韓国人男性にとって軍とは

上の記事へのfacebookのコメントから抜粋

合理性や経済性に関していえば軍隊というところは問題も多いと思うが韓国の男性として生きていこうとするならば、また、韓国の男性というものを理解し、共感しようとするとき軍隊というものに勝るものはない。

韓国で生きていこうとするならば、そして韓国の男性として生きていこうとするならば、軍隊というところは避けて通れない。軍隊に行ってきたということが社会において「韓国の男」であるということの連帯感を生みだす。

ユスンジュンは韓国の90年代のアイドルでアメリカ国籍を取ることによって不当に軍入隊をしなかったと受け取られ、韓国に入国を許可されていない。この人の入隊拒否に関して悪口を言うことは韓国国民であるなら許されるという具合に、ニュースが上がるたびに「韓国に入国して金儲けのことを考えるな」「ニュースすら報道しなくていい」というコメントが並ぶ。

コメントから抜粋

ユスンジュン氏が入国停止を解く方法。1.アメリカにある韓国系の養子施設に寄付することを続けて奉仕活動にまじめに取り組むこと。 2.慰安婦問題のような民族的にうったえる考えに対し積極的に賛成し愛国心をアピールすること。

軍隊と愛国はともに論じられる。つまりユスンジュン氏は非愛国者であると判断されたわけだ。韓国の仲間ではない、と。自分と一緒の苦しみを共有できない人。

しかし、一つ目の記事は「軍隊に行くのは怖くて行きたくない」という内容の記事。行かなければいけないが、行きたくない思いもあるのは否定できない。

行かなくてもよかった人への反発心をユスンジュン氏への過剰な反応から見て取れる。

PSYの軍隊二度入隊も、他人がいい思いをすること、ずるをすることは納得いかない。という思いが社会全体に渦巻いているからこそ世論がおして軍隊に行かせ落ち着かせた。

ピ(レイン)は入隊中にキムテヒとデートをするために規則よりも長い休暇をもらっていたことが明らかになって、韓国男性からの信用を失った部分がある。(女性は別)

一つ目の記事のコメントの中には「軍隊なんて行ってみればなんとかなるから。昔のように怖いだけでない。」と、軍入隊を心配する青年たちへの応援も多い。

韓国男性同士の連帯感は軍体験を通じて固いものになるが、韓国女性が一番嫌うものは、男性が軍の思い出話をすること。同じ話ばかりして面白くない、聞きたくもない、という悲しいお話だ。

韓国は同じ苦しみを共有することで連帯する。格差は同じ苦しみの共有が不可能である。つながりを意識することが難しくなり孤独感と格差という裏切りの思いが積み重なっていく。

日本の愛国心とは現れ方は異なるにしても孤独感と格差への絶望は同じであるように思う。不透明さが国同士の嫌悪感を生み出すのか、生み出すように仕向けられているのか。

ヒューマニズムな結論で文をまとめることは簡単だが、それが難しいからこそ葛藤し続けるのだろう。





K-POPにおける青少年保護コンテンツについて2

1.から続く

      曲とMVは審査機関が異なる

韓国においても青少年保護物についてかなり混乱しているので整理してみよう。
音楽に関しては歌詞を含めた曲とミュージックビデオは別々のものと考えられる。曲は女性家族部の青少年保護委員会による事後審査をうける。しかし、ミュージックビデオは事後にも国の審査を受けない。放送各局は個別に曲とミュージックビデオそれぞれに関して青少年保護のための審査を行う。
また、放送番組に関しては事後問題があった場合、放送通信審議委員会の審査という調査を受ける形になる。なので、放送局において曲の放送禁止指定を行わない限り女性ガールズグループの目を覆いたくなるようないやらしいダンスは流れることになる。(放送通信審議委員会は2014年に警告しているがそれ以上強い処置を求めてはいない。)
ダルシャーベットのジョーカーがKBSで不可を受けたというのは、あくまで曲に関してありKBSで曲を流すことができないということである。(MVに関してもKBSでは曲がダメだったので流せなかったと思われる。)国の青少年有害物には指定されていないので、各種のMP3サイトにおいて年齢制限なく聞くことが出きる。

