「タンタラ」タグアーカイブ

タンタラ最終回あらすじ ラブライン総整理とわき役たちのその後

最終回ですね。ラブラインの総整理みたいな回なので、そう驚きなことはありませんでした。イジヨンも、ジュハンももちろんイジュンソクも全部出てきます。

 


続きを読む タンタラ最終回あらすじ ラブライン総整理とわき役たちのその後

タンタラ17話あらすじ 一緒に暮らしませんか?with me.

ta112

ソクホは漢江の橋の上でハヌルが歌手になるためサインをしたことを思い出しています。「ソンヒョン、俺が約束守るまで時間かかっただろ?今度はお前の番だ。お前に曲を返さなくちゃな。」

チェジュナは空港に向かうときです。ソクホは挨拶に来ました。ありがとうを伝えます。

ta113

その足でソクホはジヌと会い、ジヌは曲を返さなくてはいけないとソクホに話します。「二度と舞台に立つのが難しくなるかもしれないぞ」「兄さんこそどうするんだよ、このことを明らかにしたら俺ら二人とも拘束されるかもしれないのに。タンタラのことどうするんだ?」「そうだな、どうするかな。」

 


続きを読む タンタラ17話あらすじ 一緒に暮らしませんか?with me.

タンタラOST 総まとめ

タンタラのサウンドトラックです。ドラマの中のシーンが満載ですので、思い出しながら聞いてみてくださいね。一部日本語歌詞ありです。

 


続きを読む タンタラOST 総まとめ

タンタラ16話 あらすじ ハヌルの説得

結局現れたチェジュナでした。


 
続きを読む タンタラ16話 あらすじ ハヌルの説得

タンタラ15話 あらすじ 真実を知っても兄の歌を歌う決心をするハヌル

ハヌルは強いですね。真実を知ってもなお兄の歌を歌うと決心します。

続きを読む タンタラ15話 あらすじ 真実を知っても兄の歌を歌う決心をするハヌル

タンタラ14話 あらすじ ソクホがソンヒョンの真実を知る

ソクホが兄の死の真実を知ります。

イジュンソクはタンタラがチェジュナの曲を歌うことになると知り、過去が明らかになってしまうのではとジュハンを呼びます。まだ理事ではあったのね。

ハヌルは車の免許を取りソクホに運転を教えてもらいます。「社長、時々車貸してもらえる?」「グリンに載せてって言えばいいだろ?」何しろハヌルにチェジュナの曲を歌うことになったと説明しますが、ハヌルはチェジュナを知らないようです。「そんなヒット曲を歌うなんてちょっと気が重いな…」でも大きな舞台だと聞いて、アクセルを踏むハヌル。

タンタラの家にエルジョ君の美しいママがやってきます。ごはん代を渡しに。そして、しっかり食べさせてくれとカードもくれます。空気清浄機を買ってくれたお母さん。「ソクホ社長にジェフンがドラムを演奏する写真はもう送らなくてもいいと伝えて。」と。認めてくれたんですねぇ。ママと一緒に外で話します。ラーメンの広告が気に入らないようですが(笑)表情は柔らかいです。

ミンジュが財閥の娘だということがヨンスとの写真を撮られて記事になります。マンシクについては…翻訳しませーん。

ミンジュは父の会長のところに行って、ヨンスのことを説明しに行きます。子供がいると聞いて、「お前よりましだ」と(笑)

事務所に来たミンジュはみんなに聞かれますが。マンシクの言葉は訳しません!!「みんなで食事しよう!ミンジュ社長のおごりで!」とカイルは言ったのに結局バンドの練習部屋でジャージャー麺を食べるハヌル以外の4人。「お母さんがちゃんとしたもの食べろってカードまでおいてったのに、ジャージャー麺でいいのか?」「考えてみろ。俺はジャージャー麺を食べ始めてまだどれだけもたっていないのに、ほかの人はこれまでどれだけ食べてきたか。だからいまたくさん食べなきゃいけないんだ!」とジェフン。

ハヌルが免許を取って、ソクホも飲酒運転で停止された免許を再び取り直しました。ハヌル以外のメンバーに「泣いてもいい」を聞くようにCDを渡します。カイルが編曲することに。

ジュハンはイジュンソクに呼ばれます。ジュハンは退職願を渡しに来ました。理事になる前の姿に戻ったジュハンです「このままやめたらイジュンソクに黒いことをやらされて責任を押し付けられて、結局お前に同情する人がいっぱいなのは分かるだろう?すぐ仕事に復帰するのは難しいだろう。まずチェジュナを探せ。」完全に怖がっているジュハン。「そんな黒い仕事じゃない。2枚目のアルバム出してから行方が分からなくて、3枚目を出したらどうかと思って。嫌ならほかのやつにやらせてもいいのだが。」探してみるというジュハン。


チェジュナはイヒョヌ!!!!!ちょっと年取った姿…でも歌声は相変わらずです!私嫌いじゃないのですが…若い子にはどうなのかな?

