「無限挑戦」タグアーカイブ

[koreal感想]500回特集…無限挑戦の終焉の香り

見ていて悲しくなった。無限挑戦のメンバーたちは早々に戦線離脱し、画面に登場するでもなく、気も緩み、ただ雑談しているだけ。500回目をなんとか番組にしたのはユジェソクと、あくまで臨時メンバーもヤンセヒョンであった。



大っぴらには言及しなかったもののチョンウソンやチュジフンなどの俳優メンバーは映画「阿修羅」の宣伝のために出たのであり、あくまでもゲストにかかわらず、今回の壮大な鬼ごっこを盛り上げた。チョンウソンのバライティーへの適応能力なしには、そもそも番組にならなかったのではないかと思うと、ぞっとする。

無限挑戦のメンバーになってだいぶたつにもかかわらず一向に適応できないグァンヒを持ち上げるべく、最後を決めさせるために彼に大きな任務を与えたわけだけれども、最後まで「演出だったんじゃね?」とは思わざるを得ないグァンヒの的を得ない行動と言動。クァクドウォンの「お前、このゲーム数時間やってんのにまだルール分かってないのか」という言葉は、「お前まだムドに適応してないのか」という風にも聞こえた。「無限挑戦を10年もの間引っ張ってきたのは大変だったに違いない」とユジェソクに言ったドウォンの言葉がすでに悲しく聞こえるほど、ユジェソク以外のメンバーの力のなさが際立ってしょうがない。

ハハは始まってすぐ凡ミスでつかまるし、パクミョンスはうっかり口を滑らせて重要な秘密をばらすし、チョンジュナはまぁ、相変わらずといえばそうなんだけど凡庸なつかまり方。お前らが作ってきた番組だろ?まぁ、こいつらの力じゃなかったのはそうなんだけれども。

過去の壮大鬼ごっこではノホンチョルの詐欺師っぷりで盛り上げていたし、チョンヒョンドンがいない今、体を張って一生懸命走ることすらメンバーはしない。グァンヒがカメラ監督を振り切ってまで走るのはもうテレビ出演者として失格だし、なんかもう悲しいだけの500回だった。



 

こんな風に限界が見えてきていたので、いざ戻れるようになったときにはノホンチョルもチョンヒョンドンも戻ることを選ばなかった。戻ったところでもとの無限挑戦の面白さまでまた上がるのは至難の業だと判断したのだろう。

視聴者も視聴者で無限挑戦を好きすぎるあまり、これに戻ってこない二人を悪く言うなど言動が宗教的と感じるくらい狂っているコメントも出てきた。ムドを面白くないと言えない雰囲気がむしろムドをより面白くない方向へ引っ張っているという現実。そしてそれをわかっているユジェソクが一人頑張っているがほかのメンバーはユジェソクにおんぶで抱っこで危機感が全くない。どうしたものか….

ヤンセヒョンが面白くないわけではないが無限挑戦らしいぶっ飛んだ笑いではない。頭がよくてしっかりと「笑わせている」お笑いだ。ノホンチョルのトライっぷり(頭がおかしいというちょっと良くない表現ではあるのだけども)の異次元の笑いとは異なる笑いで、悪いわけじゃ決してないけど無限挑戦じゃなくても見れるよね、ランニングマンでよくね、という番組に終わってしまったように感じた。

なぜそんなに外の撮影にこだわったのだろう。なぜそんなにリアルバライティーにこだわるのだろう。俳優たちとのスタジオ撮影でもよかった。500回を振り返ってスタジオでやっていたゲームをもう一回やってもよかった。鬼ごっこにこだわらなくてもよかったのに。

結局制作サイドも過去の鬼ごっこの笑いを求めていたのだろうし、鬼ごっこの輝きも求めていたのだろう。しかし、結局見えたものは「過去のようなお笑いはそこにはない」ということだけだった。今回出てもらった俳優陣には何の欠点もないしむしろ盛り上げてもらったのだが、それはそれで悲しい現実を映しただけだったとかんじた1時間だった。


 

MBC無限挑戦 ジェクスキス復活編 スクショあり

こんな格好して、自分たちが人気あったってのが不思議だよね。(ウンジウォン)

韓国は先々週から来週までジェクスキス週間でございます。私としましてはHOTファンですので、関係ないやと思いながらも、昔とは違って本音で話せるようになり、年を取った今だからこその魅力も伝わってきて、面白く見ています。応答せよシリーズの人気もあり、たいへん話題になっています。ウンジウォンはいろいろ出てるから書かなくてもいいよね?やっぱりジェキの一番お兄さんだし、カリスマあふれる感じはあるけど、時々ウンチョディン(ウン小学生)の朗らかな感じも出てて、やっぱ魅力あるなと。

me6 冷凍人間カンソンフンとして、アイドル時代と変わらない歌の実力と美貌(?)を維持。歌もうまいし、見た目も変わらないし、よく笑うし、そしてやっぱりかっこいい。5人で集まってすぐにやらされたカラオケの時もダンスも一番覚えていたし、歌は自分のパートはもちろん、コジヨンのパートも歌うなど、アイドル時代から時が止まっているとしか思えない完璧さをアピール。ダンス練習では、足の指を骨折してしまいましたが、メンバーには言わないで練習を続けていたというプロ根性をみせていました。今回のムドで一番株を上げたかな?

