ソヒョンジン、サイン会で聴覚障害のファンに手話で「サランヘヨ~」

デンギモリ(韓国の整髪関係の商品ブランド)のファン向けのサイン会で、ソヒョンジンがとても自然に手話でファンと交流姿がとらえられ、イメージ度爆上げ中です。

https://youtu.be/3yPgqviQgNM






私にとっては「ごはんを食べよう!」のイメージですが、多くの人には、「また、オヘヨン」のイメージでしょうか。そんな、韓国美女とはちょっと違うけど、演技のうまさと、親しみを感じる彼女のイメージにもともとアンチは少なそうですが、この手話でまたまたイメージをアップさせている彼女です。

とっても自然に「さらんへよ~」の手話をしているし、ボールにもサインをお願いするファンにもとってもやさしくしてくれている姿に、ファンでなくても「いい人だな!いい感じの人だな!」とのイメージを持つでしょう。

もともと性格の良さで定評がある彼女ですが、今回のたった30秒の動画からも彼女のやさしさや、人への愛が感じられます。


女優としては遅咲きで30代にはいったところでの、シクシャ、オヘヨンの当たり役が続き、2016年には広告にも数多く出演しました。

今回もモデルを務める整髪ブランドのファンサイン会ということで、ファンとの直接の交流を楽しんだようです。

DCインサイドの彼女のギャラリーから今回の話は様々な掲示板やニュースサイトに広がり、彼女のやさしさが大統領選のニュースばかりの中で、ひと時の清涼剤として人々の心を和ませてくれました。

韓国芸能人が言うサランヘヨ(愛しています)ですが、日本語で言えば「応援してくださってありがとうございます。」程度で、日本人にはなかなか重たく感じる言葉ですが、そういう文化なのだなと考えましょう。

なかなか手話ってサササっとできることではないと思うので、素敵なニュースだなと感じました。






No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です