MBCの演芸大賞の大賞受賞ユジェソクの受賞コメントから見る韓国左派の思考回路

年末から年始にかけて、MBCの無限挑戦では「偉大な遺産」企画として、日本の占領時代の歴史認識と、独島(ドクト:日本名 竹島)の韓国領有を主張する番組を構成し、多くの視聴者の好評を得ました。

前々から、左派的な放送をしていましたが、今回の放送は左派的な思想を最も先鋭的に表した番組になっていたと思います。







反日思想と、愛国心をラップという音楽分野を使って扇動する番組。扇動。扇動と言わせてもらいます。

それに感動し、感動したとネットにコメントする視聴者。

難しいことは全部抜かして、「日本はおかしなことばかり言っている」、「日帝時代に独立運動をした偉人の言葉に感動した」。溜飲が下がるような言葉を聞き、感動と愛国心をお互いに確認しあう番組でした。

MBCは結局そういう番組を作っている番組の代表であるユジェソクに2016年の年末に大賞を贈ったし、バライティー番組なのに、笑いの部分を忘れ、感動を提供し、政治的な共感帯を共有するという番組になっていくのです。


ユジェソクは2014年のMBC演芸大賞受賞コメントの中で「バライティー番組の根はコメディーだと思っている(がなかなか見せられていない)」と話しています。

また、「番組は出演者の人生を変えてくれた番組です。番組を通じて多くのことを学んでおり、反省し気づかされています。自分たちはなんてことはないと思っている日常が、先人たちの汗と努力によって成し遂げられてきたものなのだと感じています。」とかなり控えめに話していたのだが、2016年の大賞受賞コメントには直接的に、そしてかなり熱く、今の情勢について話します。

「番組を通して、多くのこと感じ、学びます。最近は特に、歴史を通して。国が大変な時や、困難に直面するとき、国を救うのは国民であり、国民がこの国の主人(公)であるということを、再び感じるのです。」

左派宣言ともとれるでしょう。無限挑戦のプロデューサーであるキムテホに完全に洗脳されたな、などというと、絶対に怒られます。総攻撃をくらうでしょう。(これは、無限挑戦を信仰するレベルの人たちが攻撃するのであって、今回の政治的に左派性向と言うのとはまた別の話ですけれども。)

ただ、年末から年始にかけて放送された今回の「偉大な遺産」特集は、かなり控えめに言っても、独立運動家を主人公に仕立て上げ、今の自分たちの気持ちに合うよう英雄視し、また、独島に関しては、今まで通り、国際的なとらえ方などの説明は一切行わず、「ドクトヌン ウリタン」だけを叫び、それをみんなで叫べばよいという、国民感情にのみうったえる「扇動」でした。

独島に関していえば、国で行っている教育よりも低い水準で、日本が奪ったものだ、日本がおかしなことをしている、それだけを叫んでいる番組構成であり、独島研究者を英雄だと話しておりました。





ユジェソクも2014年の大賞受賞コメントでは大々的に左派宣言をするのは控えていましたが、今回の国の大騒動を前に、かなり熱く国民の味方宣言をしたわけです。彼が左派宣言をしても影響は少ないと思うくらい、韓国の今は国民の言うことが正義であり、国民感情が優先されるべきであると考えているのです。

左派は流れ流れて、町に飛び出し、叫びます。多くの人が叫ぶからと共鳴しあうのです。そして、マスコミもまたそうであり、バライティー番組でも、それも韓国で人気のトップに立つ番組が左派番組を制作するのです。

「国の主人公は国民だ」確かにそうです。でも、「国の主人公は国民だから主人の言うことはすべてが正しい」とは違うはずです。国の主人公の名のもとにむしろ国を混乱させているのではないかという気がしてなりません。

韓国の左派は論理がすっ飛びます。いつもは政治を批判しておきながら、独島の時だけは政府の教育をなぞるように、自分たちの気持ちを叫ぶだけです。実は大声を上げているのは少ない数なのに、その声が大きいためについていく人が増えていくのです。増えていく段階に論理は必要なく、気持ちのみです。

無限挑戦などの番組や報道を通じて、「これであっている。」と視聴者が感じ、それが続く限り、精神勝利しか彼らには残されていないし、結局自分たちで混乱を作っているわけですから終わらないのです。いや、終わらせてはいけないから終わらせないのです。左派の望むことはむしろ混乱。慰安婦問題に関してもそうですが、ごく一部の声が、なんとなく国民を誘導し、考証なしに、感情だけをあるかせようとし、盲目的にあるいていってしまうのは、混乱を望む一部の左派の思うつぼです。
ただ、韓国にはそれを止める装置が無い、という現実だと思います。






No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です