. Love life, work hard, and chase your dreams. Thank you again.

Amber J. Liu(@ajol_llama)님이 게시한 사진님,

(意訳)自分のことを嫌いな人は変わらず嫌いなんだろうけれどもそれをその人に直接言い、冒涜するというのは全くの別物だとおもう。女と男どちらかの外見にとらわれるものではないと思う。美しさとはどんな形からもどんな大きさからであっても現れるもの。すべての人はすべて違う。たとえば、歌を歌うときみんなが同じに歌ったならばハーモニーなんてできない。人と違うということによって人を判断しないで。お互いの違いを尊重しながらお互い成長していけるそんなふうになればいいのに。どんなときも自分自身でいるということ。自分自身に誠実にいるということが自分のためにできる最も大事なことだと思う。

最後にテレビに出演した際に語ったエンバーが明確な思いをもって音楽活動をしていることがわかるコメントを紹介しよう。

歌手というものはメッセージを伝えなければならないものだと思うんです。音楽でね。いじめられてるひとや傷ついている人たちに克服できると伝えたい。エンバーも克服したんだからあなたもできるんだと、そういうメッセージを歌を通して伝えたい。
Mnetサガジショーより

参考サイト:양희은, 이선희, 이상은, 엠버
トップ写真はエンバーのインスタグラムより

「太陽の末裔」は若者の愛国心と国家観の確立に教育的効果あり

 一番言ってはいけない大統領が…

大統領の朴槿恵氏が太陽の末裔についてコメント。
「ドラマなどのコンテンツが単純な文化に収まらず経済的な価値を生み出し、特に観光分野へ効果がある。」
「しかし、ぼったくりなどの観光客からの苦情も多いのでこれらを改善し韓国が代表的なサービス業として発展できるようにし、目先の利益にとらわれず金の卵を産むアヒルを殺すようなことをしてはいけない。」
「太陽の末裔が観光産業の活性化と愛国心や国家観の確立に寄与することを期待

一番言ってはいけない人が言ってるなという感想。こういうことを別にしてドラマはドラマとして見ていきましょうという話をしていたのに。反対勢力に足を引っ張られて思った政治もできずかわいそうだと思っていたが、こんなこと言っちゃうのはかなり残念。

フェイスブックのコメントには、
「セウォル号災害救助の時に最も国民を助けなかった人が何を言うのか。」「最も危険な論争。愛国心を政治が好き勝手に編集して利用するのは危険なことだ。自分の言葉に賛同しないものは愛国ではないというのは違うだろう。」「愛国心とか言う長官たちは軍隊に行ってきたか?」「国家とは国民の安全を最優先にしなければならないというユシジン大尉の名台詞は聞こえなかったみたいだ。

トップ画像は太陽の末裔第10話から

にしても、私にはこのドラマ何が面白いのかはわからん。

チョンウソン 個人的に悪いことはあったけれども…シリア難民に会い俳優の夢を振り返る

チョンウソンに関しては最近はチョン・ウソン、詐欺被害について自ら言及「うまく克服しました」(動画あり)のニュースが報道されたが「個人的によくないこともあったが今は大丈夫です。」とフェイスブックの生放送を通じて本人の口からコメントがあった。彼にとってはこの事件が起こったのは2008年のことで、個人的な被害だったので告訴もしなかったし、俳優のイメージにもよくないと思いそのまま公表もしなかった。ということだ。それがいまニュースになったっだけのようで、(出典)フェイスブックの動画でも表情を変えることなく、大丈夫ですよとはなしていた。

そんな彼だが、国連の難民機構において親善大使をしており、シリアに行ってきたようだ。その様子があったので紹介しようと思う。ぜひ、読んでシリア難民のことについて興味を持ってもらえたらと思う。かという私も、有名な写真ぐらいは見たが、そこまで大変なことだとも思っていなかった。アンジェリーナジョリーやチョンウソンの活動によって少しでも慈善活動や、問題解決の力になるといいなと思う。




シリア冷戦は第二期世界大戦以後大規模の難民が発生している。戦争によって家を失いどうすることもできず祖国を出るしかなかった400万人の人々とまだシリア内に安全な場所を求めている700万人を超す人々。私たちは彼らを難民と国内避難民とにわけて呼ぶ。私は2016年3月にUN難民機構親善大使としてシリア難民に会うためシリアとの国境を接するレバノンを訪れた。