ここで、疑問が生じる。なぜ、ミュージックビデオは事後審査なのか?実は、2012年から2014年初頭まではミュージックビデオも映像等級委員会の事前審査が必要であった。しかし、業界側の要請(MVの制作は期間も短く音源の発表まで時間があまりないことが多く、発売日までに事前審査を通すのがむずかしい、という主張。)により、また、音楽業界への干渉を少なくし「自律的な規制」によって業界を活性化していこうという動きが2013年夏ごろにあった。

この自律的な規制というものを初めに行い、自ら曲へ19禁をつけることで自分の表現力を示したのがビックバンのGドラゴン「そのXX」だ。

曲に関しては19禁がかかっている。しかしミュージックビデオは15歳以下閲覧非推奨。MVは事前審査期もの。曲は自主的な19禁であり、この事が話題となった結果、彼の独特の世界観がより認識された曲であった。彼(というかヤン代表)の規制なんて馬鹿げたものだ!という意思。

19禁にすることでむしろ彼は自由な表現を手に入れた。

なお、現在におけるミュージックビデオに関する自主規制による年齢制限マークはオープニングに流れる際のテレビ局(M-netのような音楽専門CSチャンネルの場合もあれば、MBCの場合など多数)の判断なので、そもそも統一された判断基準などない。基準がなく曖昧であるという批判はMVにおいてはあてはまらない。




      戦略的青少年有害コンテンツ化 青少年保護マークはむしろ青少年の興味をそそる。

元ブラウンアイドガールのGAINはソロ活動になってから、曲に関しては青少年保護委員会からの指定はあまり受けていないが、ミュージックビデオに関しては視聴非推奨年齢が高かったり19禁のものが多い。

GAIN(가인) _ Apple (Feat. Jay Park(박재범))

これに至っては、MV上の表示は19禁であるが、掲載元のOnetheKチャンネルは15禁表示なので、掲載元によってかえられるのを見ると、MV制作サイドにおける自主的19禁であると思われる。
このように、19禁表示はむしろ人々の関心を引く手段として有効である。

ソイニョンは前々からそのぶっとんだ性格で有名だった。ソロでカムバックした際にはかなり丸くなったののかな?と思われたが彼女の美意識は芸術的だ。

서인영 (SEO IN YOUNG) – 소리질러

しかし、世間一般向けには、はじめに作っていたものが19禁になり15禁を編集しなおしたのだが、そのこと自体が話題になった。

BTS防弾少年団もまた、はじめのものが19禁になったので15禁バージョンが出た事が話題になった。

BTS(방탄소년단) _ I NEED U

このようにMVの青少年保護等級は国から指定を受ける音楽に関する19禁よりも自由度が高く、音楽活動に支障をきたすものになっていない。また、youtubeにおけるMVの制作過程の公開や、インタビューはファンの注目をあつめる手段として一般的なものになっている。




K-POPにおける青少年保護コンテンツについて1

お断り

この記事にはアダルトコンテンツは含まれません。韓国における青少年保護を目的とした政策について、またコンテンツ制作における表現の自由と政策の関係についての考察です。
———–

Kpopや韓国のテレビに興味のある人ならば目にしたことがあるであろう青少年保護マーク。韓国国内においてもこれらのマークや規制の根拠はよく研究されていません。今回は韓国でだって興味がない青少年保護に関する法的根拠を紹介します。

5

      韓国における青少年有害物の概念

青少年有害物は映画、ビデオ、ゲーム、音楽、公演、インターネット、刊行物、広告などの媒体の中で青少年に対し有害で煽情的で暴力的な内容が含まれているため青少年を対象にして流通させることが不適切である媒体をいう。
「青少年保護法」においては青少年有害物を
1、青少年保護委員会が青少年に有害であると決定、確認し女性家族部長官が告示したもの
2、他の法令によって該当媒体を倫理性健全性を審議する機関が青少年に有害であると審議、確認し女性家族部が告示した媒体
のうちどちらかに該当するものと定義される
(「青少年保護法」第2条第3号、第7条第1項)

