韓国のコロナ感染が疑われている学校の検査会場で検査員が3人倒れる 医療関係者の疲労のピークはとうに超えている

仁川(インチョン)は、COVID-19感染者の塾講師が梨泰院のクラブ訪問について黙っていたせいで、感染が拡大しています。もう何次感染かわからないくらいです。クーパンの物流倉庫の感染から家族感染も広がって、学校も休校になっているところもあります。インチョンではある女子中学と、小学校で全数検査となってしまいました。

“韓国のコロナ感染が疑われている学校の検査会場で検査員が3人倒れる 医療関係者の疲労のピークはとうに超えている” の続きを読む

コロナ発生拠点となってしまったクーパン その後の対応は?

コロナ事態で取扱量が目に見えて増えた矢先、物流センターで起きたコロナ感染の拡大。京畿道のイジェミョン知事はプチョン物流センターに集合禁止命令を出しています。完全な閉鎖をするのではなく、感染を食い止めたい思いで出されましたが、物流基地であるため、他の地域に行き、感染を広めることもあるため、なんとかそれを食い止めたい思いで、他地域での交流勤務をやめてもらいたい思いです。しかし、クーパン側は、プチョン(仁川)での物流が動かせない以上、コヤンなどの他の基地に行って仕事をしてほしいと希望者を募っていたようで、京畿道側は、移動するなと戦々恐々です。

“コロナ発生拠点となってしまったクーパン その後の対応は?” の続きを読む

COVID-19の第二波 シンガポールと韓国の類似点 ウィルスは弱いところで威力を発揮する 社会的弱者への対応が急務

韓国は梨泰院クラブ発の第二波がインチョンで広がりを見せています。今回、韓国ネット通販クーパンの配送物流センターで30人規模の集団感染が見られました。

韓国の配達業界は労働環境が非常に厳しいことで有名です。コロナ事態でなくてももともと配達天国の韓国。それに自粛生活がプラスされ日本と同じように宅配便業界は非常に忙しい状況に置かれました。韓国も求人が減っていますが、配達とコールセンターの仕事だけは常に求人がある状態です。

ユーベースコールセンターの感染者は、正規雇用でしたが、仕事がない週末に物流センターでアルバイトをしており、そこで感染したようです。ただ、幸いなことに、コールセンター内は感染予防対策が施されており、感染が心配な人はすべてを検査する体制がとられ、コールセンター内は1名以外の感染者は出ていない模様です。

https://news.v.daum.net/v/20200527203424370

しかし、物流センター内は、防疫規則が守られていなかったようです。もともと厳しい環境での勤務なのでマスクをせずに働いていた人々も多かったようです。感染が分かった当初は、同じフロアで働いている人だけを検査対象とするはずでしたが、疫学調査官が派遣され調査してみると、食堂などが無防備状態だったようで、物流センターで勤務するすべてのひとをPCR検査対象としました。

すぐに、建物の外に検査用のテントが立てられ、全国から医師や検査官が集められ一日で3600名もの検査を行いました。(5月27日のこと)プチョン市では、スピーディーに対応したようです。

“COVID-19の第二波 シンガポールと韓国の類似点 ウィルスは弱いところで威力を発揮する 社会的弱者への対応が急務” の続きを読む

クラブでの感染拡大 ソウル市長の判断ミス!?政治的判断の優先か衛生の優先か

韓国のコロナ第2波の広がり。感染者がゲイクラブに立ち寄っていたことで性少数派叩きも出てきてしまいました。今回はそっちの話は置いといて、そもそもなんでもうクラブなどの夜の施設が再開してるんだという話をします。朴元淳市長は今回の感染拡大に関して、感染者に接触し感染が疑われる人々に検査を受けるよう呼びかけ、検査を受けてない人が多いと判断し、携帯電話会社にその時にイテウォンにいた人々を追跡し、体調の調査をしました。これに関して称賛の声も多いです。が!なんでそもそももう夜のクラブなどが営業再開してるんだ?という疑問がわきました。

“クラブでの感染拡大 ソウル市長の判断ミス!?政治的判断の優先か衛生の優先か” の続きを読む