男子版プロデュース101 来年12月までほかの芸能活動はできないことに。ニューイーストは大丈夫なのだろうか…

シーズン1は一年程度の活動だったわけですが男子版は1年半ほどの活動期間になるということ。YMCが女子版に引き続きマネージメントをするわけですが、この事務所がまぁ、韓国女子たちには評判が悪い。「結局『国民プロデューサー』とかいって、最後は勝手に決めた」と女子の時にうまくいってなかったのか、ブーブー言われていおります。






女子版では、もともとの所属グループや事務所の活動などと並行できたそうですが、今回はそれも認めない方向で行く様子。

アルバムは8月に発売する予定ですが、誰が11人になるのか決定後曲の内容も選ばれると言います。

今晩(2017年6月16日)の11時の放送で11人が決まると言いますが、ニューイースト、全員入れなかったらどうなるのと言うのが、正直な疑問。正直これだけ名前売ったら101でデビューして、個性も実力もバラバラな11人と言う大所帯で活動するよりも、4人なり101に不参加だったメンバーを含めてニューイーストとしてグループで活動したほうがプレディスとしても今後を考えるといいような気がしますが、それは101に出た代償と言うべきか…


個人的には、101だけ活動する事に、と言いつつも、事務所同士が協議して結局その都度元の事務所での仕事もやらざるを得ないのではと思うんですがね。マル企画のパクジフンはすでにマル企画と研修生契約を終了し、デビュー前にもかかわらず専属契約を結んでいると言いますから、どんな契約内容かまでは不明ですが、YMCのやりたいようにはやれないんじゃないか…と個人的には予測しています。また、今回男子版101に出演したほかのメンバーの中にもそれぞれの事務所とすでに専属契約を結んでいる研修生がいると言いますから、YMCマネージメントによる101の活動のほうが優先とは言いつつも、どうなることやら、というのがあくまでも個人的な推測です。





今回の男子版の101は視聴者の反応が前回よりも大きかったという感覚が芸能事務所にもあるようで、101の活動期間を待たず専属契約を先にすませ、実質的な契約活動期間が7年から5年になってでも先手を打っておきたいと考えた事務所があったようですね。なんか、そもそも101の活動がうまくいくのか…それすらも心配になってくるような事務所側のバトルが繰り広げられているな、と感じます。

コンサートを数回11人でやればいいんじゃないかな。あとmnetにも数回出ればいいんじゃない?それ以外のことにまでYMCが欲出して彼らを拘束しようとしたら、元の所属事務所側が爆発しそう…






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です