4年に一度の2月29日の夜、私はレバノンのバイルート行の飛行機に乗った。頭の中はすっきりせず考えがまとまらなかった。厳しい状況にさらされている人々に会う前に彼らの言葉をどんな言葉で世界に伝えなければならないか考えていた。しかし、彼らの顔を見たとたんすべての悩みは飛んで行った。

レバノンは韓国の4分の一の面積の小さい中東の国だ。この小さい国家の人口の4分の1が現在シリア難民である。隣国の痛みをともに背負ってきた国である。しかし、シリア内戦が5年目と長期化し100万人を超す難民がレバノンの経済の負担になり、難民への規制が強化されてきている。シリア難民はレバノン全域に177か所に散らばって都市難民の形態をとってUNや国際機構の慈善団体の支援を受け生活している。

都市難民の場合難民村で生活する難民よりもより多くの困難にさらされている。例えば彼らは駐車場や廃墟にテントを張って生活しているのだが所有者に毎月賃料を払っている。難民が生活する地域は多くが貧困地域であるため難民に対して住民の理解を請うのもなかなか難しい。

今回の訪問はレバノン北・中部・南3か所の大きい地域に分け3日間各地域のシリア難民に会い、生活環境を見させてもらい、苦労を聞かせてもらうという形ですすめられた。

レバノン南部Saidaでは23歳のモハメッドにあった。心理学を学ぶ学生であるモハメッドはドイツ政府のシリア難民支援プロジェクトであるDafi奨学金制度の助けを得て大学で勉強している。彼の夢は素朴なものであった。「勉強を続けたい。」自分自身の勉強がどこかで役に立つかはわからないが学ぶことへの情熱は「心臓に刻まれているがごとくはっきりしている」と話してくれた。そうであっても9人兄弟の次男である彼は、体が不自由である父親と家族の整形を支えられていない現実について自分を責めていた。家族の困難が続くならばからは学ぶことをあきらめなければならないかもしれない。彼の眼が言葉よりも多くのことを語ってくれた。

同じ地域で、教師出身のシリア難民ボランティアから勉強を教わっているシリアの子供たちに出会った。難民が生活する瀬ないスペースを低学年と高学年の班に分けて毎週金曜にに2時間づつ授業を行っている。子供たちには勉強はそれ以上の意味を持つ。母国が直面している危機を理解するにはまだ幼い子供たちだったが勉強の意味をしっかりと分かっていた。失った世代にならないために平和を取り戻す祖国の再建に寄与できる世代になるためにじぶんたちが何をしなければならないのかということをはっきりと理解していた。

私にとっての俳優という夢がそうであったようにこの子どもたちには勉強が緊迫したものであり大切なものでありまた、たった一つの夢でもあった。私が出会ったすべてのシリア人の父母はきちんとした教育を受けられていない子供たちの世代を心配し憂いていた。彼らはシリアの希望の光になる子供たちの教育のためであるならばヨーロッパに行くのも怖くはないと話した。どうして多くのシリア難民が子供たちの命をかけてまで地中海を渡ろうとするのか、このとき理解することができた。

国連難民機構での活動もあっという間に3年目にはいった。この間私は、時に人間というものに怒りを覚え、世の中の関心のなさに失望し、自分の限界と無知を責めた。とんでもない数と数値の羅列。難民について話をしようとすると暗い現実は数値として現れるだけである。シリア難民中57%は女性と子供であり全体の子供の中で半数は就学の問題を抱えている。やっと学校に通えている子供の中でも20%は通うことをあきらめる。全体難民の40%は老人と障碍者であり、また40%は食料に困っている。

重要なのは数字ではない。すべては同じ人間なのだ。テントで生まれて20日なったヌリフ、シュバイツアーにあこがれて医者を夢見る9歳のハマド、爆撃によって夫を失い一人で5人の子供を育てている31歳のディマ、家族の未来を思うとだれかに首を絞められているようだと話す35歳の父であるハサン。難民は私とは違う人ではない。私たちと同じ、私たちと同じように夢を持つ普通の人々だ。ただ、彼らの人生において全く平凡でない困難にさらされているというだけだ。ひとつの若者の魂が夢をかなえる過程を、また、私は、一つの国家が壊れてしまうのではなく再建される過程をみんなで応援し助けることを信じて望んでいる。

