女性嫌悪もすごいが男性嫌悪もすごい メガリアのキムチ女子とイルベの韓国男虫の戦い

江南駅殺人事件後、男性側の女性嫌悪については調べていたのですが女性側からの男性嫌悪についてはあまり見ていませんでしたが、最近正義党という野党がメガリア、ウォマドなどの女性中心コミュニティを支持しているというニュースが出て、問題点はないのか、ネットの中の男性の反応はどうなのか調べているうちに、何となく極端な考えを持つ男性嫌悪がひどい韓国女性というのが見えてきました。



 

 

  • メガリアとウォマド

 

メガリアも男性嫌悪がすごいですが、その中から出てきたウォマドは不特定多数が参加できる掲示板ではなく会員制です。私は加入するのも嫌だったので中の記事は見ていませんが、新聞記事で出てくるものを見ると不特定多数が見られるメガリアよりもよっぽど「どうかしちゃってる」感がすごい掲示板です。ウォマドのほうが男性に対して害を与えようという意思が強いです。ウォマドは韓国ポータルサイトダウムの中のカフェ形式で運営されていますが、加入する際に「韓国男性は犯罪者である」という文字を打つように設定されています。もうここまで来たら、フェミニズムを通り越して憎悪ですね。

 

  • イルベたちの女性嫌悪は経験の話

 

女性嫌悪というか、どうしようもない韓国女性から被害を受けて(?)韓国女性を悪く書く男性自体はイルベにはかなり前からいました。そんな文を読み、またほかの男性読者も「韓国女性ほんとうにどうにもならんな」とあきれていたのです。それをメガリアがミラーリングという方法で女性の胸の大きさを書いていたら、男性の性器の大きさについてあーだこーだと言い、心が狭いと言われれば、お前らも狭い!といい、自分勝手だと言われれば、お前らもそうだ!というなんとも低レベルな戦いが繰り広げられています。そして、女性側の主張は、「後ろめたいことが無ければ、怒ることもないでしょ?」です。女性側は、ネットマンガを通して自分たちの主張を素早く拡散させています。

 




 

韓国の異性嫌悪の考えを最も端的に表しているのは次のような表現でしょう。

韓国男性:男の稼ぎが悪いから結婚できないんだよね、俺たちが悪いんだからしょうがないね 

韓国女性:男の稼ぎが悪いから結婚できない、うちらは何も悪くない!ペエエエッ!

 

もうね、ジャイアンかと。フェミニズム的に言えば自分は自分で稼ぐから男性には頼らないという方向に行かなければならないのですが、韓国は違います。お前が悪いから私も被害があるじゃないかといういい方です。あまりにも感情的で女性である私が見ていても、あきれるばかりです。

 

もともと韓国では科挙試験によって身分上昇ができる歴史がありました。勉強すれば何とかなるという雰囲気の中で、数多くの人々が都を目指し、振り落とされていました。成功の話の裏には数多くの失敗談があったわけですが、その成功という単語すらも韓国女性にとっては女性の権利の一部や平等というものに含まれるものだと考えられるようになったのではないかと感じます。

 

成功は権利ではなく、すべての人に平等に訪れるものではないはずです。女性側の主張はこういう部分でもろさがあり、結局は「韓国男性が悪い。そんな韓国男性は生きている価値がない」という先端の部分だけがメガリアやウォマドなどで繰り返されるのに至っているのです。

 

ちなみに韓国女性にとっての成功とは「性格もよくて背も高くて職業も安定的な男と結婚する」という、結局韓国男虫にたよっとるやないかい!という。結局は男性も女性もそれぞれがなしには生きられないので、裏返った愛の欲求だともいえますが、世間的に自分の不満ばかりを噴出させることは、結局自分の首を絞めることにつながってしまうと思うのですが、なにかが起きて欲求が大爆発を起こして世論が動かないとこの状況は続くんだろうなと感じます。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です