韓国ではこのようなものを対象として、政府が上にあげたものを青少年有害物に指定することができる。
これに関して、審議を受ける側、つまりテレビ制作者や音楽制作側、映画製作者は様々な制約を受けることがある。制約である以上、それらの人々の収益に影響してしまうわけだ。

以下が、青少年有害物を審議する機関である。
Clipboard01
この中でもよく出てくるのが、青少年保護委員会と放送通信審議委員会である。青少年保護委員会は女性家族部の傘下、放送通信審議委員会は大統領下である。それぞれさまざまな社会的論争を巻き起こした。
放送通信審議委員会の場合はmissAの包帯を巻いた衣装に関する煽情性の問題をはじめとした音楽番組への女性アイドルの衣装への干渉や、政治の中立性の問題などに立ち入ってきた。
女性家族部に至っては、様々な歌手の曲(キムドンリュル「酔中真談」、ビースト「雨が降る日に」)を青少年有害物に指定し、批判を受けた。理由は審議の審査基準の不明瞭さである。
しかし、このように女性家族部が批判を受けたのは2011年ごろが中心であり、その後も批判を受けているが批判理由が変化してきている。

また、主に音楽制作者側の青少年有害物への意識が変わってきているということをみることができる。

次の記事へ




※参考
媒体とは以下のうち1つに該当するもの
1、映画、ビデオ
2、ゲーム
3、音盤、音楽ファイル、音楽映像、音楽映像ファイル
4、公演(古典音楽公演除外)
5、電気通信を通じた符号、文言、音響、映像情報
6、放送番組(報道番組除外)
7、一般日刊新聞(主に政治経済社会に関する報道、論評、言論を伝える新聞は除外)特殊日刊新聞(経済、産業、科学、宗教分野は除外)インターネット新聞(政治、経済社会に関する報道、論評、世論を伝える新聞は除外)インターネットサービス
8、雑誌(政治、経済、社会、時事、産業、科学、宗教分野は除外)情報刊行物、電子刊行物、そのほかの刊行物
9、刊行物、電子出版物、外国刊行物(7,8、に該当するもの除外)
10、屋内外広告、上に記載されるものに収録、記載、展示されたりする産業的広告
11、その他青少年の成人的身体的健康を害する恐れがある事務所家庭など屋内に配布される広告用のチラシまたこれに類似のもの




韓国政治が宗教的ということから嫌韓について

アンチョルスについて書こうと思っていたのだが参考にしていたキムスンジョン.comが消えた。ただ単に個人ドメインの更新が遅れて消えただけならばいいが、反政府的なこと書いて消されたのではなければいいと思う。

韓国政治と韓国社会については書きたいと思っていたので、つらつらと書いておこう。アンチョルスについて詳しくはまた。




韓国の場合直接選挙で大統領を選ぶことができるので、留学前はその点うらやましいと思っていたのだが、実際にいてみて感じてみたのは、直接やろうが間接で選ぼうが、期待は裏切られるということだ。

韓国は政治家にクリーンさを求める。「政治家はクリーンであるべきだ。」というもう幻想に近い理想。
日本も同じように大陸から多くのことを学んだが良くも悪くも政治像というものは変容していったのだろう。失望して、自分たちもはどうにもできないものというあきらめだ。どうせ裏でこそこそやっているんだろう、そういう能力も政治では必要だよね、と認めてしまっている。

しかし、韓国はそれを認めたくないのである。それがアンチョルス氏のことでよりはっきりしたなと思う。今はその人がパンギムン氏に移っただけである。きっとあの人ならクリーンで正義的な仕事をしてくれるだろうという期待。本人は大統領選挙のことについて何も言ってないし、どういう政治的考えなのかもわからない段階で支持を受けているというのはアンチョルス氏のときと変わっていない。えらい役職についている人だからきっと素敵に違いない、と。アンチョルスで分かったじゃん、と私は思うのだが韓国の若い世代が受けたショックは癒えないのだろうか。