レバノンに行くという記事はあったのだが、結果がなかったので、ここに載せておきました。
トップ画像はwww.unhcr.or.krから。




韓国人の情とは 정이 없다~giveしたから返せ返せ返せ!~

市場のおばちゃんたちは韓国の情にあつい代表のように思われるが、もっとも商人で狡猾だと思う。それは決して悪いことではないけど、なんか、ほんわかしたものを韓国に求めるなら残念に思うかも。

日本人が韓国人に言われる「情がない。(薄情だ。)’정이 없다’」というセリフ。はぁ?といつも思わされる言葉だ。今回は、この情という言葉について、表面的なことではなく、なぜ日本人がイラッと来るのか、ブラックな感情を掘り起こしてみようと思う。





情という言葉自体には愛情だとか、親近感とか、感動とか良い意味を上げればこういうことだろう。韓国語の情という言葉は. ‘정을 붙인다’ ‘정이 떨어진다’の慣用句として使われることが多く、日本人に投げられる言葉で多いのが’정이 없다’だ。直訳すれば、「情がつく(情がわく)」「情が落ちる」「情がない(薄情だ)」となるが、この言葉を使うとき一番大事なのは相手の出方である。例えばAが何か緊迫した状況にあるとする。助けてくれとBに行ったとしよう。Bは忙しいから行けないなど反応するとAは「情がない」と発言する。結局期待に答えてくれないBに対して「情が落ちる」ことになる。人として失格という烙印を押す言葉なのだ。
この背景には、AはBに対してよくしてあげた(give)のにAはBからお返しをもらえない(takeがない)といっているのだ。おれたち、そんな関係じゃなかっただろう?いろいろ助け合ってきたじゃないか、と。Bからしてみれば、行けないものはいけないと、行きたくないからそういうんじゃないという気持ちなのだろうが、もう人として失格なので、しょうがない。
情というと日本人には無償っぽい響きがあるように感じるが、全く違う。これだけしてやったのに何もリターンがないという実に計算高い言葉なのだ。
別に私も、計算高いことは悪いと思わないし、してあげたりしてもらったりがこの世の中の常。ただ、「韓国人は情があって日本人はない」というときに、韓国人が持っているtakeへの期待を消し去ってgiveの部分だけを見て言うのは韓国的な情というものを自分たちに適応するときだけ美化している。それはただケチだと思っているだけで、情どうこうではない。その部分にイラッとする。
오는 정이 고와야 가는 정이 곱다(自分から思いやってあげれば、相手も自分を気にかけてくれる)は가는 말이 고와야 오는 말이 곱다の仲間ことわざで、売り言葉に買い言葉のように訳される場合が多いが、韓国語のことわざ自体は、丁寧に話せば、相手からも丁寧な言葉が返ってくるという、肯定的な意味だ。しかし、日本人にむけられる言葉の意味はむしろ「丁寧な言葉使ってあげたんだからあなたもきれいな言葉使いなさいよ」、そして情については「私が思いやってあげたんだから、あなたも私を思いやりなさい!」と脅迫しているようにさえ感じる。




もうちょっと強度の低い「情がない(薄情だ)」でいえば、
A:友達と酒飲んでるからお前も来いよ。
B:いや、今日はもう遅いからやめとくわ。
A:薄情な奴だな

となるが、これが対等な友達関係ならいい。もし、仕事の関係ならどうか。「情がない(薄情だ)」は、人間失格の烙印に近い。だから断れない。上司ならなおさら断れないうえに、人間失格は嫌だ。それくらい薄情だの言葉には人格否定感がある。

どんな顔をして너는 정이 없네.と言われましたか?もしかしたら、韓国人ならこういう風にするんだよと教えようとしてくれてるのかもしれないし、仲良くしたいんだよ!という意味かもしれない。冗談で、お前って本当薄情だな!と、言っているだけかもしれない。もちろん私のようなのは深読みすぎる部分があるのかもしれないけれども、でも、イラッとする理由きくとちょっとすっきりしません?

