「오늘의 한곡/今日のK-pop」カテゴリーアーカイブ

MVパクシネ出演 チョンジュンイル – Wish(願い) 日本語訳

全く更新しない本日の一曲が更新です。アイドルが全然わからないので、シンガーソングライターのチョンジュンイルをご紹介します。
韓国のバラード系もとっても素敵なのですよ!アイドルもいいけどやっぱり自分の歌は自分で歌ってほしい!キムドンリュル系が好きな方におすすめです。






続きを読む MVパクシネ出演 チョンジュンイル – Wish(願い) 日本語訳

ヨジャチング(G-friend),4thミニアルバムのティザー公開 fingertipの意味は?

ガールフレンドが4枚目のミニアルバム発売を3017年3月6日に控え、ティザーを公開しました。来週の週刊アイドルにも出演し、活動を活発に行っています。






続きを読む ヨジャチング(G-friend),4thミニアルバムのティザー公開 fingertipの意味は?

ピ(Rain)の新曲「最高のプレゼント」が微妙にJYP師匠の「昼の別れ」に似ている

ピ(Rain)の新曲が三年ぶりに出ましたね。テレビ初放送の舞台は音楽番組ではなくJTBCの「知ってるお兄さん」を選ぶなど、プロモーション活動も特徴的です。今回は、ダンス曲ではなく、バラード曲。「最高のプレゼント」という曲名で、Rain自身も、「プロポーズソングだ。」と番組内で語っておりました。







続きを読む ピ(Rain)の新曲「最高のプレゼント」が微妙にJYP師匠の「昼の別れ」に似ている

LUNA 루나 Free Somebody F(x)ルナソロデビュー曲

なんだかんだとこのブログでもSM扱ってるな。エンバとかルナとか非主流ばかりだけど。この曲はいいですね。なんだかんだとSMの曲好きじゃんと思いつつ、韓国では光速でランキング外に落ちました。スウェーデン系の作曲ですが私はめちゃくちゃ好きなんですけど、韓国では受けませんね。なんでだろ。しかしビルボードのワールドアルバムチャートでは3位にランクイン。(出典

続きを読む LUNA 루나 Free Somebody F(x)ルナソロデビュー曲

クァクジノン デビュー曲 一緒に行こう(日本語訳)賞金2000万円寄付の話


곽진언(KWAK JIN EON) _ 나랑 갈래(Go with me)

太陽の光が温かい日に一緒に旅行に行こうよ
帰ってこれないようにとても遠いところへ
太陽の光が暖かい日に一緒に逃げ出そうよ
帰ってこれないようにとても遠いところへ

가수 곽진언, 그는 왜 착한 거짓말을 했을까
クァクジノンは2014年のスーパースターK6で優勝し賞金2億ウォンを手にした。当時、インタビューには「まだ決めていないのでそのまま通帳にある」と話していたが、実は2015年11月に社会福祉共同募金会に寄付していたということ。匿名で行っていた。最近になって明らかになった理由は、デビューのためにいくつかうけたインタビューの中で直接的には言わなかったのをある記者が調べたようだ。デビューの宣伝なのではという声も聞かれたが、「そういわれるのは嫌だなと思ったけど、これから賞金は何に使いましたか?という質問を受けることもなくなったのは、それはそれで気が楽になったかな」と話している。
ほかのミュージシャンと切磋琢磨したうえでの賞金だったので自分のためだけに使うことがなんとなくできなかったと話したクァクジノン。やさしい声と同じような性格なのかな?とイメージアップになったかな?

所属事務所はイジョク、キムドンリュルなどと同じミュージックファーム。イスンチョル的に言えば「見せるk-pop」ではない数少ない?ミュージシャン。今後の彼の音楽に期待です!

Apink チョンウンジ – 空を見上げて(歌詞日本語訳)


정은지 – 하늘바라기 (feat. 하림) -Apink 에이핑크
再び、お父さんとの距離を感じる韓国の人々に捧げる春らしい素敵な曲の登場です。グループでのデビューから5年目で、ソロデビューです。小さいころの思い出がよみがえるようなミュージックビデオが女子アイドルのきらびやかさとは異なり、彼女のかざらない感じが現れているビデオです。
お父さんが帰ってくるのを待っている少女が、お父さんが大きく広げた腕の中に抱かれます。

曲は、二段横げり(イダンヨプチャギ)などとの共同制作。ハーモニカはハリムが演奏。

曲を作って一番初めに、お父さんい聞かせてあげたそうです。お父さんは「ありがとう。」と何度も言ってくれたそう。お父さんは、お母さんがするな!ということを一緒にしてくれるようなお兄ちゃんのような存在でした、と話します。

꼬마야 약해지지마
슬픔을 혼자 안고 살지는 마
아빠야 어디를 가야
당신의 마음처럼 살 수 있을까

おちびちゃん 弱くなっちゃだめだよ
悲しみは自分一人で抱え込みながら生きるんじゃないよ
おとうさん どこにいくの?
あなたの心のように生きることができるでしょうか

