韓国と日本の結婚しない理由の違い

韓国中央日報と日経が共同して低出産について20~40代にインタビューした結果、韓国と日本では多少異なる結果が出た。日本の分析は置いといて、こちらでは韓国の分析を少し見てみたいと思う。


続きを読む 韓国と日本の結婚しない理由の違い

5年前の2010年にソウルの龍山にマンションを買ったのに価格下落…ある40代夫婦の涙

韓国の不動産については何しろ割高だというイメージしかなかったが、ここ数年では価格が落ちついてきたという。しかし、韓国国民にとって家を買うというのは自分で住んだとしても投資という部分があったので落ち着かれては困るのだ。住み替えるときには価格が上がりよりいいところに行けるという考えなのにここ数年は価格が高くなるどころか下がるところも出てきているという。





5年前の2010年にソウルの龍山にマンションを買ったのに価格下落…ある40代夫婦の涙

最も高かった5年前にはほど遠い…龍山区が価格下落が最も大きい

2016031609241146563_1

ソウルのマンション価格の上昇は開発において様々な良い要因があってこそ。しかし、龍山区の開発は事業計画が縮小されたり遅延したことによってマンション価格が下がってしまった。ニュースの取材を受けた夫婦は「ソウルのマンション価格は上がったとしても下がるなんて思わなかった。」と話す。ソウルの自治区別に見てみると、5年前につけた価格から下がってしまったところが半数近くある。(上図参照)

これから先もソウルのマンション価格が上がり続けるということには疑問符が付くが、供給過多になったソウル近郊の京畿道に比べればソウルの価格下落幅は小さいだろうと思われる。投機需要がひと段落し、実際の需要が中心となってきた。よって今までのように価格上昇幅が大きくない地域はこれからもっと上がると考え買うというのはよくないと指摘する専門家もいる。NH投資証券のある研究員は、「これからは価格が上がりそうなところを選ぶのではなく家族にとって良い場所を選びまた資金においても無理のない程度に収めていくマンション選びが増えていくだろう。」とコメントしている。

ニュース記事内容ココまで

韓国の不動産事情の現状はマンションを投機目的に買っていたけどここ数年上がらなくなってきた。またそれよりも前に不動産を持っていた人たちは次のところに移りたいと思っても価格が上がりすぎたために次への資金が準備できないという、結局誰にも嬉しくない状況になってしまった。これからも下がりにくいだろうと思われる江南区や瑞草区は教育競争によって価格が上がった典型的な街であり、5年前よりも上がっているからと言ってこれから投資に走るには割高感が高い。
結局投資だ投資だとすべての人が買いあさった結果、不動産バブルがはじけている感じは否めない。とはいっても、家賃が安くなったわけでもなく、庶民にはなかなか生活が大変な街であることは変わりないだろう。