愛情の情についてはまた今度。

参考サイト 얕은정과 깊은정




 

5年前の2010年にソウルの龍山にマンションを買ったのに価格下落…ある40代夫婦の涙

韓国の不動産については何しろ割高だというイメージしかなかったが、ここ数年では価格が落ちついてきたという。しかし、韓国国民にとって家を買うというのは自分で住んだとしても投資という部分があったので落ち着かれては困るのだ。住み替えるときには価格が上がりよりいいところに行けるという考えなのにここ数年は価格が高くなるどころか下がるところも出てきているという。





5年前の2010年にソウルの龍山にマンションを買ったのに価格下落…ある40代夫婦の涙

最も高かった5年前にはほど遠い…龍山区が価格下落が最も大きい

2016031609241146563_1

ソウルのマンション価格の上昇は開発において様々な良い要因があってこそ。しかし、龍山区の開発は事業計画が縮小されたり遅延したことによってマンション価格が下がってしまった。ニュースの取材を受けた夫婦は「ソウルのマンション価格は上がったとしても下がるなんて思わなかった。」と話す。ソウルの自治区別に見てみると、5年前につけた価格から下がってしまったところが半数近くある。(上図参照)

これから先もソウルのマンション価格が上がり続けるということには疑問符が付くが、供給過多になったソウル近郊の京畿道に比べればソウルの価格下落幅は小さいだろうと思われる。投機需要がひと段落し、実際の需要が中心となってきた。よって今までのように価格上昇幅が大きくない地域はこれからもっと上がると考え買うというのはよくないと指摘する専門家もいる。NH投資証券のある研究員は、「これからは価格が上がりそうなところを選ぶのではなく家族にとって良い場所を選びまた資金においても無理のない程度に収めていくマンション選びが増えていくだろう。」とコメントしている。

ニュース記事内容ココまで

韓国の不動産事情の現状はマンションを投機目的に買っていたけどここ数年上がらなくなってきた。またそれよりも前に不動産を持っていた人たちは次のところに移りたいと思っても価格が上がりすぎたために次への資金が準備できないという、結局誰にも嬉しくない状況になってしまった。これからも下がりにくいだろうと思われる江南区や瑞草区は教育競争によって価格が上がった典型的な街であり、5年前よりも上がっているからと言ってこれから投資に走るには割高感が高い。
結局投資だ投資だとすべての人が買いあさった結果、不動産バブルがはじけている感じは否めない。とはいっても、家賃が安くなったわけでもなく、庶民にはなかなか生活が大変な街であることは変わりないだろう。




韓国の教育問題の核心は親の欲

i
韓国の学校外の教育にかかわる教区費の支出額は上がる一方だ。(出典)
朴槿恵政権が当選当時「私教育費の負担の緩和」を教育部門の重要公約として掲げたが現実は異なる。また、学校外の教育を受ける学生は全体の68.8%にも上る。

韓国には、私教育費を下げるため公立や私立などの学校で放課後にも様々な勉強をすることができる放課後学校がある。2014年9月公教育正常化法の施行によって放課後教育において先行学習が禁止され学校外の塾に行く学生が増えた。先行学習とは学校での授業よりも進度を早く勉強する教育のことである。この記事によれば先行学習学習とは予習程度ではなく、一学期程度早く行うのが一般的であるが、早いところでは小学生が中学生の内容を、中学生が高校生の内容を勉強するなど、年齢に合わない勉強をすることになる。

ただ、先行学習に関しては意味がないという論争が韓国では続けられてきて、2014年に放課後学校では禁止された。また、塾によっても先行学習をかかげた広告はできなくなった。(が、実際には行われている)

この記事によれば、先行学習の効果は飛び級をするようなほんの上位数%の学生に対してのみ効果的であり、その他のごく普通の学生には何の意味もないどころかむしろ理解度や勉強に対しての興味を下げるものだという。

このように韓国では先行学習という教育方法が問題となり、一般の公共学校における放課後学校では禁止されるに至った。しかし、韓国には特殊目的高校というのがあって体育や芸術、科学や外国語に関して高校から専門的に学ぶ高校がる。これらでは学習内容自体が教育部の管理を全体的には受けないのでもとから難易度の高い授業を行っていると思われる。なのでこの部分における格差は解消できない、ということが再び論争されている。




韓国の教育問題を見るときにいつも気になるのがなぜ自由に競争することがそんなに悪いのかということである。どうであれ韓国は世界有数の競争社会。学校教育に競争するなするなといえばいうほど競争は激化するし、教育費は上がるのではないかと簡単に考えていた。

      韓国の教育はどこがうまくいっていないのだろうか?

