JTBCでの大統領候補者討論会で同性愛についての議論がなぜイシューになったのか?

大統領候補者討論会で同性愛について話が出て、それについて韓国ではニュースで報道されているようです。日本では、自治体ごとで認めていこうという動きはありますが、韓国では国政の場で立場を表明し、それが大統領選挙における判断材料にもなると話題になったわけですがそれはどうしてなのでしょうか。







発端は、この部分。ホンジュンピョがムンジェインに「軍での同性愛の問題が深刻である。どう思うか?」と聞いて「同性愛は好みません。合法化には反対です。」と言ったことでした。これが、言葉が足らなかったこともあり、同性愛そのものに嫌悪感を示したのは不適切なのでは?と話題になりました。今は、軍の内部に限っての話であったと説明を本人のfacebookページを通して載せており、このの発言に関する騒動は一段落している状態です。

では、なぜ、軍での同性愛は問題があると認識されているのでしょうか。これは2週間ほど前に韓国軍で軍隊の中で男性同士が関係している動画がネットにあげられ、調査の結果、軍人(兵長:一般的な韓国人男性兵役を終えるときの階位)が上げたものだと判明しました。軍人は一般刑法とは異なり、軍法によって軍の調査をうけますからその過程で、上官に誘われ何度か関係を持ったが、これ以上関係を望んでいなかったということも同時に判明しました。


軍隊内では実質的な男性同士の性交を禁ずる法律があるため、この法に基づき、韓国陸軍は同性愛者を探し出し、処罰しようとしていたと言います。

韓国軍ではなぜ、このような男性同士の性行為を禁ずる法律があるのでしょうか?軍の中では統制があります。上の命令には従わなければなりません。また私生活もなく、軍従事者は様々な節制を受けているわけです。その中には食欲であったり、遊行の気持ちであったりするわけですが、その中の一つとして性欲もあります。休暇に出た際にどのような行動をするかまでは制限はされていませんが、異性愛者は軍隊の中にいる間は性的な欲求もおさえているわけです。しかし、対象を同性に求めた場合、軍内部の規律が乱れてしまいます。また、上官の命令として望まない性的暴力を受け入れなければならない可能性もあります。そのために韓国の軍の中における刑法第92条の6において、「肛門での性交やそのほかの行為をしたものは2年以下の懲役に処する」と定められています

この規定が男性同士の同性愛を禁止したものであるとして、反対している(なぜか)女性議員もいますが、韓国の憲法裁判所では合憲との判断が下されています。同性愛そのものを禁止しているのではなく、性的に乱れた状況を禁止するのは軍の規律上適切なことであり、憲法に反するものではないという判断でしょう。この条項の法律解釈には幅があるのですが、軍人という身分にある時間に同性での性交やそのほかの行為を禁止したものであり、同性愛と言う性向そのものを否定したものではありません。





しかし、先の同性愛者の捜索過程で非人道的な調査をうけたと軍人権センターに報告が何件もあったと言います。もし、92条の6を根拠に調査するならばまず物的証拠が必要なわけですが、そうではなく同性愛者をまず探し出し、その後処罰対象にする軍人を選定したのでは?との主張が出たり、同性愛者と思われた人に対して同性愛者になった時期、経験の回数、コンドームの使用の可否など性的羞恥心をかんじさせるような調査には関係ない質問をされたとの報告も軍人権センターには入っていると言います。
また、軍内部へのアウティング(同性愛者であることをばらす)をすると脅し、捜査に協力することを迫ったという報告もあり、軍隊における同性愛者への捜査方法が人権を侵害していると批判があります。陸軍の広報は人権を侵害するような方法での捜査は行っていないとは言いますが、音声での証拠なども出ているようです。


このような背景があり、ホンジュンピョもムンジェインに質問をしたわけで、「(隊において)同性愛を合法化するのには反対だ。」といった理由には「兵営内での同性愛の許容は同性間での性的暴行の原因になりかねない」(ムンジェイン氏facebook内発言)という考えのもと発せられたもので、同性愛について許容するしないをいったものではないと説明しています。





このような背景があって大統領選挙の一つの判断材料として同性愛の問題が取り上げられました。同性愛をカミングアウトしタレント活動をしているホンソクチョンは、「(自分が同性愛者であるとカミングアウトした)17年前に比べれば大統領選挙で同性愛がイシュー化されるくらいなのだから大きな前進だ(中略)少しずつでも同性愛について話せるというのはいい変化と言えばそうなので誰が大統領になっても過去よりも未来の国民の幸せについて考えてくれるであろうと信じている」と、facebookでコメントをしました。

日本においては、まだまだ遠くに感じてしまう部分がある同性愛ですが、韓国では軍隊があるためより考える機会があるイシューであるという話でした。

内容はKBSニュースの内容を参考にしています。






No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です