ユチョンは金を払わず、イジヌクは心を渡さず女性に訴えられたという韓国の反応

ユチョンは性的暴行の嫌疑は晴れた模様ですが、性行為後に対価を渡す約束だったという女性側のラインなどを通したメッセージが発見されたことから、ユチョン側がその対価を渡さなかったという売買春容疑と詐欺容疑に嫌疑が変わりました。つまりこのラインやカカオトークだと思われるメッセージがあったことによって強制性がまず否定されたわけですが事件の焦点自体は変わって、ユチョンにはどっちにしろやったことはやったんだなぁ、という部分は否定するのが難しそうな状況になってきました。今後は警察の調査をもとに検察側が起訴するのかどうかを判断するという流れになる模様です。



“ユチョンは金を払わず、イジヌクは心を渡さず女性に訴えられたという韓国の反応” の続きを読む