これはやっぱり儒教的な考えなのだろう。上に立つ人は立派な人であるべきだという。日本は天皇のおかげで人格者と政治を切り離せるのだろうが、韓国は王が政治を行っていたため正義と政治は一体化して考えられやすいのかとも思う。民を思う王様は韓国時代劇にも出てくるキャラクターである。今の韓国政治は民を思うどころか苦しめるばかり。民たちの理想への思いは募るばかりだ。

国民は正義を政治に求め、与党政治家は大統領への忠誠を誓うのみ。
両者の視線が重なり合う部分は、ない。

政治の理想像を反映して、韓国は社会において、正義は存在し正義は実現されるべきであるという思いが非常に強いと思う。そう思わなければやってられないのだろう。そして、その思いを行動に移す力もある。自分が正義であると信じそれに突っ走るエネルギーは、とてつもなく大きいし制御不能だ。(慰安婦問題で国民に「理解してほしい」といっても慰安婦の人権を守るということが正義になっている人々には油を注いだだけのことである。様々な思惑のために慰安婦をイシュー化した事の発端の人々よりもよりコントロール不可になっている。労働争議の熱さもコントロール不可だ。)

その制御不能さは世界からの受けが悪い。日本においても嫌韓されるのはこのような背景がもととなって極端に表れた部分に対してだ。やはりその極端さはいたいたしさがあり、みていられないのだ。




今乗りに乗ってるヨジャチング(ガールフレンド)の人気の理由

2015年1月15日にデビューして384日目にしてテレビのランキング番組で1位を獲得したガールフレンド。2015年のスーパールーキーから2016年における代表的グループへと人気が一段と上昇したことが証明されました。
「ビー玉」「今日から私たちは」新曲「時をかけて」を発表し、それぞれ5か月以上もチャート入りしていることは老若男女を問わず、音楽そのものも受け入れられていることの証といえるでしょう。
そんな「ガールフレンド」は今までの女性アイドルグループと何が違ったのでしょうか。


続きを読む 今乗りに乗ってるヨジャチング(ガールフレンド)の人気の理由

韓国の政治宗教化と韓国人にとっての理想の政治家とは

カールマルクスは「宗教は人民のアヘン」であると話したが、結局はアヘンである宗教は共産主義ではなかったか?世界での共産主義革命と集権の中でおこった残忍な殺害や人権の蹂躙は、宗教的な信念に侵されないでは起こりはしなかったことであろう。

政教分離の話じゃなくて、政治が宗教的な面を持つという話。

理念の宗教化は政治の宗教化につながらざるを得ない。宗教化された政治もまた狂信に陥ってしまう。しかし、このように暗い面だけがあるのではない。驚くほどの献身と連帯と結集をなしとげられるという面もある。韓国の民主化闘争がまさにこれにあてはまるだろう。反独裁闘争から民主化のために戦った人々の自己犠牲と献身は宗教的といってもいいだろう。彼らのおかげで今の韓国が民主主義をうたっていられるのだ。

韓国の「民主化以降の民主主義」体制の今も政治の宗教化には変化がないが、これは果たして望ましいことなのか疑問である。切迫した状況ではなくても切迫した思いや狂信のもと善悪の二分法で見ることは相手側との疎通それ自体が不可能になるためである。今の韓国の政治の問題はこのような「疎通の不能」のようなものではないだろうか。

現在のセヌリ党内部で広がる、どの朴派に所属するのかという問題は民主主義の原理に基づく政治的な行為であるというよりは指導者を教主に据える宗教的行為に近いといえるだろう。

韓国は「政党民主主義」国家というよりは「指導者民主主義」であるということを意味する。

はじめは、朴槿恵大統領への支持をもとに「親朴」と「非朴」が存在したのだが、その後はじめから朴派だった、途中から朴派になったなどと細分化された。親朴よりもより忠実な親朴だという「真朴」などもでてきた。これらは結局党内において自分が一番朴槿恵大統領を支持しているという主張をしあっているだけである。

韓国人が今度の選挙人を選ぶ際に重要視することを見てみるとより表れている。

lhm6

 

