COVID-19の第二波 シンガポールと韓国の類似点 ウィルスは弱いところで威力を発揮する 社会的弱者への対応が急務

韓国は梨泰院クラブ発の第二波がインチョンで広がりを見せています。今回、韓国ネット通販クーパンの配送物流センターで30人規模の集団感染が見られました。

韓国の配達業界は労働環境が非常に厳しいことで有名です。コロナ事態でなくてももともと配達天国の韓国。それに自粛生活がプラスされ日本と同じように宅配便業界は非常に忙しい状況に置かれました。韓国も求人が減っていますが、配達とコールセンターの仕事だけは常に求人がある状態です。

ユーベースコールセンターの感染者は、正規雇用でしたが、仕事がない週末に物流センターでアルバイトをしており、そこで感染したようです。ただ、幸いなことに、コールセンター内は感染予防対策が施されており、感染が心配な人はすべてを検査する体制がとられ、コールセンター内は1名以外の感染者は出ていない模様です。

https://news.v.daum.net/v/20200527203424370

しかし、物流センター内は、防疫規則が守られていなかったようです。もともと厳しい環境での勤務なのでマスクをせずに働いていた人々も多かったようです。感染が分かった当初は、同じフロアで働いている人だけを検査対象とするはずでしたが、疫学調査官が派遣され調査してみると、食堂などが無防備状態だったようで、物流センターで勤務するすべてのひとをPCR検査対象としました。

すぐに、建物の外に検査用のテントが立てられ、全国から医師や検査官が集められ一日で3600名もの検査を行いました。(5月27日のこと)プチョン市では、スピーディーに対応したようです。

続きを読む COVID-19の第二波 シンガポールと韓国の類似点 ウィルスは弱いところで威力を発揮する 社会的弱者への対応が急務