サムスン会長売春報道から見るユチョンはなぜマスコミに叩かれたのかという話

朝鮮日報もやっと日本語の記事を上げたので….

サムスン電子会長の買春疑惑がネットで拡散、警察が捜査

内容に関しても朝鮮日報がかなり詳しく上げてくれていますね、これだけの記事書くのにそうとう悩まれたようですね(嫌味)
昨日の時点では、「朝刊でイゴンヒ社長の事件を扱ったのはうちだけ!権力に媚びないハンギョレだ!ガハハ!」とハンギョレはうれしそうでしたが、警察が入るということで、その他の新聞社もいいかなぁ~と記事を書き始めた模様です。
韓国版の朝鮮日報記事入力は夜中の3時…ネイバーニュースなどで目につきにくい時間にこそこそあげている模様です。

 



 

警察は、この事件について本格的な捜査が始まれば、李会長の買春疑惑だけでなく、動画の撮影を指示した人物らによる、会社側に対する恐喝、脅迫容疑についても集中的に調べる方針だ。

 

ということなので、後者の方向で進むのでしょうけれども。でもサムスン会長売春の事実!とぶち上げたネット言論社の「ニュース打破」は「来週もまだまだ続報があるぜ!待ってろよ!」ということですので、サムスン側も警察側もオロオロしてるのでしょうがね。来週までかたつけないとね。警察側は証拠映像全部出せ!とニュース打破側にいっているようですね。

 

この記事が出てやっと三日目で朝鮮日報側が記事を書いたというのが、サムスンの大きさと恐ろしさ(!)と暗に表しているというかですね…


 

だって、ユチョンの時は、朝だろうが夕方だろうが記事を書いていた新聞社がですよ、このことに関してはだんまりって!!!

 

ちなみに、ネイバー検索でも人気キーワードに「サムソン 会長 イゴンヒ」はあっても、「イゴンヒ 性売買」は絶対出ません。調節してんでしょうね。すごいわ、本当。

 

韓国の報道で、一つ引用を。

 

 

「ニュース打破」の報道が意味するものは何か?映画「内部者」の演出ではない実写版財閥の暴露ということになるのだろうか。動画の公開の後あらわれたのは韓国社会が「倫理」に対する二重的な基準と「言論」という名の素顔であった。倫理的で性に対して厳格であったように思えた言論の公的な使命というものがここまで自分勝手で資本に弱いものであるかということを表しているだけだ。

また、皮肉なのはこれまでも「ニュース打破」はセウォル号をはじめ多くの告発的な内容を報道してきたがこの事件で、それも「性」というものを扱った動画によってこれだけ話題になるというのは、韓国の言論がポルノ化しているのかということを逆説的に告発してしまったということである。

 



結局ユチョンは守ってくれる人がいなかっただけでなのです。JYJの事務所というのはもともと暴力団色が濃いところであったようなのですが、(社長自身が暴力団出身であるとか有名暴力団組織の息子であるとか言われているようです。そして、今回の騒動の発端になったのは社長のことをよく思わない人がユチョンを使ってゆすった事件であるというのが結末であるようです。)そこにはそっと触れず、ユチョンの倫理性のみを攻撃していたら、どっこい倫理性のかけらもない韓国のトップ中のトップのスキャンダルにはだんまりするという事しかできないでいることが韓国国民からすれば悲しい韓国だ、ため息しか出ないね、ということになってしまっています。

 

「ニュース打破」がまじめな言論でありたい、といろいろなことを告発してきても結局はそこまで大ヒットにはならなかった。しかし、結局ポルノ的報道で大ヒットになってしまったということで、韓国の言論をはじめとする韓国社会のうさばらしにひとやくかっただけで終わってしまうかもなんて悲しく考えてしまいます。もしかしたらニュース打破はなくなってしまって、結局資本に飲まれてはいおしまいということになるだけかもしれない、なんて考えが少なからずいるというのが今回の事件を通して分かったことですね。

 

今はサムスン会長は、意識不明でいるとか死んだとか言われております。お金か何かを渡しながら「君のキスのおかげで今日は??できたよ。」なんていってるのを全国民に公開されたのは、ちょっとかわいそうだなとは思いますが、まぁ、しょうがない、それくらいの人が買春をやってて、それも一人50万で!4人もつれて!というところがやっぱり大きいショックだったわけですからユチョンのトイレなんてどうでもよくなっちゃいそうなスキャンダルなわけです。下請け業者には一円でも搾り取ってるのに、ですよ。絞りとられている人からすれば腹立たしいでしょう。

 

でも、このニュース日本で報道されてないから韓国でどっかんどっかんしてるの伝わるのかしら。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です