道徳性32.2% 公約政策28.8% 経歴能力20.6% 政党11.4% 理念4.3%

の順になる。道徳性その人が正しいことをするひとか正しくないことをするひとかということで決めたいというのである。まさに宗教的であるといえるだろう。
しかし、選挙に出る人は、権力志向があるだろう。結局党内でやってることは派閥争いだし、選挙に出る人は(もちろん全部ではないだろうが)権力争いだし、国民が求める道徳性と政治家たちの権力とはそもそも全く違うものなのかもしれない。

それでも、正しいことを正しいといってほしいというのが政治家に求める韓国国民の思いなのだ。




針の穴を通り抜けるような競争率を超えて練習生になっても…デビューまで平均3年

芸能人は最近の青少年が最もなりたい職業である。芸能人の登竜門である韓国国内の代表的な芸能事務所の練習生の管理システムに対する関心度は高い。外見だけで練習生を選ぶという時代はとうの昔に過ぎ去った。主要芸能事務所は現在は練習生の選抜からデビューまで体系的な育成システムを構築し、厳しい教育によって未来のスターを作り出している。

体系的システムによる育成ってところがすごいですね。韓国はアイドルの数も多いですし、なりたい人も多いと。教育の中で目に付くものがありますので見ていきます。


続きを読む 針の穴を通り抜けるような競争率を超えて練習生になっても…デビューまで平均3年

韓国の整形家族写真としてネットで広がった台湾モデルの悲劇

正確に言うと韓国のニュースではないのですけれども、韓国とつなげて記憶している人も多いと思いますので紹介いたします。

ちょっと古い記事なんですが、日本語では、あんまり出てなかったようなので。台湾系ニュースを扱ってるところならもう訳があるかもしれません。
上のYOUTUBEの写真を見れば見覚えがある人も多いかとおもいます。

      確かに見覚えがあるけど!?

この写真が出たころは日本のネットでは韓国の整形家族の写真だと広まっていました。しかし、実はこれは台湾の整形外科医院の広告の写真でした!ってところまではネットで整理できているようです。実の家族関係はないよ、と。
でもあまりにも衝撃的な(?)写真だったのと日本人の韓国のイメージとあまりにもぴったり合いすぎちゃって韓国に興味がある人もない人も韓国整形家族の写真として見る機会があったのではと思います。
で、このニュースなんですが、このきれいなほうの女性、訴えを起こしたそうです。何に関してかは記事を見ていきます。




2012年に海外メディア報道で、中国である男性が妻に対してかわいくない娘を生んだとして離婚訴訟をしたというニュースがあった。結婚前に整形手術を受けていたことが子供が生まれてからその子供の顔で分かったためである。そして、このニュースは例の写真と一緒に報道された。
しかし、この写真はニュースに出てきた男性と女性の写真ではなかった。問題はこのニュースが世界に配信されて起こった。広告の写真のモデルである女性が報道後人々から悪く言われるようになったというのだ。
叶宛承は台湾において多くのブランドで広告モデルとして、また、ミュージックビデオに出演し活躍している人気モデルだ。しかし、この広告が報道に使われてからは仕事が途絶えた。そして「地獄で生きていた。」と話す。




紙媒体のみでつかわれるという契約であったのに、写真撮影後ほかの整形外科医院でもこの写真が使われ、その医院ではネットにこの写真を無断利用したことで写真がネットに上がることになってしまいました。ここで終わっていればそこまで被害は広がらなかったのでしょうが、またそのあとに、中国のタブロイド紙が前述のニュースを報じるときにこの写真を無断利用し全世界に広がってしまったわけです。
このせいで彼女は整形を受けて詐欺結婚をしたと世間から言われ、仕事が来なくなったとして1000万以上の収入を得ることができなかったと、広告代理店と二次使用した整形外科に対して訴えを起こしているというニュースでした。

しかし、彼女にとって大事なのは、訴えを起こし損害賠償を受けることよりも整形を受けて詐欺結婚をしたのではないという事実を知ってもらうことだったでしょう。

広告ですよ、とまでは聞いていましたが、この女性がこんな目にあっているとは知りませんでした。

そしてなぜか韓国の写真だと受け取っていた私もいます。二重に盲目だったなと思います。




でもですよ、こういうの韓国の芸能人とかで見なくもないんですよね。ユン○ナとか。整形前のおかあちゃんにそっくりだねぇって。

あ、まりこさまがKpopのMVに出てる?