http://www.ddanzi.com/ddanziNews/911374

上の記事の内容に関して、実際に韓国の私教育の影響を大いに受け、ソウル大に入り、会計士になり、アメリカに留学したキム氏がコメントしている。ネットなのでどこまで本当かはわからないが、嘘であったとしても読んでみる意味があった。

塾の先生は学校の先生よりよっぽど上手に教えてくださいました。塾において討論形式の授業もしたし、科学実験室までありました。

講師の先生は学校で人気があった先生でそこを出て塾講師をしていた方が多かったです。

個人的にはとても残念だと思う部分です。校長にでもなろうとしない限り若くて有能な先生は塾にスカウトされて塾に来ますから。学校には教えるのがあまり上手でない先生方が残っていくというのは本当に残念なことです。

 

個人で勉強してソウル大に入ったという人もいました。特に地方出身の子の中にはそういう子が多かったように思います。しかし、その数はどんどん少なくなっているように思います。特目高出身者が多くなってきています。

最近の大多数の社会において高位に位置する人々は自分の子供を初期留学させるためアメリカに送ります。そしてその多くがアメリカに住むのではなく韓国に戻り仕事を得ます。そうすると、アメリカにおいて教育を受けた人と韓国における公教育システムで育った人とでは不幸なことに前者のほうが競争力があるといえるようです。(教育の目的が仕事を得るためにあるのではないのですし、何かの統計を見て話しているわけでもないのですが。)

よって公教育のシステムを競争力のあるものにアップグレードしなくては、韓国社会において積極的に保護しなくてはいけない一般庶民の子供たちが相対的に損をするということです。これは教育を通して貧困の連鎖が起き社会階級を膠着化させる要素の一つといえるでしょう。

そして、そのために一番血を流さなくてはいけないのは公教育の教師たちだと思います。本当に教師が厳しく辛い仕事であるならばこんなに教育大学の競争率は高いはずがありません。感情的に書いてしまうならば、教連の先生や英語ができないような教師はすべてやめさせたほうがいいと思うくらいです。(何も知らない自分が感情的になってはいけないのでしょうが。)

ここからまずわかるのは、公教育における教師の質を上げる必要性があるということだ。そうすることで、多くの国民に学ぶ機会を与えられ、既得権益を持つ人の子供たちと戦えるということである。

      両親がやれといったことをそのままやってきたけれど、自分は今幸せではない。

引き続きキム氏のコメント

自分が会計士になってみると自分がそんなにかっこいいわけでもないのに女性たちに声をかけられるようになりました。また、クライアントから「会計士の先生」と言われたり、クライアントと高級クラブに行って女の子たちとお酒を飲んで遊んだのはとても快楽的で楽しかったんですよね。若かった頃は市民運動をしてマッコリのつまみにパジョンを食べながら社会の不条理を訴えていた自分が、その時は「大学の授業料が上がるとクラブの女の子の質も上がるなぁ」なんていうクライアントの理事の話を聞きながら笑っていたんですね。

留学に来た今、韓国の多くの親たちがアメリカの市民権を与えよとする気持ちも理解しながらも、自分は親にもならずシングルでいます。

自分が思ったのは物質的に裕福になることは幸せを保証をしないものの瞬間的には快楽を味わえるということです。そして、ほかの人にどのように快楽をあきらめろといえばいいのか自分にはわかりません。

だから、自分も親になったとするならば、私教育もうけさせるだろうし先行教育も受けさせるだろうということです。保守ではない進歩のふりをしながら結局は塾に行かせるそんな親に。

キム氏はそんな教育の恩恵を受けてきた張本人でありながら、それでも自分は今幸せであるとは言えない、と話す。




日本と決定的に違うのは「皆が一番を目指させる」ことだ。使役形なのはなぜか。一番を望むのは親たちであり、子供たちが心からすすんで先行学習をはじめとした勉強をやっている場合が少ないということだ。

日本の教育では「子供が望むことは何でもしてやりたい」といって、いろいろな習い事をさせ問題になる場合もあるが、韓国ではまず親がやらせる。いや、まずではない。最初から最後まで親がやらせるため競争は激化し子供の幸福度は下がっていく。競争が激化し苦しくなっているのは親自身でもあるにもかかわらず。

ただ、キム氏が正直に言うように物質的な快楽は一時的にであれかなりの幸福感があるということだ。だからこそその快楽が続くように物質的な快楽がきれないようにしようとするともいえるだろう。そのためには一番になれ、と。