me2

どうやらイジェジンから今回のゲリラコンサート情報は漏れたようです。釜山の友達に言ったと(笑)。ユジェソクに対しても自分の意見を貫く姿に、この先バラエティからのお声がかかりそうな感じです。立ち位置は不思議ちゃん枠ですが。ユジェソクをもイラつかせる不思議ちゃんだけど、自分で「ダンスに関してはHOTのウヒョクに一週間も練習すれば追いつくよ。」なんてひょうひょうという感じが、なんだか憎めないのです。ユジェソクの「ダンス練習みんなとしてて楽しいでしょ?」という質問にも「正直特別面白かったわけでもないけど?みんなで練習を一生懸命やってた時があったからすぐに練習にも慣れた。」と独特な会話を披露しておりました。写真のコメントは「なんかジェクスキスのまねをしてるかんじがする」とやはり独特です。

me3立ち位置は大体右端、キムジェドク。頭に星をつけたり白い帽子をかぶったりと目立つ衣装が多かったのは、そうしないと本当に目立たなかったからとウンジウォンに暴露されておりました。そんないい方されてもニコニコして「そうそう。」と話す姿がかわいくて仕方がないです。本コンサート前のハナマナのゲリラ行事時にはアクロバティックなダンスを数少ないお客さんの前でもしっかりこなしておりました。「みんなとするダンス練習もすごく楽しい。みんなとピタッとあうときがすごく気持ちがいい。」と話すその姿は少女のよう。復活を誰よりも楽しんでいたのは彼かな?

me420年間変わらない表情ジャンスウォン。書くことは特にない(笑)

me5最後まで出るのか謎でしたが、結局ダンスはせず歌だけはしめのコンサートで一緒に歌ったようですね。一人CEOっぽい風格を漂わせていましたが背が高くてやっぱかっこいい。芸能界をやめた理由として「自分には才能がないと思ったし、実際にない。」と話していました。忙しくてみんなとは練習に参加はできなかったけど、メンバーとの義理は守った形になりましたね。コンサートの模様は次回また放送される模様。
me8行事用の衣装は短ランっぽいデザイン。太さをアイドル時代より多少細めたズボンはボンタンズボンぽくてタイムスリップしながらもかっこいい。こんなの着て人気あったのが不思議というウンジウォンが衣装着て一番はしゃいで盛り上がっていました。

2月27日放送 テレビ番組無限挑戦の社会へのメッセージ

2016022501966_0

無限挑戦は韓国MBCが制作しているテレビ番組である。歴史は長いが番組当初から出演しているのはもうユジェソクしかいない。病気によって休業中のジョンヒョンドン、飲酒運転自粛後CSで復活したノホンチョルがいなくなった。

mu23

「ノホンチョルの町中ショー」からスクリーンショット

CS番組では自撮り棒にカメラを付け自分で撮影しながら街を歩いている。しかし、事件前ほどの爆発は見られない。もし、事件前と同じようなテンションで番組をしたら、反省してないのかって怒られるだろうし厳しい時期だろうがやっぱりこいつがテレビにいないとつまんないのでしっかりリハビリして地上波に戻ってきてほしい。




本題に戻ろう。無限挑戦は出演者も面白いけどそれらを操るPDキムテホがカギを握っているだろう。番組中の下に字幕が入るがそれが独り言のようでありながら、視聴者の代弁であり、共感できる。
2016年2月27日放送分は、「あなたの悪い思出消します」という回だった。無限挑戦では日本占領下の軍艦島における朝鮮人の強制労働についてや反日的な番組もよく放送するのだが、韓国社会に対しても問題提起をいろいろな形でしている。
今回は出演者の悩み相談に僧侶や精神科医、漫画家などがのり、相談の受け方をそれら専門家に学ぶという回であった。
その中で、漫画家のユンテホ氏、チョジョンミン氏の答えが昨日の2PMチャンミンさんのツイッターにも関連すると思い紹介しようと思う。

      理想を語ることを認めよう。

mu1

チョジョンミン氏が成功そのものは夢にはなりえないんだと現代の風潮について否定的に入る。

mu2

チョ氏:なぜ成功したいというのですか? ハハ:不自由なく食べれるように不自由ない生活ができるようになりたいんです。

mu3

チョ氏:食べることに不自由しないということ、不自由なく生きるということそれ自体は重要ではないのです。

mu4

真の意味での夢がなければ成功したとしてもそれは失敗です。と、勉強に未来を見いだせない若者にはうれしい発言だと思う。しかし、現実にはそれだけでは何不自由ない生活は難しい。以下の漫画家のユン氏の言葉は若者たちへの希望になりうるだろう。

mu13

 

mu15

ユン氏は社会において共に生きる価値を真の意味での夢として持ってくれたらうれしいと話す。また、夢は何かと聞く側も職業を聞くのではなく「どんなひとになりたいのか?」をきいてほしいという。




      韓国の自殺の多さについてのユン氏の考え

mu16

mu17

mu18

 

mu22

ユン氏は自殺の多さに関しては、社会が温かみを失い、あらゆるものに対し恨めしい思いを持つことになったことが原因と話した。常に成長を求められる競争社会においてその競争に一度でも負けてしまうと人間としての基本的欲求すら満足させることが難しい状況であるため社会的な安全網が必要だと話した。

 

これは、知識人の言葉を借りたPDキムテホ自身の社会へのメッセージだと感じた。このようなぶれない社会へのメッセージが若者だけでなく多くの年代に受け入れられているのだと思う。笑いを提供する娯楽番組でありながらも社会へのメッセージを発信するこのやり方は日本にはない強さだ。もちろん毎週社会派的なことをやるわけではないが、やっぱりムド(無限挑戦の短縮語)は面白いなと感じた回であった。

ちなみに私の大好きな回は2月20日、13日放送の「モッチンソ 不細工な友達を紹介します」であるが、ひたすら笑える今回とは全く違う楽しさも好きだ。

記事のなかで使用の写真は番組からのスクリーンショット
なお、トップの写真の言葉は「自分も経験してわかったが、お前の熱い思いに比べて、世界はつめたい。」