イグン大尉部下の借金問題の顛末

イグン元大尉が韓国で大人気なのはkoreal.netでも扱いましたが、YouTuberの洗礼ともいえる個人的問題が勃発しました。

“イグン大尉部下の借金問題の顛末” の続きを読む

テレビ界もYouTube番組に進出!ピ(Rain)、g.o.dパクジュニョンチャンネルを制作するスタジオルルララはいったい何?インターネットバラエティー番組という新しいジャンルの誕生

男性アイドルは神秘性が大切と言ってプロデュースしたエムブラックに表に出ることを勧めなくて失敗したにもかかわらず、ピは2020年7月からyoutubeチャンネルをスタートさせました。神秘性とやらはどこかへ行き、ファンや視聴者との交流をはじめました。インターネットバラエティープログラムという新しい概念が韓国のyoutube界にはスタートしてきているようです。

“テレビ界もYouTube番組に進出!ピ(Rain)、g.o.dパクジュニョンチャンネルを制作するスタジオルルララはいったい何?インターネットバラエティー番組という新しいジャンルの誕生” の続きを読む

カッチャサナイで大人気!イグン大尉はどんな人?「自分の運命は自分で作っていく」

前回ロッテリアのCMを紹介しましたが、youtube番組から人気者になったこのかた、経歴がすごいのです。書ききれないくらいの経験をお持ちの方ですが、本当に魅力的で正義感にあふれていて、それでも挑戦的なマインドもあって、みてもみても新しいことが出てくる人です。

“カッチャサナイで大人気!イグン大尉はどんな人?「自分の運命は自分で作っていく」” の続きを読む

韓国youtuberの高画質化の秘訣!どんなカメラを使っているの?

韓国youtubeの画質がどんどん良くなっているのを感じます。個人的には室内撮影のものをよく見るのですが、テレビと比べてもそん色のない画質と字幕や効果が楽しめます。

“韓国youtuberの高画質化の秘訣!どんなカメラを使っているの?” の続きを読む

男子校の卒業写真で棺桶ダンスの黒人扮装は人種差別?!

若い世代に人気のtiktokやtwitterなどで、2020年の春ぐらいから、動画のオチとしてはやった、ガーナ人の棺桶ダンスです。この流行は日本だけでなく全世界的なもので、死を連想させるようなオチにこのダンスの動画が使われました。韓国のyoutube動画でもミームとしてよく登場する動画の一つです。

卒業写真が毎年独特のコスプレや扮装で撮影されることで有名なウィジョンブ(議政府)男子高校で2020年度の卒業写真として棺桶ダンスが登場し、人種差別ではないかと各種掲示板やネットニュースをにぎわせています。

“男子校の卒業写真で棺桶ダンスの黒人扮装は人種差別?!” の続きを読む

韓国youtubeで人気独占 カッチャサナイを見てみよう

mnetで放送されていたチンチャサナイのパロディーなわけですが、youtubeチャンネルにもかかわらず、はじめからスポンサーがついていますし、撮影もおおがかりです。韓国も日本と同じで、地上波のテレビは面白くなくなってしまいました。韓国はテレビ自体から優秀な人材がケーブルテレビやネット番組に流出してしまいました。カッチャサナイはyoutubeでやられてしまうとテレビはたちうちできないクオリティーで再生回数200万回を余裕で超えている2020年夏、韓国でトップの人気コンテンツです。

“韓国youtubeで人気独占 カッチャサナイを見てみよう” の続きを読む

「混乱させてしまって申し訳ありません」自腹商品に広告が混じっていたとハンヘヨンスタイリストYoutubeが炎上中…チャムPDの暴露

韓国の週刊文春的位置にあるディスパッチがまた大物を釣り上げました。ただ単に有名人というよりも、youtuberの持つ影響力というものをどのように考えていくのがよいのか、人々が、有名人の何を信じて消費活動というものをするのかがあぶり出された事件だとおもうので詳しく見て行きましょう。

“「混乱させてしまって申し訳ありません」自腹商品に広告が混じっていたとハンヘヨンスタイリストYoutubeが炎上中…チャムPDの暴露” の続きを読む

韓国右派YouTuber総まとめ

MBCの報道番組ストレートで取り扱われた極右(?)youtuberは、放送日翌日こぞって生放送をしていました。カロセロは言わせておけって感じで無視でしたが(いつか番組としてしっかり反論番組として扱うんだと思いますが。)GZSSは、悪魔の編集っぷりに、「はいはい、私がお金の亡者と言われたアンジョングォンですよ」といじけておりました。メディアウォッチはGZSSとも、カロセロとも仲が悪いので、「あいつらと一緒にするな!」と、メディアウォッチはスーパーチャット基盤のメディアではないとぶちぎれていました。とまぁ、それぞれに反応があったので、韓国の右派系youtuberを少し紹介したいお思います。

“韓国右派YouTuber総まとめ” の続きを読む