島国であり多少個人主義が進んでいる私たちからすれば、なんで親がそんなことに口出しするんだとも思えるが、子の成果はすなわち親の成果。親にも取り分が生じると考える文化背景が強くあるといえるだろう。これは儒教的な影響があるのだが、死んでも親の子供は親の子供である。また、ある程度の生活ができればいいやという価値観も、40,50代の親真っ盛りの世代から見ればむしろ馬鹿な考えだといえるかもしれない。(ある程度でもなく最低限度の生活を何とかしていく世代が登場してきたのは日本も同じような道に進んでいくのだろう。)
もちろん、子の成功は親の成功と考え教育ママになるのは日本でもある現象であるが、それに関して社会へ与える影響は日本以上に大きいと肌で感じる。(数字ではないが。)

一番はもう嫌だ、自分の幸せを手に入れるため勉強や行動をしたいと思いながらもそうはできなかった世代が親になっていく今、多少は親の考え方の部分は変わっていくのではないのかなと期待する。だから、キム氏のように、それでも子供にはよい教育を与えようと思うのは間違いではないと思う。親として家を売り払ってまで子供に教育を受けさせるのが美談になるのではなく、自分のやれる範囲で、幸せを感じられるような生き方をできるようになるといいなと思っていることによって未来はあるんだと自分は信じたい。




アルファ高(校)に子供をいかせなきゃ・就職面接で一番強いコメントは「貴社の○○さんと知り合いです」

今日は簡単な記事を2つ。

「アルファ碁のおかげで韓国の中三の子供を持つ親御さんたちは大変だって」「だろうね。どの専攻にいかせるか考えるよね」「じゃなくてアルファ高(校)にいかせたいんだけどどこにあるかわからないって。」

アルファ碁の碁と高校の高が同じというギャグ。韓国語発音ではアルパゴで伸ばし音も表現されないので英語っぽくない。韓国語では碁はパドゥクなので無理もないと言え_るか?

次の記事

nggF6zgQ5tHRJnB1458308489_1458308896

就職試験の際、どのスペックよりも強いのが「知り合いがいる」。漢陽大の看護師採用試験で不正が発覚した。努力以外で就職が決まるということにおける反発のおおきさが現れている。
就職難で多くの人が苦労しているなか、腹立たしく思うのも無理はない。

こんなん別に日本だろうと韓国だろうと、目新しい記事でもないのですが題名がかっこよかったので。




 

韓国に行ってアカスリしてもらったら乳がんを見つけてもらえるかもしれない

韓国の総合病院で、乳がんを疑って来院する中年女性のうち、3,4人中一人はお風呂やサウナにいるあかすりの人に「しこりがあるから病院行ってみたら?」といわれ来院する人だという。乳がん検査がまだ浸透していなかったころには半数程度があかすりの人に言われて来院することが多かったという。
これには科学的根拠もあって、あかすりをするときは手を上にあげて、ベットの上に横になることで、わきの部分と乳房が広がる。すると、固い腫瘍が見つかりやすくなる。乳がんが最初に広がるところはわきのリンパの部分。垢をする際は石けんやローションなどを使って垢をするため感触も敏感になる。また、あかすりの人は多くの人の体を触るので直感的に腫瘍などの異物に敏感だという。後日、自分のおっぱいと命を助けてくれたと「サウナの名医」に感謝の思いを伝えに来る患者も多いという。

中略

韓国の生活文化と医療が協力して「ピンクスクラブ」というキャンペーン事業を行った。ピンクは乳ガン予防と初期発見の象徴する色であり、スクラブは乳房を定期的に触診しようという意味だ。韓国乳ガン学会は入浴管理を行う人々に正確な触診方法を広めるため講習を行った。病院だけが病気を見つける場所ではないということだ。長年の経験は人工知能も真似できない直感を生み、生活のなかにかくれている病気から人々を救うことができるだろう。

日本の温泉施設などにも垢擦りやマッサージの韓国のかたや中国のかたがいらっしゃいますが本場のようにはあまりやらないと感じます。また、しこりについて言ったりしたら日本じゃなんか怒る人もいそう。韓国の根付いた文化のなかだからできる試みだなと感じました。今度コリアンタウンであかすりしてもらおうっと。