韓国の大人気軍人出身イグン大尉!ロッテリアのCMで国民を笑いに包む

まぁ、この動画を見てみてよ。

グンデリアとは軍隊で出される自分で材料を挟んで作るハンバーガーの事。おいしいかどうかは別にして、軍生活を経験した比較的若い世代は、1週間に1回くらい出される食事のようです。決して特別おいしいわけじゃないけど、思い出の味。その程度のものです。味はいまいちという大事な部分をあきらめたようなミリタリーバーガーがロッテリアから発売されました。

このCMでメインキャラクターを演じるのはイグン大尉。YouTubeチャンネルフィジカルギャラリーで企画されたカッチャサナイで人気を得ました。アメリカ式の韓国語がなんだかおもしろいのに、すべて真剣にやっているところが憎めません。そして、もともとテレビ出演経験もあるので、テレビ的な要求も嫌がることなくやってのけてしまうので、視聴者は思わず笑ってしまうのです。

今回のCMは、軍隊経験のある若めの男性編、女性編、軍隊経験のあるちょっと年を召した方編、除隊してすぐ編に別れています。多くの国民が共感帯を持つCMに仕上がっており、カッチャサナイで流行した文言も出てきて、笑いを誘います。

CMの映像にもかかわらず、200万再生を獲得しているということで、イグン大尉がいかに数字を持っているかがわかります。

CMは話題性があり、大成功と言えるでしょうが、韓国ロッテリアはもともと味がいまいちと言われがちなハンバーガーチェーンですので、なんでよりによってグンデリアなんて出すんだよ…と肝心のハンバーガーは期待度が高くないようです。

ただ、話題性があるので、一回は食べてみようかな、と思わせるには十分成功しているように思います。軍経験者は、なんでコーラなんだよ、そこは牛乳だろ、と言っていたり、何かと思い出をよみがえさせる商品になっているようです。

日本人には、甘いジャムにしょっぱい組み合わせがはじめはびっくりしますが、なれるとおいしく感じます。

男性編はカッチャサナイのイメージで厳しく、有無を言わせない怖いイメージだけど、言葉のセンスが面白く作られています。女性編でイグン大尉は女性に優しく作り方を教えるのですが、一歩間違えるとあっちの界隈から怒られそうですが、イグン大尉が女性に優しくするのはアメリカ的というか、スイートなイメージなので#レディーだからね #はじめてだからね というコメントも実に自然で笑いにできているなと思います。老人編は、軍隊のことになると話が長くなるという風刺ですが、年上を敬う文化ですので、無下にできないという構成ですね。最後のは軍隊を除隊した青年にグンデリアを食べさせるというかわいそうな内容です。なんで除隊してきた自慢の息子にそれを食べさせようと思ったの?

どのシリーズも本当によく作られていますが、イグン大尉だったからこその面白さだなと思います。食べてみたいなと思いますが、韓国に行くのはまだまだ難しそうですね。

koreal.netの他の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です