ミンジュと編曲について話すソクホ。「これだったら売れそうね。」「KTOP側でデジタル配信させないかもしれない」と。「お金儲けが大変ね。」「お前は別に儲けなくていいだろ。」「私は父親が稼いだお金が嫌なの。父親の会社は非正規雇用率が1位。不正会計操作が4回。そのたびに車いすで移動して…」 ビョン社長もミンジュのことを聞きつけて事務所に来ます。そしてチェジュナのCDを発見して…ビョン社長はなんでこんなことになるのか…という思いに絶望します。

グリンは仕事を終え事務所を出ました。そこにはソクホの車。グリンはソクホが免許を撮り直したら花を見に連れて行ってくれるという話を思い出してうれしくなりますが、乗っていたのはハヌル…

花を見に行こうとグリンを連れ出すハヌルですがソクホの話ばかりするグリン。事務所に携帯を忘れたとグリンとハヌルは二人で戻りますが、ハヌルは行くところがあると先に行きます。「夜運転するのは疲れるわ、やっぱり。」

ソクホは曲を聴くために事務所にいました。おなかが鳴ったグリンに食事にいこうと誘います。ハヌルは花を受け取りに花屋へ。そしてグリンと行くつもりだったレストランへ…ヨンスを呼びます。ヨンスはすぐに気づきます。

ソクホはグリンと曲について話します。「あの曲を聞くとなんか辛(から)いんです。ひりひりして。そしてなけてきちゃうんです。」「俺もそう思う。通じてるな。今回は曲を主人公にするのがいいと思うんだ。練習をしているそのままの感じで。」

ハヌルはヨンスと話します。なんで一緒に来なかったのかと聞くヨンス。「違う男の話ばかりするんだ。でもとてもうれしそうに話すから。だから言えなかった。」聞いているヨンスもつらそうです。


ビョン社長はソジュで一人酒です。「こんなひどい運命があるんだな。ハヌルは自分の兄が作った曲だとは知らずに尊敬していると言って歌を歌うだろうに。ソンヒョンお前がこうしたのか?悔しくてか?そうだったらお前の弟が傷つくんだ。」席を立つビョン社長。

ファンにヨンスとハヌルの写真を撮られてソクホと食事中だったグリンにカイルは写真を送ります。その写真を見たグリンは自分がいいなと言っていた白い花だけで作った花束がレストランのテーブルの上にあるのを見て、ハヌルの気持ちに気づきます。

部屋に戻ると白いバラが置いてあります。グリンではなくお姉ちゃんと呼ぶハヌル。いつもはグリングリンと呼んでいたのに。「私のこと好きなの?」(気づくの遅いわ、グリン。)「当然だろ。おねえちゃんなんだから。おやすみ!」部屋を出て涙を我慢するハヌルです。

ビョン社長はソクホにチェジュナの歌は歌わないでおこうと話します。「正直ビョン社長がタンタラのことについてあれこれ言うの自体がおかしいでしょ?この業界のこと分かってるじゃないですか。新人が大きい舞台に上がれるのは簡単なことじゃないでしょ?」「ハヌルがあの歌を歌っちゃいけないんだ!」「なんでそん….」「あのうたはソンヒョンの歌だから!」何の話だか分からないソクホ。イジュンソクを止められなかった、3週間でチェジュナのCDが制作された、と。ソクホはソンヒョンが自殺したことを知ってしまいます。漢江の橋には遺書はなくチェジュナの2枚目のアルバムだけが置かれていた、と。

「イジュンソク!!!!!俺が殺してやる!!!!!!!」

タンタラ13話 あらすじ 兄の死の真実

「この指輪素敵!なんかあったの?」
「グリン、俺お前のこと好きだ!付き合ってほしい!
「なに?何考えてんの?」
やっぱりグリンはまともに受け取ってくれませんでした。