지코 (ZICO) – 사랑이었다 (Feat. LUNA of f(x))

ラッパーのZICOがfxのルナに歌ってもらった曲。ZICOの曲だと思ったら一向に歌わず最後まであれ?ZICOは?と思っちゃうファン続出。コメント欄には、聞けどきけどZICOパートはない、、と。
なんでまりこさまなん?いや、素敵な曲ですけど。

一部歌詞

시간 지나면 다 없었던 일
잠시 미쳤다 생각했는데
사랑이었다 사랑이었다
이제 와 보니 사랑한 거였다

時間が過ぎればすべてはなかったこと
一時の気の迷いだと思っていたけど
それが愛だったんだ 愛だったんだ
ここまで来てわかった それが愛だったんだ

ZICOぽくないけど、それが狙いなようです。こんなきょくもかけるぞ!と。




カンドンウォンが顔だけでなく心もかっこいいという話

カンドンウォンが事務所を移るという。YGにだ。海外経験のある事務所であるということで決めたようだ。こう考えるに至った理由もカンドンウォンらしい。

彼が海外進出を夢見る理由は、言ってしまえば実に簡単である。
よりよい環境で映画を作ること。
それは俳優だけでなくスタッフも含めてである。それは贅沢にという意味ではなく、末端のスタッフまですべてが人間らしい環境で仕事をしたいということだ。

カンドンウォン:映画の予算が決定したらスケジュールに追われることになる。それはとても大変なことだ。スタッフたちもそう。スタッフの数も余裕がない。そういった環境がもっと良くなったらと思うが、そのためにはより多くの人々に映画を見てもらわなければならない。そうすれば多くの協賛も得られるのだが、結局は韓国の市場が狭いので十分な条件下で演技をするのは難しい。

こういった考えのもと、マネージメント先を模索しYGに決めたということだ。いい映画だからというその理由によってのみでは海外で多くの人に見てもらうのは難しい。まず、俳優が有名になれば映画を海外でもたくさん見てもらえる。そうして韓国でも何百億とかけられるような映画を作ってみたい。彼の思いは自分の欲だけでなく、韓国の映画業界やそこで働く人々への思いが根底にあるのだ。

 





 

この話だけでも、十分いい人なのは伝わるが、もうひとつ紹介。

「20年来の友達のためにノーギャランティーでMVに出演のビハインドストーリー」
カンドンウォンと今回出演したMVの歌手であるジュヒョンジンはゴチャン高校の1年の時から寮でともに生活をして、現在までも一番仲の良い友達として付き合ってきた中だという。
ジャズシンガーソングライターという韓国の音楽業界では目新しいジャンルで音楽活動する友達のためノーギャラでMVに出演した。

ジュヨンジンは二年ほど前からカンドンウォンのボイストレーニングを毎週行っていた。その中でカンドンウォンが新しいアルバム制作中であったジュヨンジンに提案しイタリアでミュージックビデオをとることになったという。

カンドンウォン自ら提案をしMVも撮ったということで、自分で映像作品をとることにも興味があるカンドンウォンからしてみれば、仕事というより友達との刺激のある共同作業だったのだろうと感じられる。
비밀을 말하다 – 주형진


と、書いてみたが、カンドンウォンのただのかっこいい映像集やないかい!というきはしないでもない。彼見たさに音楽を聞いてくれればよさが伝わる。まずは聞いてほしい、そこからだってことか。

過去にも、ジュヨンジンのMVには参加している。
주형진 – 강동원 in a day


ソウルの町をまわってますね。ソウルタワー、ハンガン観光遊覧船、ノリャンジン水産市場と、有名どころ、絵になるところを回っておられます。表情としては、こちらのカンドンウォンのほうが自然だ。
いやー、にしてもいい友達持ちましたね!プサンナムジャ(釜山育ち)の親近感がありながら都会的な近寄りがたい雰囲気を持つ彼。これからも韓国女子の理想の男であり続けるのは間違いないだろうけど世界のカンドンウォンになることを期待してます。