가장 큰 별이 보이는 우리 동네
따뜻한 햇살 꽃이 피는 봄에
그댈 위로해요 그댈 사랑해요
그대만의 노래로

おおきな星が見える私の住む町
暖かい太陽と 花が咲く春に
お父さんのことを思います
お父さんが大好きです
おとうさんのための 歌で

参考:뉴스에이드

お父さんに捧げるやさしい歌ですね!歌詞日本語訳はかなり意訳していますが、内容が伝わるようにしています。アイドルがつくる曲には多くが本職のk-pop職人さんがつきますね。イダンヨプチャギもかなりの曲を提供しています。ハリムさんはユヒヨルの仲間で自身の曲はあんまり人気薄ですが、(見た目もお坊さんみたいだし、いろいろな民族楽器を持っている)こういう情緒があるような演奏させたら本当に素敵ですね!

トップはミュージックビデオから

10cm십센치 – 봄이 좋냐?? (歌詞日本語訳) ~春なんていいもんじゃない!独り身の叫び~


太陽の末裔のサウンドトラック(OST)にも負けない!10cmの春の曲。
歌詞がめちゃくちゃおもしろい。

お前のいとしい彼氏は心の中ではネットカフェに行きたいんだよ
あー、すっげぇだりぃーってさ。

ぎゃはは!だよね、別に花見だからって、女は花好きだけど、男は本当に花のことなんてなんとも思っていなもんね。

おい、馬鹿ども!春なんてそんなにいいか?
桜がそんなにきれいなもんか!あほども!
どうせ桜なんて散ったらおしまいだよ
お前らも落っこちてしまえ
全部だめになっちまえ

など強がっているが

なんで自分には彼女/(彼氏)がいないんだろう?何の問題もないんだけどなぁ、という結局ただのやっかみという(笑)

こんな歌詞をメロディアスなギターに載せて歌うもんだから、おかしいしおもしろい!

過去、10cmは青少年保護コンテンツ指定を受けた。youtubeなどでは見れるのだが、韓国国内における音楽配信においては成人認証が必要な曲に指定を受けた。詳しい記事はコチラ(K-POPにおける青少年保護コンテンツについて)

インディーズバンドで売れたからというそれだけの理由で業界からいじめられたような気もしないでもない選曲だと思う。グラスとかクラブとかが不健全なものを連想させるなどとよく言ったものだ。

トップ画像は봄이 좋냐??ミュージックビデオより

SMステーション第7弾 F(x)エンバー ソロ Borders ~そのままの自分で~

壁を超えるときに窮地に追い込まれても決して怖がらないで。
まっずぐに立ち向かって自分の進む道のために戦かうんだ

F(x)のエンバが発表したソロ曲にはグループでは見せにくかった彼女自身の思いや考えがまっすぐに表れている。女性アイドルグループの中のトムボーイ的な立ち位置で男装女子という偏見も受けた。特に女性らしさということが強く要求される現代の韓国社会においては、「女性らしくない」ということそのことによって、いろいろなことを言われてきたのだろう。しかし、自分に対するどんな視線にも堂々として自分でいることを宣言した曲になっている。

ここにきてSMがSMステーションでどんなことをやろうとしているのかが見えてきたように思う。グループという枠の中では見せられないそれぞれの魅力を見せる場を作りたい。事務所という枠を超えたり、音楽のジャンルすらも超えクラシック的なものも発表している。

エンバーに関していえば、自分が受けてきた偏見に関して曲を出すことは初めてではない。2015年に発表しているソロアルバム曲beautifulで「とがった言葉が心深くに突き刺さる 世界は狭いけど私はほかものでない私自身になる 私が私でいられることが幸せ」だと歌う。

自分のことについてインスタグラムで語ったこともあった。英語を韓国語に訳したものをまた日本語にしているのでそこはご勘弁を。

I never want to be forceful but there comes a time where i need to put my foot down on something i strongly believe in. Due to recent events i want to address something: I've been a tomboy pretty much all my life and honestly, to put it short, it really sucks sometimes. Haters can and will hate, but insulting me in front my face is totally different thing. I personally believe girls and boys are not limited to one specific look. Beauty comes in all shapes and sizes. We are all different. If we all sang the same melody how can there be harmony? Dont judge someone just because they're different. Hopefully we can all grow to respect each other's differences. Im always trying to stay positive and happy. I love my life, my work, and the people who are constantly supporting me. I am always thankful because i know i cant be here on my own strength. With every mistake, i analyze my fault and then try to better myself. I know i can't be perfect but i will always try to be my best. In regards to that, i want thank everyone again for constantly encouraging me and believing in me. To put it simply, love and help one another. And for people who are struggling, always be yourself. Being true and real to who you are is the biggest thing you can do for yourself. Love life, work hard, and chase your dreams. Thank you again.