今回は見ていて腹が立ちます。ちょっとね…グリンが声を荒げた気持ちがよくわかります。
そして、ハヌルの兄のことも明らかになります。


続きを読む タンタラ13話 あらすじ 兄の死の真実

タンタラ12話 あらすじ ハヌルの告白、ヨンスの別れ

今回はラブラインの話ばかりで、ほとんど歌わないです。ただの恋愛ドラマな回です。
バンドドラマじゃなかったっけ?いいえ、ヒューマンドラマでもあるんです!

ta80

ソクホはグリンと二人で相合傘をしながら甘いものを食べに行こうと、カフェのピンスを食べに来ました。そこでグリンがハヌルの家に入ったいきさつを聞きます。「グリンの緑の傘は誰かいるのか?大黒柱として辛いこともあっただろう。」「一度泣いてしまえば大丈夫です。誰もいないところで泣いてしまえばまた力が出るんです。」「これからは泣きたいときは電話しろよ。横にいてやるから。傘にはなってやれなくても横にいてやるから。」

ta81

ソクホと別れて家の前に行くと雨に濡れたハヌルが立っています。「なんで雨に濡れたの?傘も差さないで!風邪ひいちゃうよ。」「傘がなかったから…家に入ろう。」

ta82
グリンはソクホの言葉を思い出して「横にいてくれるのが傘ってことじゃん。」とにやにやしています。
ハヌルは…二人の後姿を思い出してちょっと晴れません。

ハヌルの記事を書かせた記者がジュハンをもとを訪れます。イジヨンはルナで、ハヌルの事件とルナと関係があるのではないのか?と。「ハヌルの時は細かく教えてくれたのに、イジヨンのことについては反応が違いますね。」するどい記者。お酒の席を準備するからと暗に記事書かないでくれと言いますが…「記事書きますから。」と記者。ジュハン…止めなきゃ!

KTOPの顧問弁護士が社長にジヌはCMの損害賠償などでかなりの額を払うことになるだろうと説明。イジヨンのことについてはまだ大きい話になっていないと報告します。

ミンジュが事務所にいるとき、ファンミーティングに来ていた美人の女性が訪ねてきます。ヨンスに手紙を託したようです。彼女はヨンスの初恋の人だったようです。

ta83

記事が出て、ルナがジュハンを訪ねます。ルナが弟に撮らせた動画には何が写っていたのか…ジュハンがハヌルを棒で殴ってそれを隠すためハヌルに暴行されたと警察に電話するよう言った場面が写っていました。「ジヌのようには倒れない。社長には勝てなくても、一人では死なないからね。わかったでしょ?私を捨てたらどうなるか。」

ta84

ソクホもソクホで動きます。まずはルナを揺さぶります。飲み屋からジヌを抱えて出てくる写真をメンバーの前に。「イジュンソクが次に切るのは誰か?お前は賢いから何となくわかるだろう?ジヌは稼いだ金があるからなんとか違約金も払えるかもしれないけど、お前はどうだ?会社側はお前に損害賠償するだろう。家の中に赤いシール張られて大変になるぞ。」「私はジヌのようにはならない。」「なぜ?動画があるから?」「どうしろというんですか?」「お前は友達を裏切ったヤツ。動画を撮ってKTOPを脅してデビューしたやつ。もう記事も見ただろ?お前はもう終わってるんだ。動画を渡せ。」明日まで連絡がなかったらこの写真がネットにまかれると、警告し去ります。
(このシーンのイジヨンは可愛かった。初めてかわいいと思えた。)

ta85

ジュハンに見つかりますが、ソクホはひるみません。「刑務所の飯はどうかな?拘置所の飯は悪くなかったよ。」と、戦闘モードです。

チャニ母からヨンスへの手紙には「チャニに会いたいというのは悪いことよね?」と。ヨンスは結局彼女と会うことにします。

ハヌルはラジオ局を回って疲れているグリンに「星を見に行こう」というのですが、グリンは、デートとは思わず、散歩行く?などと言います。腹を立てて出ていくハヌルに「なんで?」

ta86

イジュンソクはジヌに会い、「お金のことは会社で処理するから心配するな、少し休むか?」と話しますが、ジヌは動画の足の犯人が誰なのか、事件の真相がわからないと気持ちよく休めないので、考えてみます、と。

ta87

ソクホは事務所から帰ろうとしてタンタラの家に自然と向かいました。偶然グリンがゴミを出しに出てきます。「なんで一日中連絡取れなかったんだ?事務所に出勤はしたのか?」「ラジオ局回ってて倒れそうに疲れてるんです。でも、社長の顔みたら疲れが飛んできました!」「忙しくても一日一回は会おう」「社長が忙しいかと思って事務所によらなかったんですけど、これからは一日一回は顔見るようにしますね。」

