コロナ選別病院になると病院の経営が悪化…休みなしで働いている看護師たちの給料が削減される状況も 医療人にありがとうを伝えるおかげさまチャレンジも政府主導?

日本も、コロナのために病室を空けておくと病院経営が悪化する状況が見られますが、韓国は、看護師への給与に即座に反映している病院もあるようです。

韓国は、ムンジェインケアにより、大病院(上級総合病院)でも支払う金額が変わらなくなったため、以前であれば、地域の病院から総合病院、そして上級病院へと紹介されましたが、今ではむしろその体制が崩れている部分があります。どうせ同じ金額を払うならはじめから大きい病院に行ったほうがいいと人々が考え、また、健康保険適応でできる検査も多様になったため、患者側で検査を要求することも多くなり、かえって健康保険財政を圧迫するという状況が生み出されています。患者が上級病院を望むため、中小病院の経営が難しくなっているという状況がありました。(よって医者たちも一般診療で開業しても儲からないため、自由診療や美容整形などの儲けの大きいクリニックを開業する流れができていました。)

そのような韓国の医療制度の崩れがあるなかでの今回のCOVID-19の事態を迎えました。地域医療を支えるとコロナの選別病院になったとしても、人々は、一般診療でもその病院を避けるようになりました。受付のために24時間体制で電話対応をしたり、選別のためのテントは屋外にあり防護服とマスクやフェイスシールドをつけて緊張感のある仕事をこなすという、厳しい環境で休みなく働いていたにもかかわらず、収入が激減した病院は、看護師の給与の削減を行う事態になっているのです。

Jtbcニュースキャプチャ
規模の小さい病院であればあるほど外来の人数が減っている

保健福祉部では医療関係者に感謝を伝えるthanks challenge(おかげさまチャレンジ)というものをやっています。芸能人などが、まわしてやっているものです。しかし、日本もレインボーブリッジを青にしたりと同じですが、とても空虚に感じます。同じ穴のむじなですが。

保健福祉部 ホームページより

地域を支える病院がコロナ対応に率先するも人々が嫌がり、結局大きい病院のほうがいいだろうと考え、大きい病院を選択しているという状況は、結局韓国の医療をむしばんでいる状況を政府が作っているのです。皆に平等な医療を提供するというビジョン自体は悪いものではないけれども、人々の心は理想のように動かず、行動は結局不経済を生んでいるのです。

日本も同じですが医療関係者が働く場所としての病院自体がなくなっていくことはなんとか防がなければという思いですが、結局はお金の話なので。

参考 http://news.jtbc.joins.com/html/259/NB11953259.html

No tags for this post.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です