Amber J. Liu(@ajol_llama)님이 게시한 사진님,

(意訳)自分のことを嫌いな人は変わらず嫌いなんだろうけれどもそれをその人に直接言い、冒涜するというのは全くの別物だとおもう。女と男どちらかの外見にとらわれるものではないと思う。美しさとはどんな形からもどんな大きさからであっても現れるもの。すべての人はすべて違う。たとえば、歌を歌うときみんなが同じに歌ったならばハーモニーなんてできない。人と違うということによって人を判断しないで。お互いの違いを尊重しながらお互い成長していけるそんなふうになればいいのに。どんなときも自分自身でいるということ。自分自身に誠実にいるということが自分のためにできる最も大事なことだと思う。

最後にテレビに出演した際に語ったエンバーが明確な思いをもって音楽活動をしていることがわかるコメントを紹介しよう。

歌手というものはメッセージを伝えなければならないものだと思うんです。音楽でね。いじめられてるひとや傷ついている人たちに克服できると伝えたい。エンバーも克服したんだからあなたもできるんだと、そういうメッセージを歌を通して伝えたい。
Mnetサガジショーより

参考サイト:양희은, 이선희, 이상은, 엠버
トップ写真はエンバーのインスタグラムより

LADIES’ CODEーGALAXYとプロデューサー集団MonoTree

레이디스 코드ー갤럭시

無限挑戦のエンディングで流れていて、おぉ!これは好みだと思って調べたらMonoTreeの全面プロデュース曲ということで、結局この人たちの音楽が好きなだけじゃんという。LADIES’ CODEはメンバーの不慮の事故から二年ぶりカムバック。デビュー当時から実力派だったが今回のカムバックの音を聞けば音楽的に力が入っているな、と感じる仕上がりだ。で、このミニアルバムのプロデュースをしているモノツリーは事務所を関係なく幅広い事務所と仕事をしているK-POP職人である。레인보우 (RAINBOW)ー보고 싶다는 그 말도(会いたいという言葉さえも)、NU’ESTー티격태격、f(x)ー When I’m Aloneなどなど。




なかなか中毒性のあるステラの曲もモノツリーのメンバーGDLOが作った。(GDLOは中心3人には含まれないが所属はモノツリー)

このモノツリーという集団構成がなかなか面白い

作曲家ユジサン(G-High),ファンヒョン、イジュヒョンが中心となったプロデューサーグループモノツリー(MONO TREE)。この三人を中心に音楽制作者が10名ほど所属する会社だ。2014年12月に法人化、2015年2月に録音スタジオと制作スタジオを持つことになった。全世界に向けて拡大するK-POP市場を狙いよりシステムを強化していく方向だ。

音楽の多様性を確保し、それぞれが自分の色を出しながら一人の力だけでなくチームで曲を作っていく。このようにすることで、様々なアーティストの色に合わせて様々なジャンルの曲を作ることができるという。

K-POPは音楽の周期が短いのでたくさん作ることが必要だが、音楽制作を個人でなくチームで作りそのうえで個人の色をだしていくというこの方法は目から鱗だった。もちろん音楽というのが一人で作れるのもではないが、作詞作曲者はひとりでなくてもいいというのは確かにそうである。

メガヒットを出すことも大事です。だけどまた多くに知られていない歌手やイメージが固まってしまった歌手を変身させたいんです。自分たちが作る曲でその歌手がまた違うポジションをえることができたらそれは製作者として最高に幸せなことだと思います。だれもが好むような音楽よりは、アーティストにとって最高の曲になるようにと考えています。

このような考えはLADIES’ CODEの今回の音楽を聞くだけで納得がいく。これからもモノツリーの音楽に注目していこうとおもう。




私にとっては、マスタリングがbk! of Astro Bitsだったというのが一番の収穫だった。何年たっても聞きたい曲って変わらないんだなと思う。韓国人の中でもアストロビッツ知ってる人ごく少数だと思うが。
トップ画像はLADIES’ CODEーGALAXYミュージックビデオから。




 

あ、まりこさまがKpopのMVに出てる?


지코 (ZICO) – 사랑이었다 (Feat. LUNA of f(x))

ラッパーのZICOがfxのルナに歌ってもらった曲。ZICOの曲だと思ったら一向に歌わず最後まであれ?ZICOは?と思っちゃうファン続出。コメント欄には、聞けどきけどZICOパートはない、、と。
なんでまりこさまなん?いや、素敵な曲ですけど。

一部歌詞

시간 지나면 다 없었던 일
잠시 미쳤다 생각했는데
사랑이었다 사랑이었다
이제 와 보니 사랑한 거였다

時間が過ぎればすべてはなかったこと
一時の気の迷いだと思っていたけど
それが愛だったんだ 愛だったんだ
ここまで来てわかった それが愛だったんだ

ZICOぽくないけど、それが狙いなようです。こんなきょくもかけるぞ!と。