ジュハンは写真のことや動画のことを社長に報告し、ルナを連れてこいと言います。ありがとうございます社長!と助かったという表情のジュハンですが…

社長はルナに「俺のもとを去った二人は散々な目にあっているだろう。お前くらいは俺が守ってやらなきゃな。」社長!ジュハンをどうなさるおつもりで。

グリンはハヌルとカイルとジェフンを連れて天文台へ。
ヨンスはチャニと母に会いに行きます。チャニはまだ母だということは知りませんが。

ta88

「音楽まだあきらめなかったんだ。」「なんで出て行ったんだ?100日になったチャニのミルク会に行くって財布だけ持って出て行った。恨んだりはしてないけど、なんでだ?気になるんだ」「お母さんが毎日地下の部屋の家の前に来てたの。若くてわからないだろうけど将来後悔するわよ、って」「お前を愛するには、あまりにもお金に余裕がなかったんだな。」「スーパーに行くって言って出てったと気もお母さんの車が止まってて、その日すんごく辛くて、そのまま車に乗って逃げたの。」「俺もチャニも今は大丈夫だから安心して暮らせ。チャニに会いたかったらいつでも会いに来ていい。」「もう来れない。私結婚するの。」「よかったじゃないか。」「ごめんなさい。」
走り寄るチャニ。おなか減ったと、三人でトッポキを食べに行きます。水を入れてくれたり、さましてくれたり…
寝てしまったチャニに「挨拶もできないのね」と。「ガウン、全部忘れて幸せにならなきゃだめだぞ。分かったな?」「これからも応援してる。チャニに何かプレゼントしてもいい?」「いや、やめておこう。俺たちは全部忘れていこう。」「わかった。体に気を付けて。私もそうする。」

ta89

目を覚ますチャニ「ママ行っちゃった。もう来ないの?ママでしょ?トッポキ辛いの洗ってくれたし、水も入れてくれたし、チャニのママでしょ?」

家の前で。ミンジュとヨンスは話します。「おかげで気になっていたこともわかりました。」「何?」「なんで彼女が出て行ったのか。」「なんで?」「自分が足りなかったんです。」「ヨンス、もうそんなふんには言うのはやめて。あなたは背も高いし、顔もかっこいいし、心もやさしいし、責任感もあるし、笑った顔がとっても素敵な男なのよ。だからそんな風に自分を責めないで。昔の人は忘れて新しい人を考えなさい。25歳はそういう年よ。」ヨンスそういや若いんだよね。ミンジュとは結構な年の差じゃ!?

ta90

イジヨン(ルナ)は結局動画をソクホに渡しました。「次に切るやつは私じゃなくてキムジュハン。でもその次は私を切るはず。順番が変わっただけじゃない。」ソクホは警察に向かいます。

ta91

ハヌルはグリンに指輪を渡し「付き合ってくれ」

 

——————

チャニが「ママでしょ?」と泣きじゃくる場面はコチラも涙なしには見れません。チャニいい子やしヨンスもやさしすぎる。ヨンスにとっては彼女のことは過去のこととであり今はミンジュにメロメロだけど、チャニはママのやさしさを知らないんだもんね。その分やさしいヨンスだけど…ヨンスもヨンスで泣きじゃくってましたね。自分の若さや、自分の至らなさ。

母も本当に幸せになれるの?結婚して幸せになれと言われても。でも、それがいいと思ったんだもんね。がんばれ。

あと、はじめてルナのスクショしたような気がする。ルナはずっと強がってたけど、さすがにソクホの揺さぶりには表情を変えます。なんだかわいいんじゃん。今回はルナスクショ二枚です!

タンタラ11話 あらすじ ファンミーティングでの真実の公開

ハヌルの記事が出て、収録を終えたテレビ局に記者が押し寄せました。ソクホはネットを見るなと言います。

ハヌルは携帯でコメントを読んでいます。グリンには大丈夫だといいますが…

続きを読む タンタラ11話 あらすじ ファンミーティングでの真実の公開

タンタラ 10話 あらすじ ハヌルの宣戦布告

「この世でたった一人、徹底的に壊れればいいと思う人間が、お前だ。」


続きを読む タンタラ 10話 あらすじ ハヌルの宣戦布告